111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

スケカナの結果から2008年全日本ジュニアを振り返る

スケカナ男子フリー、いい試合でしたね。鬼気迫るゆづの演技もすごかったし、氷の上をひゅんひゅん飛んでいるかのパトちゃんの滑りにも魅せられました。でも、いちばんはやはりダイス。パトちゃんの演技の後、会場がまだ興奮状態にある中に登場して、素晴らしい演技を披露してくれました。すごいです。本当に立派でした。

去年、町田君が突然に引退して、日本男子、淋しくなったなあと思っていました。でも、ダイスが活躍してくれるようになって、その穴を埋めてくれたかなという感じがします。町田君とダイスとでは、選手としての個性は全然違うけれど、どちらも、不遇の時期が長く続いた後で活躍するようになった選手たち。それって、すごいことですよね。そんな選手が2人も日本にいる(いた)ことがうれしく、誇らしいです。

そういえば、町田君とダイスが同じ表彰台に乗ったことがありましたっけ。というか、ゆづもです。2008年の全日本ジュニア。名古屋までフリーを観戦に行きました。優勝がゆづ。2位が町田君で、3位がダイス。スケ連のサイトに表彰式の写真が残っています(こちら)。何だか感慨深いなあ…。表彰台の真ん中のゆづは、この後、順調に活躍し、両脇の2人は紆余曲折を経て、再びゆづとメダルを争う存在になり…。

全日本ジュニアで同じ表彰台に乗った3人が全員シニアで活躍することは、女子を含めても、めったにないですよね。「活躍」の定義が難しいですけど、ひとまず「GPSで優勝」ということにしてみると、スケ連のサイトで結果が見られる範囲(2001年以降)では、この2008年の男子以外にありませんでした。

この先、「活躍」という言葉の定義を「世界選手権でメダル獲得」とか「オリンピックに出場」とかにまで広げられるといいな。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-11-03 00:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/23833348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< どうなる全日本ジュニア女子 早くも気になるファイナル出場者 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧