111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

映画「ボーイ・ソプラノ」

公式サイト

映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」を見てきました。題名からすると、ボーイ・ソプラノの歌が聴けるんだろうな。あれ、ダスティン・ホフマンが出てるのか。だったら見てみてもいいな――と心に留めていたところ、ちょうどいい具合にサービスデーが巡ってきたので、仕事帰りに見に行ってきました。

主人公はステットというボーイ・ソプラノの少年。家庭の事情で寄宿制の音楽学校(国立少年合唱団の付属学校)に入れられ、初めのうちは反抗的な態度ばかり取っていますが、やがて大舞台でソロを務めるまでに――。

ダスティン・ホフマンは、主人公を指導する音楽学校の教師という役どころ。この役なら別にわざわざダスティン・ホフマンがやらなくても…という気もしましたが、久しぶりに見るダスティン・ホフマン、なかなかシブかったです。

映画の中で歌われる歌のリストはこちら。曲名だけでなく、どの場面で歌われたのかも書いてあるのが親切でありがたいです。1曲だけ、日本語の歌も。「ほたるこい」。少年合唱団の選抜チーム(というのかな? もっと別の言い方がありそうですね)が日本ツアーに行くというので、練習しているシーンで歌われました。

映画としては、普通の面白さかなあ。反抗的だった主人公がやる気を出すようになる理由というか、心の動きがもう少していねいに描かれていてもいいのではないかなと思いました。

公式サイトの予告編にはあまり歌が入っていないので、「The American Boychoir School(アメリカ少年合唱団)」で検索してみたところ、英語版の映画紹介の動画が見つかりました。


[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-15 23:54 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/23776768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 思いがけないところでフィギュアの話題 今年の題詠で詠んだ本&作者リスト >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧