111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

改めて、JO観戦レポ(ひとまず男子)

JOの観戦レポ、現地からも投稿しましたが、限られた選手のことしか話題にできなかったので、改めて書いておきますね。現地で見た印象だけでなく、すでに発表されているプロトコルも参考にしました。

男子プロトコル  女子プロトコル

ブライアン・ジュベール選手
久しぶりに競技会で見るジュベ。果たしてどこまでの演技を見せてくれるか、期待半分、不安半分の見守りモードでした。冒頭、果敢に3Aに挑んでくれたものの、2回ともクリーンには決まらず。さらには、2回転になってしまうジャンプがあったり、リンクを十分に使いきれていないなという印象を受けたり。スコアが出てみると、105.51点。1人目の演技だったので、ピンとこないところもありましたが、終わってみると、女子も含めて最下位の点数(汗)。試しに調べたら、2009年のタケシが109.58点だったから、まあ、そんなもん?

ジェレミー・アボット選手
冒頭のフリップ、さらには最後のルッツが1回転になったものの、マイナスがついた要素はこの2つのジャンプだけ。3Aを2回ともきれいに決めたのが、点数的にも大きかったし、全体の印象をいいものにしたように思います。ジャンプ以外の部分は、さすがの演技。客席を魅了してくれました。

村上大介選手
例年ならばこの時期、東京ブロックや東日本選手権に出場するために帰国(というか来日?)しているわけですが、今年はJO出場。1段階、ステップアップしましたね! 冒頭、4Sを2回とも成功させ、客席もおおいに盛り上がりました。ただ、3Aが2つとも失敗したのが痛かった。1つ目はパンクして1Aになり、2つ目は着氷が乱れてコンボにできず。とはいえ、個人的には、1Loを含む3連にトライしてくれたのがうれしかったです。彼は3-3が跳べないようで、3-2止まり。ただ、昨シーズンから2回転ジャンプに回数制限ができたため、昨シーズンは3連を跳ばずじまい。何とかこれに対処しないと、今以上に成績を上げていくのはキビシイと思っていたので、ホッとしました。

ハビエル・フェルナンデス選手
ハビも見事にクワドを成功させてくれました。特に、2つ目は4S-3Tというコンボで、2.29点ものプラスがつく出来栄え。見ていてもすごい迫力でした! ただ、次のアクセルがパンク。というか、プロトコルを見ると、無効扱いなんですね。後半には4Sの転倒もありましたが、この転倒よりも、3Aを予定していたものにまったく点数が入らなかったのが痛かった。それでも176.24点なら、勝てていておかしくない点数なんですが…。

パトリック・チャン選手

パトちゃんは去年、これから1年間休養するというのに、4T-3Tやら3Aやらを決めて、圧勝したんですよね。それに対して今年は、これから本格的にシーズンインするというのに、4回転を組み込まず(抜けたわけじゃなくて、最初から3Tを跳んだように見えました)、3Aも乱れ、フリップが2回転になり…と、やや精彩を欠く内容となってしまいました。去年は1試合だけに全力投入したけれど、今年はまだまだこれからだから、という感じなんでしょうかね。この先、ゆづやハビたちとどんな勝負を繰り広げてくれるか、楽しみにしたいです。

宇野昌磨選手
昨日も書いたように、滑走順の発表を見たとき、「ええ~? ショーマがトリ?」「そりゃまた思い切った滑走順だねえ」なんて言ってたんですう。最初に国別の滑走順を決めて、日本が3番目になったのなら、トリを務めるのはダイスよりショーマということになるんでしょうけど。それにしたって、現世界王者やら、五輪銀メダリストにして世界選手権3連覇を果たした選手やらがいるのに、シニア1年目のショーマがトリとは。
それでも、ハビとパトちゃんがミスありの演技だったから、彼の演技が始まる直前には、「この機に乗じて優勝しちゃったりして」などと思ったりもしていました。つまり、敵失に助けられての優勝はアリかも、と。
それがそれが。4Tは決めるわ、3Aは2つとも成功させるわ、「さすがにクワドは1回にしたんだな」と思っていたら、なんてこったい、後半3つ目で4T-2Tですとおおおお~!? うっひゃ~。昨日書いたように、前半のジャンプを3つとも成功させた段階で、スタオベに備えてメモをしまい、両手を空けていたんですけど、もう、最後はスピンが終わるのを待ちきれず。私だけじゃなくて、周りもみんなフライングでスタオベしかけていましたよ。いやはや、恐れ入りました!

※男子を書いたところで力尽きたので、いったんここで投稿。女子は明日以降、書けたら書きます。

[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-04 17:47 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/23740240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 088:炭(五十嵐きよみ) チームジャパン優勝! >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧