111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

国別対抗2日目、ペアSP、アイスダンスFD

観戦しながらのメモをもとに、ごく簡単な感想を。事実誤認があったらゴメンナサイ。

【ペアSP】
古賀・ブードロオデ組(日本) 46.87点 6位
プログラムは「蝶々夫人」。2人に身長差があって、「なるほど、蝶々さんとピンカートンはこんな感じだったのかな」と思いながら見ていたら、蝶々さんの健気さが胸に沁みてきました。オペラではなかなかこうはいかない。ノーミスの演技で、大きな拍手。スタオベも。

ジェームス・シプレ組(フランス) 58.66点 5位
ボーカル入りの「ロクサーヌのタンゴ」、カッコいいです。ほぼノーミスの演技でした。後ろの席の人たちが、ペアの演技を見慣れないのか、古賀・ブードロオデ組のときから「すごい!」「すごい!」を連発していて、ちょっとうれしくなりました。

川口・スミルノフ組(ロシア) 66.97点 3位
彼らが前半グループで滑るとは。昨シーズン試合に出なかったから、ランキングが下がっているんですね。ソロジャンプで悠子ちゃんが転倒してしまいましたが、それ以外は素晴らしかった。美しかったです~。

シメカ・クリーニム組(アメリカ) 64.22点 4位
彼らも「ロクサーヌのタンゴ」なんですね。ただし、ボーカルなし。リフトのポジションチェンジがすごい~。タンゴの雰囲気も十分で、とても素敵でした。演技が終わって、本人たちも満足そう。

スイ・ハン組(中国) 71.20点 1位
後ろの席の人たちが「すごい!」「すごい!」を連発していました。すごいでしょ~。ワールドで銀メダルを取って、貫録が出てきた感じがしますね。ノーミスの演技! 素晴らしい! スタオベもたくさん。

デュハメル・ラドフォード組(カナダ) 68.68点 2位
このペアの大きな得点源である3Lzで、女性のほうが2Lzになってしまいました。それ以外はさすがの演技。ただ、2Lzになったのが響いて、点数はスイ・ハンたちに及びませんでした。



【アイスダンスFD】
リード・リード組(日本) 73.24 点 6位
ツイズルでまたもクリスに乱れ。ドンマイドンマイ、と思っていたら、今度はステップでキャシーが転倒。ああ~。その後はしっかり滑りきりましたが、演技が終わってキャシーが泣いているのが見ていてツラかった。

ワン・リュー組(中国) 86.99 点 5位
生き生きとしたいい演技でした。ツイズルもぐいぐいと気持ちよく進んでいきました。まだ20歳そこそこの若いカップルなので、これからが楽しみです。

イリニフ・ジガンシン組(ロシア) 95.10 点 3位
このグループで滑るとうまさが際立ちますが、やっぱりメダル争いには加われそうにないかな。来季はもっと派手なプログラムでもいいのでは。

さて、ここから後半グループです。6分間練習を見ているとき、後ろの席の人が「さっきのグループとスピードが違う」と言っていました。でしょ? そうなんですよ~。

パパダキス・シゼロン組(フランス) 111.06 点 1位
素晴らしい~! 美しい~! このプログラムを生で見られて幸せでした。満場のスタオベ。なんと、111.06点という高得点。どうだろう、優勝できちゃうかしら。それとも先輩カップル2組がワールドの雪辱を果たすかしらん。勝負の行方も気になります!

チョック・ベイツ組(アメリカ) 102.24 点 3位
小粋なプログラム。素敵に滑りこなしていましたが、最後のほうになって男性がまさかの転倒! 会場全体が「ああっ!」という悲鳴。それでも102.24点という高得点を出したのはさすが。

ウィーバー・ポジェ組(カナダ) 109.79 点 2位
パパシゼのFDも好きだけど、このプログラムも好きなので、生で見られてうれしい。華やかな雰囲気がいかにもこのカップルらしいです。素晴らしかった~! これまた、満場のスタオベでした。

ここで、点数が出るのを待たずに、お手洗いに走った私。パパダキス・シゼロンのほうが勝ったというのは、後で友人に聞いて知りました。
ただ、ISUの結果サイトを見てみたら、SDとFDを合わせた総合結果は出していないんですね。国別対抗では、SD(SP)とFS(FD)を別々の扱いにして、順位点をつけるようになったんですか? 前回までは総合得点で順位点をつけていましたよね?
で、パパシゼとウィバポジェですが、他の試合のように総合得点を出していたら、パパシゼは「70.86+111.06=181.92」、ウィバポジェは「73.14+109.79=182.93」だから、ウィバポジェのほうが上回っていました。ややこしい~。

※男子の感想はまた明日にでも。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-04-18 00:42 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22964658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国別対抗2日目、男子フリー 国別対抗1日目、男子SP観戦記 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧