111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

女子SP、テレビ観戦記

女子SP、結果を知った上でテレビ観戦しました。主な選手の演技についての感想を少しずつ。

本郷理華選手 62.17点(5位)
第5グループの1番滑走で登場。緊張する滑走順だったのではないかと思いますが、ノーミスの演技を披露してくれました。先日の「フィギュアスケートTV!」で、あっこ姐さんに演技指導を受けている映像を見ましたが、その甲斐あって、動きがずいぶん伸びやかになりましたね。62.17点はPB。大事な試合でPBを更新するとは、立派の一言。

ポリーナ・エドモンズ選手 61.71点(7位)
冒頭の3Lz-3Tを含め、ジャンプすべて成功。理華ちゃんに続いて、ポリーナも素晴らしい演技に見えましたが、思ったほど点数が伸びませんでした。プロトコルを見てみると、3FにアテンションマークがついたことでGOEがマイナスになったり、他の要素も加点が少なかったり。演技が終わってから、点数が出るまでは笑顔だったのに…。

ジジュン・リー選手 61.83(6位)
さすが地元、出てきたときから大歓声。そして、それに応える演技内容でした。ジャンプはすべて成功。曲によく合った動きで、軽やか~、柔らか~、華やか~。演技が終わってガッツポーズ。地元でこれだけの演技ができたことは大きな自信になったのでは。

村上佳菜子選手 65.48点(4位)
正直に打ち明けますと、今回のワールド、彼女にとっては厳しい結果になるかもしれないなと思っていました。ゴメンナサイ(平謝り!) いやあ、見事な復活の演技でした。結果を知った上で見たこともあって、泣けてきそうでしたよ。特に演技の終盤、歌声と動きがすごく合っていて、本当に引き付けられました。ヴォーカル入りのプログラムって、いいと思えるものが少なかったんだけど、このプログラムは最後の最後に良さを感じられました。全日本のことがあるだけに、点数が出る直前は緊張した表情でしたが、PBに迫る点数が出た直後の涙には、思わずもらい泣き。



エリザベータ・トゥクタミシェワ選手 77.62点(1位)
いやあ、すごかったですねえ! 3A、難なく成功させちゃいました。3Lzも鮮やか、後半には3T-3T。「ボレロ」というこのプログラム、私としてはどうもピンと来ないんだけど(どう味わえばいいのか、どこに良さを見出せばいいプログラムなのか、イマイチわからなくて…)、今日はぐいぐいと力強さで見せてくれました。これまで彼女のSPは、コンボを3T-3Tという低難度の組み合わせにして、エッジエラーや回転不足のリスクを回避すると同時にGOEを稼ぐというジャンプ構成で、そういう作戦で優勝するのはちょっとどうかなと思ったりもしていたのですが、今日は攻めの姿勢が際立っていて、しびれました。

グレーシー・ゴールド選手 60.73点(8位)
テレビではCMを挟んだので実感しづらかったですが、リーザのあの演技の後で滑るのは、ちょっとやりにくかったかもしれないですね。調子自体もあまりよくなかったんでしょうか。ルッツの着氷が乱れてコンボにできず。後半のループにもセカンドをつけられず。SPでコンボが入らないのはキビシイ。それでも60点台が出たのは、ある意味、よくやったといえるのかも。

宮原知子選手 67.02点(3位)
おお、今日が17歳のお誕生日なんですね。いいお誕生日になったのでは。ジャンプはすべて成功。彼女らしい危なげのないジャンプでした。そして、ジャンプ以外の部分もとてもよかったです。このSPは、オペラ「魔笛」のいろいろな曲がつなぎ合わせられているわけですが、正直に言うと、編曲がビミョーだし、こういうつなぎ方で何を表現したいのかなと、オペラファンとしては疑問に感じることもあるプログラムでした。が、今日はすごくよかった。彼女の動きがそれぞれの曲調によく合っていて、一つの作品として見ごたえを感じました。67.02点でPB更新! しかし、リーザとの差が10点もあるという…(汗)。

アンナ・ポゴリラヤ選手 60.50点(9位)
ケガを乗り越えてここまで来たのに…。冒頭の3Lz-3Tは見事だったし、スピンもすごくきれいだったのに…。後半の3Loで転倒。それも、背中から落ちるような格好で、すごく痛そうでした。ううう。気の毒すぎる。がっかり感の漂うキスクラが見ていてつらかったです。

エレーナ・ラジオノワ選手 69.51(2位)
ジャンプはすべて成功。スピンの姿勢が独創的で面白い。隅々まで楽しめる見事な演技でした。ユーロで出したPB(70.46点)には届かなかったものの、69.51点という高得点。ただ、本人は不服そうな様子でしたね。GOEやPCSがもっと出ると思ったのかしら。でも、PCSはともかく、GOE水ものというか、ジャッジによりけりというところもあるわけで。これ以上点数を出したいと思ったら、リーザみたいに高難度のジャンプを組み込むとか、コンボを後半に持って行くとか、確実に基礎点を上げる構成にしていくしかないのでは。特定の演技構成で出せる点数には限度があるわけだから、そこはわきまえておいたほうがいいのではないかなと思いました。

アシュリー・ワグナー選手 57.81点(11位)
うううう。結局、国内選手権のジャッジが厳しかった国のほうが、選手にとってはよかったのかもしれない。そんなふうに思いました。ツライ…。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-03-27 00:06 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22908661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 男子SP、もやもやテレビ観戦記 改めて、ワールド順位予想 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧