111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

今年は「本を詠む」

「本を読む」じゃなくて「詠む」です。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが(大半の人は、短歌が出てきたらスルーしていそうですが)、今年、題詠blog2015の参加作品は、「本」をテーマに詠んでいます。

「002:急」のように、歌に書名を詠み込んでいる場合もありますが、大半は書名なし。その代わり、「More」をクリックしていただくと、その歌の材にした本の写真が出てくる仕掛けになっています。この方式については、これでよかったかどうか迷いもあったため、こちらのコメント欄で質問してみたところ、好意的な回答をいただくことができました。ホッと一安心。

というわけで、1首ごとに該当する本の写真を添えているのですが、そのとき心がけているのは、自分が読んだときの表紙の写真を探してくること。ただ、「004:栄」などは最初に読んだのが学校の教科書だったので、ブログの「ライフログ」という機能を使い、無難な表紙のものを選びましたが。

また、「003:要」「004:栄」「006:婦」のように、「この本のことを詠もう!」という心づもりで詠んだ歌がある一方で、「001:呼」「007:度」「009:異」などは、まず歌を詠んでから、その内容にふさわしい本を探しました。

「この本のことを詠みたい!」と思う本はたくさんあるので、何十冊かの書名をリストにしているのですが、いざ題を前にして歌を詠もうとすると、そのリストにはない本ばかりが浮かんでくる不思議。現在、「010:玉」まで詠み終えているので、あと90首。つまりあと90冊、どんな本を詠むことになるか、自分でも楽しみです。

ここ数年は創作意欲がすっかり減退し、おととしは初の途中棄権。昨年は完走したものの、へとへと。今年も悪戦苦闘するんじゃないかと思っていたですが、本をテーマにしようと決めたことで、予想以上に楽しみながら詠めていて、そのことが自分でもうれしいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-02-21 00:18 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22822996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 011:怪(五十嵐きよみ) 010:玉(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧