111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

パパシゼ、チューハイで初優勝

チューハイ、男子の感想はまだちょっと書く気になれないので、目先を変えて、アイスダンスの優勝カップルについて話題にしてみたいと思います。世界チャンピオンのカペラノが出場していたにもかかわらず、優勝したのはなんと、シニア2年目のカップル、パパダキス・シゼロン組(フランス)。

迫力美人のガブリエラ嬢と、胡散臭げな魅力全開のギョーム。全然そうは見えないけど、2人とも、まだ10代なんですよね(調べたら、ギョームのほうはあと2日で20歳になるようですが)。





パパシゼのことは、2シーズン前の世界ジュニアで見たときからお気に入りです。FDがカッコよくて、シニアに上がってきたら絶対応援しようと思っていました。そのときの動画がこちら。

このとき、ガブリエラ嬢は足にケガをしていたんですよね。前日の練習中に痛めたとかで、今回の男子の事故とはまったく違うケースだけど、多少のケガなら選手は出場するものなんだよねと改めて思いました。



どうしてもこの話題になっちゃいますが、さっき、スポーツライターの青島健太さんが書かれた「羽生選手の『身の安全を守る』にはどう説得すべきか」という記事を読みました。問題提起の文章としてはいいと思うんだけど、美しさだけを基準にすると、包帯を巻いたりテーピングしたりしている選手も試合に出場できないことになりそうで、それだと実情と離れてしまいそうな気もします。で、本当はテーピングしておいたほうがいいのに、しないで試合に出場する選手も出てきそうで、そうなったらこれまた問題だし。

話をもとに戻すと、世界ジュニアのときからパパシゼに注目していた私ですが、シニア1年目の昨シーズンはそれほど目立った成績を残せず、GPSは5位が最高だったし、ユーロは15位、世界選手権は13位。なので、シニアで結果を出していくには時間がかかるだろうと思っていたのですが、今回のチューハイではPBを大きく更新。先輩カップルたちのミスにも助けられて、いきなり初優勝を果たしてしまいました。これで勢いに乗って、今季はどんどん活躍してくれそうな予感です。

今季のFDも好きですが、世界ジュニアのときのようなプログラムも似合っているし、2人ともキャラが立ちそうなことを考えると(特にギョームのほう)、個性的なプログラムもぜひ滑ってみてほしい。とにかくまだ10代なのだから、これからどんどん世界を広げていってほしいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-10 23:32 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22558896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フランス人が選ぶGPSお気に入... 昨夜のチューハイ、自分なりのメモ >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧