111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

東日本、初日観戦レポ

金曜日、東日本選手権の初日を見てきたので、簡単に感想を書いておくことにします。今さらという気もしますが、後になって自分で「あのときはどうやって見に行ったんだっけ?」「寒さのレベルはどうだったっけ?」などと、確認したくなることが結構あるので。

今回、3日(月・祝)に仕事に出る代わりに31日(金)に休みを取ったため、どの日でも見に行ける状態でした。が、わが家から千葉までは遠いし、ほかにやらなきゃいけないこともあるし、観戦は1日にとどめておくことに。となると、どの日にするかが問題でしたが、いちばんたっぷり見られる2日目(ジュニア男子フリー、ジュニア女子フリー、シニア女子SP)は、シニア女子を見ていたらバスがなくなると判明。

そこで、次にいろいろなカテゴリーが見られる初日(ジュニア女子SP、ジュニア男子SP、シニア男子SP)に行くことにしたものの、これもバスの問題が…。うかつにもすぐには気づかずにいたのですが、試合開始が11:30なのに、平日は10時台、11時台にバスが走っていなかったのでした。稲毛駅9:40発(稲毛海岸駅9:48発)か、その後は稲毛駅12:43発(稲毛海岸駅12:51発)か。

9:40発はちょっとツラかったので(早起きより、会場で1時間半も待っていなければいけないのが)、結局、12:43発のバスに。13:00ごろに到着して、5グループあるうち3グループは見られましたが、樋口新葉選手は見逃してしまい、永井優香選手は滑り込みセーフで何とか見られたという状態。気になる選手の演技を確実に見たいと思ったら、駅からタクシーに乗るとかしないとダメですね。稲毛駅からなら、バスで8分ぐらいだから、タクシー料金はそれほどかからないのでは(そして、タクシーを使うと決めれば、試合終了が21:55になる2日目だって観戦可能)。

ともかく、今回は稲毛発12:43発のバスに乗ることにしたので、稲毛駅めざして総武線でガタゴトと。私は総武線の西の終点である三鷹に住んでいるため、千葉行きに乗れば1本で行けるのですが、この路線で錦糸町より先に行くのは初めて。ふだん三鷹から乗るときは「西船橋行き」だろうが「津田沼行き」だろうが「千葉行き」だろうが、まったく気にしていませんでしたが、「西船橋行き」と「千葉行き」では大違いであることを初めて体感しましたです。稲毛駅(千葉駅より2つ手前)は遠かった!(ちなみに、2年前は東京駅で京葉線に乗り換え稲毛海岸駅下車というルートで行きましたが、これはこれで東京駅での乗換えが大変でした)

観戦に至るまでの話がずいぶん長くなってしまいましたが、あと1つだけつけ加えておくと、アクアリンクちば、かなり寒かったです。2年前はそんなでもなかった記憶があるのに、今回はダウンを着てちょうどいいぐらいでした。



肝心の観戦レポは、主な選手だけでゴメンナサイです。

ジュニア女子
永井優香選手(駒場学園高校) 52.65
会場に到着してすぐに、永井選手の演技が始まりました。入り口付近で知り合いに出会い、「次が永井選手だよ」と教えてもらって、慌てて1階のガラス越しに観戦。2階の客席よりも選手が間近に見えるものの、音楽が聞こえにくいのが玉にキズ。3-3に成功してワッと盛り上がりましたが、単独の3Lzがすっぽ抜け。それ以外はよかったです。52.65点で暫定1位(最終的にも1位)。余談ながら、すぐ隣にいた人たちが「今のスピンの回転数、足りてた?」「ぎりぎりじゃない」などと話していて、出場スケーターの家族とかそういう立場の人たちなのかなと思いました。その後、2階の客席に移動したのですが、全体にそういう関係者的なお客さんが多かったように感じました。

船迫麗愛選手(アクアリンクちばクラブ) 45.49
アクアリンクちばクラブの所属ということなので、まさに地元の選手ですね。紫の衣装で、「カルメン」。この選手も3-3を跳びました! 3S-3Tだったと思います。というか、本当に3-3だったかちょっと自信がなかったのですが、点数が出てみたら45.49だったので、確信が持てました。いま確認したら、関東ブロックでも3S-3Tを決めて、51.09で1位だったんですね。今回そこまで点数が伸びなかったのは、死角になって見えなかったジャンプでミスが出たのかと。ただ、それでもやはり印象に残る選手でした。

土橋亜海選手(北海高等学校) 44.51
この選手も3-3にトライしたように見えたのですが、セカンドジャンプで惜しくも転倒。北海道・東北ブロックの結果を確認したところ、今年は3T-2Tでしたが、去年は3T-3Tを跳んでいるので、やはり3-3だったのだろうと思います。さらに不確かなことを書いてしまうと、この選手、会場に向かうバスで一緒だったかも。稲毛海岸駅で乗り込んできた中の1人が、どう見ても選手がジャージを着て会場に行こうとしている状態。赤い髪飾りをしていたので、そういう選手が出てきたら応援しなきゃと思っていたところ、該当する選手は彼女だけだったので。てっきり地元の選手で、午前中だけ授業を受けて会場入りするところなのかと思いましたが、宿泊先から会場入りしたということだったのかな。

ジュニア男子
梶田健登選手(明大中野高校) 52.29
女子の製氷タイムにうろうろしていたところ、梶田選手、至近距離で見かけました。JGPSの録画で演技を見たばかりだったので、すぐにわかりました。最初の2Aはきれいに成功。続く3-3は第1ジャンプの着氷が乱れるも、きっちり第2ジャンプを決めました。最後の3Lzはやや乱れ。少し力を出し切れなかったかな。52.29点という点数は女子1位の永井選手と同じぐらいなんですね。

鎌田英 嗣選手(シチズンクラブ) 56.46
東京ブロックは欠場だったので、ここで見られてウレシイです。SPの曲は「コンドルは跳んでいく」。もしやヴォーカルが入ったりするかしら(入らないほうがいいな)と思っていたところ、入りませんでした。あくまでも個人的な思い入れによる意見ですが、この曲でヴォーカル入りだと、それに負けない技術力、演技力が必要と思われ、今は時期尚早かなと。肝心の演技内容ですが、ジャンプはすべて成功したのに、なんと、シットスピンで尻餅。会場全体が「ああ~」とため息でした。

唐川常人選手(新横浜プリンスFSC) 48.68
友人から「いいよ」と噂を聞いて、注目していた唐川選手。この顔ぶれの中では滑りが安定していると思いましたが、コンボが3-1になるなど、ジャンプでややミスが出てしまいました。今の採点方式では、とにかくジャンプが決まらないことには得点が伸びないのがツライところ。48.68点は全体で4位の成績でした。

中野耀司選手(神奈川FSC) 53.34
客席から「ヒューヒュー」という声援がすごかった。ノリのいい曲で軽快に演じてくれました。ジャンプ構成は3T-3T、3Lz、2Aだったと思います。53.34点で暫定2位(最終的にも2位)。

シニア男子
村上大介選手(陽進堂) 64.51
第3グループの3番目に登場。6分間練習では4Sも決めていましたが、本番では転倒。3Aはきれいに成功。後半のコンボは3-2。この顔ぶれの中で見ると別格の滑りでしたが、日本男子の代表争いに加わっていきたい彼の立場としては、ちょっと残念な演技となってしまいました。点数が出た瞬間、周囲からも「ああ~」と残念そうなため息が。この点数だと、回転不足も取られたのでしょうね。

東日本のシニア男子、2年前に観戦したときは、ダイスもいれば健人君も彰生君もいるという豪華メンバーでした。今回、もちろん全員がベストを尽くしていましたが、60点台に乗せたのはダイスだけで、ちょっと淋しい感じもしました。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-02 11:45 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22534931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 胸が熱くなったスケカナ 090:布(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧