111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

池澤夏樹をもう1冊

池澤夏樹をもう1冊、読みました。これも図書館で借りてきた『双頭の船』。震災後に書かれた、震災をテーマにした小説ですが、『アトミック・ボックス』が原発事故に焦点を当てていたのに対して、こちらは津波等による震災の被害そのものがテーマになっていました。『アトミック・ボックス』を読んだときは、池澤夏樹らしくない小説であることに驚きましたが、『双頭の船』はいかにも池澤夏樹らしかったです。

双頭の船

池澤 夏樹 / 新潮社


池澤夏樹らしい・らしくないというのが、この2冊を比較することで、私なりにわかりました。『アトミック・ボックス』は、先に用意された結末に向かって物語が展開していく。一方の『双頭の船』は、読み手も作者本人も、1行先にはどう展開するかわからないような書き方で話が進んでいく(実際には綿密にプロットが練られているのかもしれませんが…)。

後者のような小説も好きですが、仮に『アトミック・ボックス』がそういう書き方の小説であったら、あそこまで惹かれなかっただろうなと思います。逆に、『双頭の船』が前者のような書き方の小説だったら、そんなにも理路整然と震災を乗り越えていっていいのかと、少し抵抗感を覚えたのかもしれません。

つまりは、それぞれが適切な手法で書かれていたのだと思います。池澤夏樹、もう少し読み続けてみたいです。できれば過去のものより、3.11以降に書かれたものを。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-10-25 00:46 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22511621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鬼気迫る町田選手の「第九」 スケートアメリカ順位予想 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧