111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ジャパンオープンを見て考えたあれこれ

結果サイト

土曜日に開催されたジャパンオープン、3日も経って、今さら観戦レポという感じでもないかなという気がするので、ちょっと切り口を変えて書いてみます。出場者のうち、男子4人、女子6人の現役選手の演技を見て、今シーズン、男子はサルコウが、女子は回転不足とエッジエラーが勝敗を分ける展開になりそうだなと思いました。

まずは男子。現役4選手のうち、優勝したチャン選手は4回転(4T)1回のみでしたが、それ以外の3選手は2回取り入れていました。無良選手、小塚選手が4Tを2回、フェルナンデス選手が4T、4Sを各1回。男子は今や4回転2回が標準仕様という感じですね。チャン選手にしても、今季休養する予定でなかったら、4Tを2回組み込んでいたのでは。

こうなると、4回転の成功率が勝敗を分けるカギになるのはもちろんですが、もう1つ、4Sを取り入れている選手は確実に成功させることが必須条件なってきそうに思いました。普通に考えれば、4Sは4Tよりも基礎点が高いのだし、4T、4Sの両方を入れられればジャンプ構成もより幅が出て有利なはずなのですが、実際にはそうなっていないことも多いように思います。ジャパンオープンではフェルナンデス選手が3Sを3回も跳んでしまい、3回目の単独3Sがノーカウントになってしまいました。恐らく、4Sを予定していたのであろう2つ目のジャンプが3Sになってしまったにもかかわらず、それを忘れたか、代替案をとっさに思いつかなかったために、予定されていた3Sをそのまま跳んでしまったのでは。昨シーズンも別パターンで3Sが無効になったことがあるし、今季は別の試合でアモディオ選手が3Sを4回も跳んでしまっていたし…。

となると、4Sを取り入れている選手は要注意ですよね。フェルナンデス選手のように4Tも4Sも組み込んでいるのはすごく有利に思えるのですが、3回転になってしまったときのリカバリーが難しく、意外とリスクが大きいような気がします。特に今は、3連コンボの3つ目にサルコウを取り入れることも多くなっているので、予定通りにいかなかったときの対処法がさらに難しくなっているのでは。これが4Tだと、たとえ3Tになってしまっても、男子選手の場合、3Tはコンボのセカンドジャンプとして1回組み込んでいるだけのケースが多いので、かなり対応しやすいように思います。4Sを取り入れている選手は、リカバリーの方法を頭にたたき込むか、4Sを確実に跳べるようにするか。新たな4回転時代が始まってもう3シーズン目(かな?)なのだから、そろそろ対応策を徹底させてほしいです。



一方の女子。浅田選手が休養している今季、女子で最も難易度の高い(基礎点の高い)連続ジャンプは3Lz-3Tですが、ラジオノワ選手、宮原選手、ポゴリラヤと、6人中3人がこのコンボを取り入れていました。しかも、3選手ともきれいに成功し、それぞれに加点のつくできばえ。この3選手は単独でも3Lzを跳び、そのほかに3Fも1回取り入れています(ただ、ポゴリラヤ選手の3Fはeマーク付きで3.17点にしかなっていません。ラジオノワ選手は7.00点、宮原選手は6.00点)。

これに対して、エッジエラーに不安が残る選手は(それだけが理由ではないかもしれないけれど)、3Fのほうをコンボにしたり、村上選手のように3Lzをはずしてしまい、他のジャンプでカバーする構成にしたり。ただ、ジャパンオープンの結果を見る限り、どの選手もそれが成功したとはいえず、点数が伸び悩んでしまいました。

例えば長洲選手の3F+3Tは、本来は基礎点9.40点のところ、3Tが回転不足の判定で8.30にとどまっているし、1回にとどめた3Lzはエッジエラーと回転不足で、本来なら6.00点のところ、3.00点しかもらえていません。あるいはワグナー選手は、冒頭の3Fは加点がついて6.40点を得ているのに、演技終盤の3F+2Tは3Fが回転不足の判定になり、冒頭の3Fより少ない4.40点にしかなっていません。さらに、前述のように、ポゴリラヤ選手の3Fも3Feで3.17点にとどまっているし。

エッジエラーと回転不足。何だかもう、これを克服しないことには、女子はメダル争いにも加われなくなってしまいそうな気がします。そこまで厳密に判定して、それを点数に反映させる必要があるのかどうか、何とも判断しがたいですが…。ただ、この機会に確認してみたところ、昨シーズン、ラジオノワ選手は3Fにエッジマークがつくことが多かったし、宮原選手はNHK杯で3つも回転不足を取られています。それが、今回のJOでは2人とも非の打ちどころがないほどきれいなジャンプをそろえてきました。そして、あの高得点。ということは、修正のために努力した選手が勝てる仕組みになった、というふうにはいえるのでは。そこまで厳しくしなくても…という気持ちもある半面で、努力が報われる採点であるのなら、それも悪くないのかなという気もしてきました。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-10-08 00:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22454222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 081:網(五十嵐きよみ) バーンスタイン+ウィーンフィル... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧