111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
こんにちは! 全日本は..
by noma-igarashi at 11:23
こんにちは。 現地観戦..
by sasha_2006 at 14:07
いらっしゃいませ。 コ..
by noma-igarashi at 17:43
いつも楽しく拝見させてい..
by かのこ at 14:53
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ブレジナ選手「フィガロの結婚」の曲構成

事前情報でも、Wikkipediaでも、今季のプログラムは「フィガロの結婚」となっていますが、実際には3つのオペラの曲を使用しています。

出だし~2:00 オペラ「フィガロの結婚」序曲 モーツァルト作曲

2:01~3:15 オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」前奏曲 マスカーニ作曲
3:16~最後 オペラ「セビリアの理髪師」 私は町の何でも屋/Largo al factotum ロッシーニ作曲

(もう1つ、ハンプソンが歌っている動画を見つけたのでリンク。コンサートではなく実際のオペラでこの歌を歌っているのは初めて見ました)



作曲家が異なるとはいえ、同じフィガロを主人公にしているという点で「フィガロの結婚」と「セビリアの理髪師」を同時に使うのはわかりますが、「カヴァレリア・ルスティカーナ」は謎。なぜこの組み合わせ。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」は1時間10分程度と短い作品のため、同じぐらいの長さの「道化師」(レオンカヴァッロ作曲)と同時上演されることが多い演目です。考えたら、オペラにしても、まったく違う作曲家の、まったく無関係の作品を組み合わせて上演しているわけだから、それを思えば、ブレジナの曲構成もべつだん不思議とはいえないのかもしれないですね。

衣装は「フィガロの結婚」のフィガロをイメージしたものでしょうか。素敵ですよね。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-09-30 00:19 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22430913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スタンド・バイ・ミー  2002年作 078:棚(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧