111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

連作「いちばん高い塔の歌」 2003年作

グライダーの写る絵はがき何枚もポストをくぐりまちを出てゆく

望遠鏡で風を眺めるさわさわと五月の樹々の葉がゆれている

笑いながら並んで走る先頭のあいつと周回遅れの僕が

ビリヤード場の裏手で錆びてゆく大西洋を見てきた自転車

このまちでいちばん高い塔からは十年先の自分が見える

かつて母の白いドレスを着たこともある仕立て屋の古い人台

祝祭にきた一頭の象のこと語り継がれる広場のカフェに

落ちてくる雲のしずくと庭先で交歓している僕のTシャツ

ランボーの黄ばんだ詩集のページ裂き紙飛行機をつくって飛ばせ

脱出せよ、脱出せよと体内を巡り続けている海の声

グラスからアップルサイダー溢れ出しつかのま波が寄せるテーブル

楽器ケース抱える旅のひとびとはツバメの群れのように身軽に

うつくしい影絵をつくる指先をもつ恋人に会いたい月夜

このまちの白い日傘がいっせいに空を飛ぶ日をあしたと呼ぼう

絵はがきの返事に代えて今日まちに海のほうからくる渡り鳥



「短歌ヴァーサス」第2号(風媒社、2003年10月15日発行)に掲載
[PR]
by noma-igarashi | 2014-09-21 23:58 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22407514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ロンバルディア・トロフィー終了 連作「つばめ」 2003年作 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧