111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

東京夏季フィギュアを見てきました

先週末、今週末と2週間にわたって東伏見で開催されていた「2014年東京夏季フィギュアスケート・ジュニア競技会」、昨日の午後、女子フリーだけ見てきました。くわしいレポはまた改めて書きたいと思っていますが、取り急ぎ、優勝者の報告を。

優勝したのは永井優香選手(15歳、駒場学園高校)で、86.21点というスコア。冒頭のコンボが1-1になってしまったものの、その後はしっかり立て直し、着氷が乱れたジャンプが1つあったぐらいでほぼノーミスの演技でした。

第1グループで70点台を出した選手が2人いたので(松原星選手が76.05点、平尾羽茄奈選手が78.69点)、同レベルの選手がどんどん出てくるのかなと思っていたのですが、第5グループになって永井選手が登場するまで、トップは平尾選手のまま。70点台を超える選手も途切れていたので、永井選手がいっきに最高得点を引き上げた格好です。冒頭のコンボが決まっていたら、きっと100点台に乗っていましたよね。

永井選手は、先週開催されたGJPスロベニア大会で2位に入った選手(というか、GJPのライブストリーミングは断片的にしか見ておらず、帰宅後に友人から教えられるまで気づかずにいました。ごめんなさい)。そのときのスコアは105.50ですから、やはり100点台を出せる選手なんですね。

プログラムは「ロンドカプリチョーソ」。以下にスロベニア大会の動画を貼り付けておきますね。


[PR]
by noma-igarashi | 2014-09-08 08:44 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22368021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏季フィギュア観戦レポ(第1~... ヴェローナ音楽祭「カルメン」2... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧