111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
こんにちは! 全日本は..
by noma-igarashi at 11:23
こんにちは。 現地観戦..
by sasha_2006 at 14:07
いらっしゃいませ。 コ..
by noma-igarashi at 17:43
いつも楽しく拝見させてい..
by かのこ at 14:53
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

木から落ちるリンゴは政府が「上がれ!」と言っても上がらない

61日(日)に開かれた「川内原発再稼働やめろ! 0601官邸・国会前☆大抗議」では、炎天下、30人以上の人たちによってスピーチが行なわれました。その様子がYouTubeにアップされています。前半後半合わせて、約3時間半。


残念ながら、私は前半部分しか現地で聞くことができなかったため、後半をありがたく視聴。城南信用金庫の吉原毅理事長のお話が聞けたので、喜び勇んで文字起こしをしちゃおうかなと思ったところ、なんと、「みんな楽しくHappy♡がいい♪」のきーこさんがすでにブログにアップされていました。そこで、吉原理事長のスピーチはきーこさんのブログを見ていただくとして、私は社会学者・小熊英二さんのスピーチを文字起こししてみることにしました。というのも、なかなか興味深い内容だったので。


このブログにも書いたような記憶があるのですが(該当記事をリンクしたかったのですが、探しきれませんでした)、3.11の直後、あれだけの事故が起きても、日本の原発は停まらないんじゃないかと私は思っていました。こういうことに関しては、民意を無視して進められてしまうのがこの国なので。そんな現状を変えたいと思う人がいても、変えたくないと思う人、興味がなくて選挙に行かない人のほうが圧倒的に多くて、いつまでたっても何も変えられない。日本というのはそういう国だと思っていました。


原発立地県では原発を稼働させたいだろうから、あれだけの事故があっても、原発は決して停まらない。それでも、新規に増設することは難しくなるだろうから、古くなったものから廃炉にしていき、いずれゼロになる(あるいはゼロに近づく)ことに期待するしかない。そんなふうに思っていました。


多分、震災当時の政権が自民党だったら、この想像のようになっていただろうと思います。原発は今も当たり前のように稼働し、いずれゼロになる(あるいはゼロに近づく)ことに望みをつなぐしかない。そんな状態になっていたでしょう。

それと比べれば、再稼働に突き進んでいるとはいえ、去年の9月から9ヵ月近くも稼働原発ゼロの状態が続いている現状は上出来ともいえます。小熊英二さんのスピーチを聞いて、震災直後、そんなふうに思ったことを思い出しました。そして、「リンゴが木から落ちているときに、政府が“上がれ!”と言って上がると思いますか?」というくだりには、とても勇気づけられました。





社会学者・小熊英二さんのスピーチ
1243412900)



はい。さて、皆さん、日本で脱原発社会は実現しているでしょうか。していますか? してません? している?

(聴衆から「しています」「していない」両方の声)

どっちですか? 混在していますね。

現在、日本で原発は一つも動いていません。ですから、事実上、脱原発社会を実現しているともいえます。

でも、していないという人たちも多くいます。どうしてしていないと思いますか? いちばん私が聞いた多くの答えはですね、政府が姿勢を変えていないからだ、ということでした。

それに対して私は聞き返しました。そうすると、3.11以後、ほとんどすべて社会は変わったねと。変わっていないのは政府の姿勢だけだねと。

皆さんね、ここのところは意識してくださいね。先ほどのお話にもありましたけれど(注:他の登壇者の話)、マスメディアは政府の姿勢をいちばん報道しますから、そればっかりいちばん大きく見えます。ほかに地道にやっていることというのは、あんまり報道されません。でも実際には、いろんなところを歩いてみると、いろんな変化は現れています。

では、政府はとても力がある。何でもできると思っている人も多いと思います。でも、例えば政府が、リンゴが木から落ちているときに、「上がれ!」と言って上がると思いますか? (聴衆から軽く笑い声が起こる) 上がりませんね。

はい、じゃあ、政府が「経済、よくなれ」と命令したらよくなりますか? 「少子化、止まれ」と言ったらよくなりますか? これ、なかなか難しいですね。

ある意味で言うと、政府が「脱原発しましょう」と言うのは、日本ではすごく簡単なんです。もう政府が決めさえすれば、それでできちゃうぐらいの態勢まで来ています。それに対して、政府が「これから原発推進しましょう」というふうに言うのは、私、かなりつらいんじゃないかと思うんですね。これは、冷厳な事実です。

私は推進側の意見もたくさん読みます。ある日経新聞という新聞に載っていたもので、最近はやっぱり電力足りないからというのは再稼働する理由にはなかなかならないものですから、貿易赤字がたまっていると。これを解消するために原発の再稼働が必要だと。


で、あるエネルギー系のシンクタンクが、まあ、エネルギー系のシンクタンクというのはたいてい推進側なんですけれども、試算をしましたということで、出ていました。
2013年度の化石燃料の輸入総額は270兆円です。

はい、原発16基、再稼働します。どのぐらい減るでしょう。270兆円のうち。

知らないですか? 17000億です、その試算だと。6%です、16基、再稼働しても。

ですから、原発が停まっているのが理由で貿易赤字がたまっているというふうにはなかなか言えないかもしれないと。

で、何で16基なのと。もっとたくさんあるでしょうという話なんですけれども、はい、震災の前に54基ありました。6基はもう廃炉しました。福島第一ですね。残り48基です。

で、そのうち30基ぐらいは、もう新しい基準はなかなか通らないので、よっぽど手を入れないと、申請までたどり着けません。

今、18基申請しています。で、浜岡はなかなか議論がありますから、16って多分マキシマムです。その辺は多分、見た上で試算しているんでしょう。

ですから、もう震災前に比べると、3分の1になるのはもうほとんど既定と思ったほうが私はいいんじゃないかと思います。私が推進側の立場だったら転職を考えます、それは。間違いなく。もうこれはだめだと。

このような状況がある中で、まあ、もしかしたら、何基かぐらいは再稼働するかもしれませんけれども、だからといって、そんなに一喜一憂しないで、長期トレンドとしてはだんだんなくなっていうと私は判断しています。私はできるだけ推進側の立場に立って見るようにしていますから。

もう一回、言います。3.11の後、社会は変わりました。政府の姿勢以外は。あとは、政府の姿勢を社会の変化に合わせていきましょう。あまり意地を張らないで、ということです。 (聴衆から笑い声)

終わります。 (拍手)


[PR]
by noma-igarashi | 2014-06-05 00:18 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/22081408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鈴木明子選手のプログラム みん... オペラ「オルフェオとエウリディ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧