111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

すっ飛んだ演出のオペラ

428日にBSのプレミアムシアターで放送された、ザルツブルク音楽祭の「後宮からの誘拐」、録画だけしておいたものを昨日やっと見ました。ザルツブルク空港の格納庫兼博物館を使い、トルコの王宮を現代のファッション業界に置き換えた演出。こういうすっ飛んだ演出はザルツブルク音楽祭ならではですね。

空港を使うという試みはすごく興味深かったですが、ファッション業界に置き換えるというのが今ひとつ。これが劇場での上演なら、それはそれで面白く感じたのかもしれませんが、せっかく空港を使っているのだから、もっとそれを活かした設定に挑戦してほしかったかな(具体的なアイデアは思いつかないですが…)。

e0073856_20283039.jpg

…というのが今回の演出に対する感想なのですが、この機に、自分がこれまで見た舞台の中で、すっ飛んでいた演出のオペラのベスト3を選んでみることにしました。「ベスト」というのが適切かどうかわからないですが、ともかくは、すっ飛んでいた順に1位から3位まで選んでみました。



1位 ザルツブルク音楽祭 2005年「魔笛」

さすがザルツブルク音楽祭。奇抜な演出でした。2005年に現地まで見に行った舞台で、このブログを始めるきっかけにもなった思い出のオペラです。そのとき書いた記事がこちら。写真を見ていただくと少しは様子がわかるでしょうか。今どきの若者のようなタミーノ。彼の部屋にはパソコンらも見えるので、まさに現代の若者なのだと思うのですが、サーフボードが置いてあったりして、どこか70年代っぽい雰囲気も。後で考えてみると、若者タミーノが薬でラリッちゃって、その状態で見た夢――という設定だったのかなとも思います。当時はまだ、ザルツブルク音楽祭にこういう演出の舞台が多いとは知らなくて(今となっては、それでよく行ったなあと思いますが…。ただ、いろんな意味で、行けるときに行っておいてよかったなとも思います)、かなり驚きましたが、それはそれで楽しかったし、とにかく演奏が素晴らしくて、すごく思い出に残っている「魔笛」です。


2位 新国立劇場 2011年「コシ・ファン・トゥッテ」

この「コシ・ファン・トゥッテ」も現代風の演出でした。昔の物語を現代に置き換えようとすると、かなり無理が生じることも少なくないのですが、これはうまく置き換えられていて感心しました。というのは、18世紀ごろのオペラだと、「小間使い」とか「家来」とかが普通に登場して、それを現代に置き換えると、どうも人間関係がしっくりこないんですよね。その点、この「コシ・ファン・トゥッテ」はよかったです。このときの感想にも書いていますが、フィオルディリージとドラベッラの姉妹がキャンプ場に遊びに行っていて、小間使いのはずのデスピーナはそのキャンプ場にあるファストフード店の店員、さらにドン・アルフォンはそのファストフード店の店長だという設定。身分の上下関係はないけれど、雇い主と従業員、あるいは客と店員という置き換えがとてもスムーズでした。


 

3位 ベルリン国立歌劇場 2007年「トリスタンとイゾルデ」

演出がすっ飛んでいるというよりは、舞台セットが謎でした。舞台の中央にでーんと天使のお尻が据えられ、歌手たちはその上で歌うというもの(そのときの感想に写真を貼付しています。確か、歌手の1人が滑ってしまい、ケガをしたんじゃなかったかしら(どなたかのブログで読んだような気がしますが、記憶がおぼろ)。

オペラの演出の中には、危なくないのかなと思うものも結構ありますよね。あと、高所恐怖症だと無理でしょう、みたいなのとか。見ているほうがドキドキして、歌を聴くのに集中しきれなかったことも。奇抜な置き換えはそれほど嫌いじゃないですが、危なそうな演出はちょっと苦手かもしれません。


[PR]
by noma-igarashi | 2014-05-06 20:39 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21967143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今さら「道化師」 032:叩(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧