111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

初めての3A

世界ジュニア男子、日本勢はショーマ5位、刑事君7位という結果でした。演技の動画はまだほとんど見られていないので、演技自体の感想は次の機会に譲りますが、プロトコルを見ていて思ったことを少々。タイトルのとおり、トリプル・アクセル(3A)についてです。

目下、3Aを自分のものにするべく奮闘中のショーマ。今回、SPでは3Aなしで3位でしたが、フリーでは3Aに挑戦して転倒し、メダルに手が届きませんでした。今の男子ジュニアは、3Aどころか4回転をがんがん決める選手が上位を独占するようになっているので(今回こそメダリストは4回転なしでしたが)、3Aをクリーンに跳べない状態で表彰台をめざすのは、やはりちょっとキビシイということですね。

まあ、2シーズン前にはジェイソン・ブラウンが3Aなしでメダルを取りましたが、そのジェイソンも次のシーズンには3Aを組み込んで成績を上げたし、シニアに上がってからのことを考えると、今の段階から3Aに挑戦するのは正解…というより、必要なことだと思います。



シニアの男子は、今や4回転を跳べなければメダル争いに加われない状態になってはいますが、男子選手にとっての3Aって、シニアでやっていくための必要最低条件のようなところがありますよね。というか、私の中ではそういうイメージです。ジェイソンしかり、ちょっと前の例ではアダムしかり。

そういえば、ゆづが3Aを跳べるようになったときも、「ああ、これでシニアに上がっても大丈夫…!」とホッとしたのをよく覚えています。特に、あの当時(バンクーバー五輪前)はシニアでも4回転を組み込まない選手が多くなっていましたから。

ただ、改めて確認してみたところ、「これでシニアに上がっても大丈夫…!」と思った2008年の全日本ジュニアも、3Aをクリーンに決めたわけではないんですよね。ダメ元で果敢に挑み、逆転優勝はしたものの、プロトコルではGOE-2.80という評価でした(こちら)。そして、ついでに確認した翌年の全日本ジュニアでも、SPでは成功させているものの、フリーではミス(こちら)。さらに、その1ヵ月後、代々木で見たJGPファイナルでも、やはりクリーンには決めていないんです(こちら)。

実は、これらの試合、すべて生で観戦しておりまして(全日本ジュニアはフリーだけですが)わずか2年しかなかったゆづのジュニア時代に、彼の演技を何度も見ていることに我ながらびっくり。あの時期は彰生やら町田君やらダイスやら健人君やら、ジュニアにも注目選手が大勢いたから、かなり熱心に観戦していたのでした。

その結果として、ゆづが3Aに挑戦するようになり、完成するまでの過程をかなり密に見ていたことになるわけで、貴重な体験だったなと思います。彼より年長の選手だと、自分が熱心に観戦するようになった頃にはもう当たり前のように3Aを跳んでいて、その過程を見るなんてことはまったくできなかったわけですから。例えばダイスケは、いつごろ3Aに取り組み始め、いつごろクリーンに跳べるようになったんでしょう? ぜんっぜん知らないです。(どこかに書いてありましたっけ?) 仕方ないこととはいえ、ちょっと淋しい。旧採点時代はプロトコルというものがないから、さかのぼって確認することもできないし…。

ショーマの場合も、3A習得までの過程にしっかりつき合えそうなので、そう思うと楽しみです。早く3Aを自分のものにできるといいなと思いつつ、習得過程につき合えることの価値に気づいてみると、もうちょっと見ていたい気もしたり。日本人選手以外では、ジェイソンも習得過程につき合えたほうですよね。

4回転も大事だけど、最後に勝敗を分けたのは3Aだった、ということは結構ありますから、ほんと、今は何度転んでもいい、しっかりと身につけてほしいです。日本人男子は3Aを苦手としない選手がほとんどなので(なんででしょうね?)、遠からずショーマもきれいな3Aを決めてくれるようになることでしょう。頑張れ~。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-17 00:00 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21791582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬の間のエアウィーヴ 吉祥寺のくまもと物産館が閉店 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧