111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ユーロ男子TV観戦記

ユーロ男子、JSPORTS4のおかげでリアルタイム観戦(SPの前半グループだけは後から見ましたが)。解説は岡部由起子さん、実況は小林千鶴さん。

競技の感想の前に書いてしまうと、私としては、全米のときの杉田・赤平コンビよりも岡部・小林コンビのほうがよかったな。全米コンビは、杉田さんはいいんだけど、実況の赤平さんが私はイマイチでして。twitterで回ってきた写真を見る限りではまだお若そうなのに、昔の試合のこともしっかり把握されていて、偉いなとは思うのですが。なんていうのかな、ちょっと自分の考えを口にしすぎるのではないかなと思って。

たとえば、「こういう単調な曲は滑りにくいのではないですか」というふうに杉田さんに話をふると、杉田さんとしては、頭から否定はしないですよね。技術的なことで、それは絶対に違う、ということでなければ、話を合わせる方向に会話が進むのが普通だと思います。ただ、そういう話の持って行き方だと、話題の範囲が赤平さんの感じたこと・興味のあることの域を出ないと思うのです。そこがちょっと不満というか、物足りないというか。もう少し杉田さんに自由に話していただくようにして、赤平さんから話をふるときも、技術的な知識を聞き出す方向でお願いしたいな。その点、岡部・小林コンビからは技術的な知識がたくさん得られ、聞いていてとても参考になりました。

さて、演技の感想です。



優勝はハビ。2連覇、おめでとうございます! GPSではなかなか調子が上がらず、大丈夫だろうかと心配していましたが、きっちり合わせてきましたね。よかった、よかった。不調の原因は靴にあったとか。みんな、靴には泣かされますねえ。

SPではハビが登場するまで、80点台に乗せる選手もなかなかいなくて、「ユーロ、低調だな」などと感じてしまいましたが、ハビがいっきに90点越え。91.56で、出場選手中唯一の90点台でした。ただ、このところ100点前後の点数に慣れてしまい、91.56点という点数にも「あれ、低いな」と思ってしまった自分がコワイ(汗)。試しにファイナルのゆづと比較してみたところ、ハビはすべてのジャンプを前半に跳んでいるので、基礎点で若干負けているのと、あとはGOEの差かな。違う試合だから単純比較はできないけれど、ハビの4SがGOE後は12.50なのに対して、ゆづの4Tは13.01でした。

ついでにフリーも比較してしまうと、ハビがTES 88.19 +87.36=175.55、ゆづがTES102.03 +PCS92.38=193.41。こっちはかなり差がついてしまいました。ハビは4回転の着氷が乱れたし、3Lzが2Lzになってしまったし、この点差は仕方ないかもしれないですね。最近の傾向として、上位選手はちょっとしたミスがあるだけで、10~20点、いや30点ぐらいは平気で差がついてしまうようになったなと思います。逆にいうと、細かいミスさえしなければ点差を縮めることは可能なので、とにかくクリーンな演技を心がけることですね。

2位はヴォロノフ、3位はメンショフで、ロシアのベテラン勢が表彰台に。ヴォロノフはSP、フリーともに2位で、総合も2位。立派でしたね~。メンショフのほうは、SPは11位と出遅れたものの、フリーで巻き返して3位に。大きな試合でのメダルは初めてなんですか? おめでとうございます!

一方、ベテラン勢の頑張りに対して、若手のコフトンは5位。フリーで4回転を1本しか決められなかったのが痛かった。ロシアの代表選考、どうなっちゃうんでしょう。いやはや。

ミハルはまたも4位。4回転の失敗は仕方ないにしても、ほかのジャンプでは絶対にミスしちゃいけない、というのがよくわかりました。メダルを狙う選手は、4回転が成功すれば1ミスぐらいはOKだけど、4回転が失敗すればほかはノーミス。これが最低限のラインなんだなと思います。もちろん、試合によっては、4回転も他のジャンプもノーミスでないと勝負にならないこともあるけれど。

マヨはSPで頑張って最終グループに入れたのに、最終的には11位。ただ、まだ若いんだし、この経験を今後に活かしてほしいです。ドイツのリーベススは、SPもフリーも安定していて、いい演技でしたね! トマシュは想定内のミス連発、アモディオは想定外のミス連発(いったいどうしちゃったんでしょう)。ジュベはミスはあったものの笑顔で演技を終えられて、何だかなあたたかな気持ちになりました。

JSPORTSは全選手を放映してくれるおかげで、ふだんはなかなか見られない選手の演技が見られて、大満足。いろんな選手がいて、SPもフリーも見飽きませんでした。国ごとの出場枠があるために、代表選考を巡って悲喜こもごもあるわけだけど、代表枠があるおかげで、いろいろな国の選手の演技を見ることができるわけで(例えば世界ランキング上位30人しか出場できないというような仕組みだと、永遠に演技を見られない選手が山ほど)、出場枠の割振りにもやはり意味があるんだなと実感しました。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-01-19 14:58 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21588564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新国立劇場2014-2015シ... 遅ればせながら全米男子 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧