111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

遅ればせながら全米男子

ユーロの真っ最中ですが、取り急ぎ、全米の感想を(ただし、男子のみ)。結果サイトはこちら

アボちゃん、2年ぶりの優勝はおめでとうございます!! 神演技のSPで優勝を確信したものの、フリーでは彼の番が来るまで誰もジェイソンの高得点を抜けず、「ここでアボちゃんがぐだぐだになって、ジェイソンが優勝しちゃったらどーする!?」などと、一抹の不安も頭をよぎりました。ジェイソンが素晴らしいスケーターなのは間違いないですが、だからとって、4回転に挑戦しては脱落していく選手が相次ぐなか、最初から4回転を組み入れていなかった選手が優勝してしまうというのは、やはり抵抗があるわけで。多少のミスはあったものの、アボちゃんが踏ん張ってくれて本当によかったです。あとは、五輪や世界選手権で結果を出すことですね。大きな試合でなかなかいい成績を残せずにいるので、ぜひ頑張ってほしいです。ダイスケともども、おっさんパワーを見せたれ。

2位はジェイソン。素晴らしかった!! SPもフリーも、本当に見ごたえがありました。4回転を入れていないからあそこまでできるということはあるとしても、4回転を入れなければすべての選手にあの演技ができるかというと、絶対そんなわけではないのも事実。大変な才能だなと思います。まだシニア1年目。この先、どんなプログラムを見せてくれるのかと思うと、とても楽しみです。今季限りで引退してしまう選手が多い中、来季以降も演技を楽しみにできる選手がいてくれるというのは、心強いですね。

3位はアーロン。「カルメン」のプログラムで、ドン・ホセでもなくエスカミーリョでもなく牛を演じられるのはこの人だけ(違)。今季が始まったばかりのころ、今の男子は4回転さえ決まれば勝ててしまうようになったという内容の記事を書きました(こちら)。昨シーズン、アーロンは4回転を合計3回決めて全米チャンピオンになったわけですが、今年はそれが昨年ほどうまくいかず、3位にとどまったということでしょう。彼のPSCを上位2選手と比べてみると、彼が79.98点(フリー)なのに対して、上位2人は93点台。これだけ差があると、4回転を武器にしている選手は、とにかく確実に4回転を決めなければならないということですね。それでも3位という結果は立派だと思いますが、五輪に出られないのが痛い。2枠と3枠の違いを痛感させられました。



4位のファリスは飛ばして(すまん)、5位はドンブー。この顔ぶれの中での5位は立派な成績なんですが…。SPの神演技で夢が大きく膨らんだだけに…。いちばん落胆しているのはもちろん本人でしょうけど、見ているほうとしても、何ともツライ展開になってしまいました(涙)。

さらに飛ばして、8位はアダム。絶対王者といえるような存在がいない今の全米では、彼にも十分チャンスがあったはずですが、SPで出遅れ、フリーでも挽回できませんでした。ただ、ここ2、3年、彼が何をめざしているのか伝わってこなくて、こういう結果もやむを得なかったのかもしれないな、という気持ちもどこかにあったりします。今シーズンはSPが「カルメン」で、フリーが「牧神の午後への前奏曲」。この統一感のなさは何なんでしょう。いろんなプログラムを演じられるところを見せたいというふうでもない。「カルメン」とか「トゥーランドット」とか、彼でなければ演じられないプログラムだとは思えないし、「彼が演じるとこんなに新鮮なのか!」と思うような内容でもない。ごめんなさい、見ていてもどかしいです。

9位はモリゾー君(注:ムロズ選手のことを友人たちとこう呼んでいます)、10位はキャリエール君、1つ飛ばして12位はキーガン。残念ながら、このところ全米でしか演技を見るチャンスがありませんが、こういう選手たちを見られるのも全米のうれしいところ。

このうちモリゾー君は、4回転が決まれば上位を狙える選手なんですよね。実際、SPで4回転を決めたときには「モリゾー、来たー!!」と思ったのに、アクセルでミス。フリーでも同じく、4回転は決めたのに、別のジャンプでミスが続いてしまいました。なかなかうまくいかないなあ…。

キーガンは、ジュニアの頃はかわいかったのに、今や風貌がおっさん風…(汗)。彼も4回転を跳んできましたね。正直なところ、10位以内に入れなかった選手たちの顔ぶれを見ると、たとえ4回転を決めても、代表入りとか表彰台とかはちょっと無理っぽい。それでも跳んでくるところが胸熱です。ミスを連発しても、キーガンの演技は明るい。これまでそんなふうに思ったことはないんだけど、今回、「全米のアキオみたい」などと思ってしまいました。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-01-18 00:46 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21583614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ユーロ男子TV観戦記 全日本フィギュア開催中のフラン... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧