111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

全日本フィギュア 女子フリー観戦記

男子フリーの感想は、まとめるのにまだ少し時間がかかりそうなので、先に女子フリーの観戦レポを書いておきますね。

女子の場合、フリーに進めるのは、SPに出場した30人のうち上位24人(男子は29人中24人)。SPの成績でグループ分けをするので、後で滑るグループほど実力のある選手が出てくる…という理屈ではあるのですが、SPは1つのミスが大きく点数に響きがちなので、有力選手であっても、ときには早いグループで滑ることになるのはよくある話。実際、第1グループには庄司理紗選手や西野友毬選手の名前がありました。

それだけに、第1グループからおおいに注目していたのですが…。いちばん成績がよかったのは2番手に滑った宮原舞依選手で、フリー106.99点、総合152.50点。庄司選手、西野選手、それから國分紫苑選手もミスが出てしまい、フリーの点数は90点に届きませんでした。

第2グループは細田采花選手、松田悠良選手がいい演技を見せてくれました。細田選手はフリー103.38点、総合151.85点。松田選手はフリー107.35点、総合158.29点。

第3グループは、整氷タイムにトイレ行列に並んだため、1番目の選手の演技を見逃してしまいました。このグループではやはり本郷理華選手の演技がよかったです! 勢いに乗っている若手選手が存分に力を出し切るのは本当にうれしい。フリー117.06点、総合176.31点という高得点をマークしました。彼女はもうすでに身長もけっこうあるし、このまま体型の変化に苦しむことなく成長していけるといいな(あ、成長というのは体型ではなくて、技術的な意味で)。



そして、いよいよ第4グループ。まずは宮原知子選手がノーミスの演技で会場を沸かせてくれました。やっぱり最終グループは違う! フリー125.06、総合191.58点という見事な成績。これだけのスコアを出しても台落ちしてしまうとは(去年は180.55点で3位でした)、全日本女子、恐るべし!

次は鈴木明子選手。いや、もう、本当に素晴らしかったです。まさにパーフェクト! 最後のジャンプが決まったあたりから、早くスタオベしたくてうずうずしていました。きっと、会場にいた全員が同じ気持ちだったのでは。点数が出てみると、フリー144.99点、総合215.18点という驚きのハイスコア。でも、その点数に値するだけの演技だったと思います。

3番手は安藤美姫選手。ミスもありましたが、気迫のこもった演技でした。すごくカッコよかったです! 現役選手としての演技はこれが見納めになるのかと思うと、彼女のファンというわけでもない私でも、うるっときてしまいました。織田君のようにEXで引退セレモニーをしてあげてもよかったのにという意見も見かけましたが、試合での演技を最後に去っていくのも悪くなかったのではないかと思います。凛々しくて潔い最後の全日本でした。

今井遥選手も「これぞ最終グループ!」という演技を見せてくれました。フリー125.53点、総合186.16点で最終的に5位。最終グループの顔ぶれを考えると、順当な順位だったのではないかと思います。昨年は14位と振るわなかっただけに、今年は期待される結果を残せて本当によかった。

村上佳菜子選手もお見事でした。後でプロトコルを確認したところ、ルッツにeマークがついて多少マイナスされていましたが、見た目にはパーフェクトな演技。前日は涙のSPでしたが、この日のフリーは満面の笑顔で演技を終えてくれました。この勢いのまま五輪に臨んでほしいですね(彼女の場合、その前に四大陸がありますが、そこで国際的な評価を上げて来いという意味かなと思いました。あと、彼女は団体戦の出場がないのかなと勝手に想像)。

そして、トリは浅田真央選手。ここで彼女が神演技を見せてくれたら、本当にすごいことになっていたと思いますが、残念ながらアクセルでミスが出てしまいました。1つ目が回転不足で両足(に見えました)、2つ目は、残念ながら私の席(アリーナ席の隅っこのほう)からは死角になってしまい、客席の反応から「ああ、失敗したんだな」と推測。後で確認したら、すっぽ抜けて1回転になってしまったんですね。鈴木選手の得点が得点だったので、このあたりから、浅田選手の優勝はなくなっただろうなと思いながら見ていました。ただ、優勝はなくなっても五輪への派遣は確実だし、ここで失敗しておくのも五輪に向けて悪くないんじゃないかという気がしたし、ガッカリ感は全然なかったです。ステップやスピンの美しさに最後までうっとり。演技が終わるや、お花を投げに走りましたよ~。普通の花屋で買った軽い花だったので、届くかどうか心配でしたが(関係者スペースに落ちてしまうと、そのままお花を集める大袋に入れられてしまうので、ちょっと淋しい…)、無事にリンクまで届いてくれました。

全日本の女子、今年もやはりすごかった。終わってみると、鈴木選手が28歳にして初優勝。本当に素晴らしいことですね。おめでとうございます! そして、出場したすべての選手の「お疲れさまでした、ありがとう」と言いたいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-28 08:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21502350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 男子フリー(第1~第3グループ... 全日本フィギュア ペア、アイス... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧