111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ファイナルの結果から五輪に思いを馳せてみる

遅ればせながら、GPファイナルの感想です。というか、ファイナルの感想のつもりだったのですが、いざ書いてみると、五輪に向けての展望・希望という感じになってしまいました。カテゴリーごとに、1人(組)ずつの選手に注目して、あれやこれやと思うところを書いてみました。

まず、アイスダンスはペシャブルについて。今回のファイナル、彼ら3位に入ってくれてよかったなあとしみじみ。GPSフランス大会ではイリカツに抜かれて3位になってしまうし、ファイナルでもSDは5位と出遅れ、どうなることかと気を揉んでおりました。

五輪でも1位、2位はメリチャリ、テッスコのどちらかだと思われますが、それだけに、唯一残された銅メダルの争奪戦が熾烈になってきています。ボブソロも有力だけど、ファイナルに出なかったイリカツの勢いも侮れません。ケイトリンたちも力を伸ばしてきているし、そこにペシャブルを加えた4組の争いになるのではないかなと予想。

どの組もそれぞれに魅力的ですが、私としてはペシャブルにメダルを取らせてあげたいです。年齢的にいって最後の五輪になるだろうし、今季のFDの中では彼らのプログラムがいちばん好きだし(フランスのカップルならではのテーマがうれしいです)、それよりも何よりも、新採点になって以降、若手が活躍する中で、対等に戦えるように積み重ねてきた努力が報われてほしいなあという気持ちが強いので。そんなわけで、無事にファイナルで3位に入り、実力が衰えていないことをアピールできたのはよかったなあと思いました。



ペアはサフソルについて。事前の順位予想でもヴォロトラ優位の中、見事にタイトルを奪還しました。ヴォロトラのミスに助けられた面もありましたが、彼ら自身の演技が素晴らしかったことは間違いありません。私は特別、彼らのファンというわけではないけれど、4回も世界チャンピオンになりながら、バンクーバー五輪ではそのシーズンだけ復帰してきたシェンツァオに金メダルをさらわれてしまうし、バンクーバー五輪後は、新たにペアを結成したヴォロトラに追い上げられ、昨シーズンはついに王座を譲ってしまうし、こういう言い方はかえって失礼かもしれないですけど、何だか気の毒に思っていたので。今回のファイナルで彼らが優勝したことで、五輪の金メダルの行方もまだまだわからないなと思いました。サフソルとヴォロトラ、さらにはパントン。ノーミスで滑れれば、やはりこの3組がメダル争いを繰り広げそう。その組がどの色メダルを獲得するのか、見ごたえたっぷりの試合を期待したいです。

女子は浅田真央選手について。今回は貫録の優勝でしたね。SP、フリーともに、3Aはクリーンな成功ではなかったけれど、それでも200点を超えるスコアを叩き出しました。今季の彼女の演技は、安心して見ていられるなと思います。少しぐらいミスしても勝てるだけの力があるし、それよりも何よりも、4年前のような悲壮感がまったくないので、見ているほうとしても肩に力を入れずに済むといいますか。

今季の彼女の目標は、五輪で納得のいく演技をすること。金メダルが目標だと言わないところも、力まずに応援できている理由のひとつなのだと思いますが、それでもやっぱり取ってほしいなあ、金メダル。五輪のEXで、最高の笑顔で「スマイル」を滑る彼女をぜひ見たいです。

男子はゆづについて。というか、SP100点、フリー200点の時代が来てしまいそうなことについて。バンクーバー五輪のとき、上位選手の点数が高めに出たことを考えると、ソチの金メダリストはSP100点、フリー200点を突破してしまうのでは。パトちゃんがクリーンな演技をしてそれを実現するのか、ゆづがジャンプを決めまくって突破するのか。2人そろって越えちゃったりして?(ちょっとコワイ…)

もしもそうなってしまうと、彼らに追いつけない選手たちは銅メダル争いをするしかなくなりそうで、ううむ、ううむとうなってしまいます。ダイスケファンとしては、ダイスケにもそこに加わってほしいですが、パトちゃんはともかく、ゆづのジャンプ構成を超えるのはかなり厳しそう。4S、4T、後半の3A+3T、3A+2T、3Lz+1Lo+3Sと、基礎点が10点を超えるジャンプがてんこ盛りですからねえ。

それでも、ジャンプだけで勝負が決まるわけではないし(大きな比重を占めることは間違いないですが)、各選手が自分の持ち味を十二分に発揮できるようにと願います。五輪でも、その前に、来週の全日本でも。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-10 23:40 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21436524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sasha_2006 at 2013-12-17 14:54
こんにちわ。全日本もいよいよ秒読みとなってきましたね。
ペアについて、私も本当に強く共感させていただきました。
サフチェンコ&ソルコビーは、トリノの時にコーチがスパイ容疑?を
かけられたか何かで、練習もままならなかった?
トリノオリンピックの時の表情を忘れることはできませんし
バンクーバーの時も残念でした。
パン&トン組も先輩が復活してきて
いいとこどりをされた感じがしていて・・・
ファンとしては本当に複雑でした。
フィギュアスケートはいい演技をした人が上にいくものだと
頭ではわかっているつもりですが、それでも4年間頑張ってきた選手の気持ちを思うと
素直にそうですね、という気持ちにはなれません。
この2組とも大好きなチームなので、どうか報われてほしいと願っています。
Commented by NOMA-IGA at 2013-12-18 09:28 x
こんにちは! そうでした、トリノのときはそういう騒ぎもありましたよね。
サフソルにも最後の五輪で報われてほしいけど、ヴォロトラのことも好きなので、応援する身としても悩ましいです。
今度の五輪では、ペアは団体戦のすぐ後に競技があるから、団体戦がどう影響するかも気になるところ。
ともかく、すべての選手が五輪に万全の状態で出場できますように。
<< 12月の電気使用量 新国立劇場「ホフマン物語」 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧