111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

GPS男子・私が選ぶベスト5(2位)

5位:町田樹 スケートアメリカ SPの演技
4位:ジェイソン・ブラウン エリック・ボンパール杯 フリーの演技
3位:羽生結弦 エリック・ボンパール杯 SPの演技
2位:パトリック・チャン エリック・ボンパール杯 フリーの演技
1位:高橋大輔 NHK杯 SPの演技



GPS男子・私が選ぶベスト5、今回は2位のパトリック・チャン選手 エリック・ボンパール杯(フランス大会)フリーの演技について書いてみたいと思います。この試合はライブストリーミングがつながったので、リアルタイムで観戦することができました。

SPをノーミスの首位で折り返してのフリー。いつもなら、SPが完璧なときはフリーでミスを犯すというのが彼のお決まりのパターンです。冒頭の4T、4T-3Tは決めましたが、そこを乗り切っても、その他のジャンプで乱れてしまうのもよくある展開。

ところが、跳ぶジャンプ跳ぶジャンプ、次々と決まっていき、ミスで流れが途切れないものだから、ジャンプ以外の部分もどんどん波にのっていって、「これはすごいものを見られるかもしれない」という期待感がじわじわと高まって行きました。

こういう興奮は、リアルタイムの観戦ならではのもの。実を言うと、1位に選んだダイスケのNHK杯SPは、結果を知った上で映像を見たため、この手の興奮は味わうことができませんでした。それゆえに、パトちゃんのほうを1位にしようかという考えも頭をよぎったのですが、そこはそれ、ダイスケファンとしてはやはりダイスケが1位でしょうということで、こちらを2位としました。



それにしても、パトちゃんがSP、フリーの両方をノーミスで滑るというのは稀有なこと。試しに調べたてみたところ、バンクーバー五輪以降はこのフランス大会に至るまで、国際試合で両方ノーミスの演技は初めてでした。twitterで得た情報によると、それ以前にさかのぼっても、やはりどこかでミスをしていたらしいです。

パトちゃんの滑りを誉める人は多いし、私もそれは認めますけど、ミスをしながらもノーミスの選手に勝ってしまうところに引っかかっていたのも事実。ノーミスの選手だって、難しい技を回避していたわけじゃないんだし。大体、世界選手権を3連覇している選手が、SP、フリーの両方をノーミスで滑ったことがないって、恥ずかしいことじゃないですか。

というわけで、パトちゃんの演技に対しては、どこか釈然としないものを払拭できずにいた私ですが、あのフランス大会の演技であれば納得です。五輪で金メダルを取るのであれば、あれと同等かそれ以上の演技をしてほしいです。今季のフリー「四季」、ノーミスで滑ればものすごく盛り上がるプログラムだと思います。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-01 21:59 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21399439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< GPS男子・私が選ぶベスト5(1位) 高橋選手のファイナル欠場、フラ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧