111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

東京ブロック観戦記(男子のみ)

東京ブロック、最終日の日曜日だけですが、観戦してきました。今年の入場料は1日1000円で、パンフレット付き。そのパンフレットには、ありがたいことに、出場選手の名前の読み方が付記されていました。これって、初めて試みでは? いつも不便に思っていたので、ありがたかったです。

会場に着いたのは昼の12時半ごろ。男子ジュニアから見るつもりでいたのですが、思ったより早く着いたのに加えて、試合の進行そのものが10分ほど遅れていたため、男子ノービスAの演技も何人か見られました。

ノービスAの試合は初めて見ましたが、漠然と想像していた以上にうまかったです! ジャンプは2回転が中心で、たまに3回転が混じるというレベルではありましたが、転倒がほとんどなかったし、みんな、堂に入った演技をしていました。実を言うと、ノービスAの試合中は、どこにすわればよく見えるかと席を移動してばかりで、あまり熱心に見ていなかったのです。ただ、そんな状態でも「みんな、すごいじゃない!」というのは感じられて、もっと身を入れて観戦すればよかったなと反省しました。

あちこち移動した結果、最終的に落ち着いたのはジャッジ側、左手の席。端っこいえば端っこのほうでしたが、多くの選手が間近でジャンプを跳ぶことが多く、迫力満点でした。それもあって、今年もジャンプの種類をメモしながら観戦。それを後でプロトコルと照合して、答え合わせをするわけです。的中率、上がりましたよ! ルッツとフリップに関しては、「演技の冒頭で跳んだからルッツだろう」というような推測もまじえながらですが(汗)、けっこう当たっていました。

プロトコルが見られる結果サイト




というわけで、ジャンプに注目しながら観戦していたわけですが、最も印象に残ったジャンプは、近藤琢哉選手が冒頭に跳んだ3Lz+3T。惜しいことに第2ジャンプの着氷で転倒してしまったのですが、最初の3Lz、めっちゃ迫力がありました! カッコいいったら。ちなみに、単独で跳んだ2回目のルッツは成功しましたが、遠くのほうで跳んだので、間近で見た最初のコンボのほうがずっと印象に残りました。近藤琢哉選手、東京ブロックを2位通過。おめでとうございます!

ルッツといえば、ジュニア男子の鎌田英嗣選手も3Lzに挑戦。彼も1回目は転倒してしまい、2回目で成功させていました。ジュニアの試合を見ていると、ルッツというのはやはり何度も高いジャンプなんだなと実感させられます。鎌田選手の点数は、出場者6人の中ではダントツの150.63点。去年は何点ぐらいだったっけと思って調べたら、116.22点で2位。成長している時期なんだなあ。この先の試合も頑張ってほしいです。

シニア男子の1位通過は村上大介選手でしたが、残念ながら4Sはすっぽ抜けて2Sに。ただ、次の3A+2T+2Loはきれいに決めてくれました。212.58点は、この試合ではぶっちぎりの点数でしたが、全日本で代表争いに加わることも視野に入れているのだろうから、これからさらに上積みしていけるといいですね。

 *

厳寒のアイスアリーナを後にして、生温かい外気の中をバスに揺られていると、真冬の日本を発って、東南アジアを旅しているような気分でした。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-10-08 00:32 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/21168406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 049:括(五十嵐きよみ) ジャパンオープン2013観戦記 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧