111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

フィギュアスケート雑感

先日、フィギュアファンではない人たちとフィギュアスケートの話をしていたときのこと。「ソチ五輪が終わったら、今活躍している日本人選手の多くが引退してしまうので、さみしくなってしまう」と言ったところ、「でも、引退したらアイスショーに出るようになるんでしょ」と返されました。つまり、試合に出なくなってもアイスショーで演技が見られれば、別段さみしくないのでは? というわけです。

うーん。引退したすべての選手がアイスショーの世界に入るかどうかはわからない、という点はひとまず置いておくとしても、アイスショーはアイスショーであって、試合に出ている選手を応援するのとはぜんっぜん違いますよね。

フィギュアスケートの魅力は、やはり試合があってこそ。結果によっては落ち込んだり、ときには自分が傷つけられたような気がすることがあっても、採点がなくなればいいとは思わない。ほかのスポーツのファンが試合の勝敗に一喜一憂するように、フィギュアファンにとっても、試合に出ている選手を応援することが醍醐味だと思います。

今日から8月。フィギュアスケートは7月1日が新シーズンのスタートですが、個人的には、シーズン開幕を実感するのはもうちょっと後。FOIが8月末開催になってからは、FOIが近づくと、「そろそろ新しいシーズンが始まるな」と思うことが多いです。

もともとフィギュアスケートは好きでしたが、今ほど熱心に見るようになったのは、トリノ五輪のシーズンから。日本人選手が強くなったことで、自分の熱の入れ方もそれまでとは比較にならないほどになったし、テレビ等でフィギュアに接する機会も本当に多くなりました。

3度目の五輪シーズン。応援するほうとしても、悔いのないシーズンにしたいです。



余談ですが、フィギュアファンではない人たちと話して思ったのは、熱心なフィギュアスケートファンではなくても、みんな、フィギュアに対する知識はかなりあるんだなということ。特に、スケーター個人に対する情報は、私以上にくわしかったりして。この6年間で、日本全国津々浦々、日本人にどれだけフィギュアスケートが浸透したかを実感しました。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-08-01 07:52 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/20874409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< エアウィーヴを買っちゃいました 『短歌、BLOGを走る。201... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧