111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

五輪団体戦、各国の作戦を予想する(①カナダ)

団体戦の話を続けます。テレ朝の国別対抗サイトに公開されている各国のポイント順位表と、フランスのフォーラムで見つけた順位表らしきもの、上位6ヵ国の顔ぶれは同じでも、順位がかなり違っています。これ、理由を考えてみたのだけど、国別対抗のほうは国別対抗のルールに則って、男女シングル2名ずつをポイントに加えているのに対して、フランスのフォーラムのほうは団体戦のルールに則って、男女シングル1名ずつしかポイントに加えていないのかも。ただの推測ですけど、こう考えると、前者と後者で日本の順位が大きく違うのが納得できますよね。

いずれにしても、フランスのフォーラムの順位表だと10位までの国がすべてわかるので、フィーラムの順位表に基づいて、上から1ヵ国ずつ、どんなふうに団体戦を戦ってきそうかを予想していきたいと思います。今回はカナダ。
カナダの持っている個人戦の出場枠は、以下の通りです。

男子:3枠 女子:2枠 ペア:3枠 アイスダンス:3枠

素晴らしい! このところ女子が弱くて1枠の状態が続いたり、男子もパトちゃんとそれ以外の選手の差が大きくて2枠しかなかったこともありましたが、今回の世界選手権で女子2枠に増やし、男子も楽勝で3枠を維持しました。これだけ出場枠を持っていると、どんな戦い方でもできそう。すごいですね。

団体戦では、SPとフリーで選手を変えられるのは2種目まで(こちらを参照)。すべての種目で複数枠を持っているカナダは、どの種目でも選手交代が可能です。私がもしカナダのナショナルチームの監督(?)だったら、どんな作戦でいくかなと考えると、真っ先に思い浮かんだのは、以下の2つの方針でした。



・五輪のメダルを取ったことがなく、なおかつ、金メダルの最有力候補であるパトリック・チャン選手については、個人戦に影響しないように最大限に配慮したい。

・女子は2枠に増えたとはいえ、ケイトリン・オズモンド選手だけが突出している状態なので、女子は選手交代をせず、彼女一人に頑張ってもらいたい。


男子については、この方針に沿って「SP:パトちゃん、フリー:マッチ棒ケビン」という割振りでもいいんだけど、いっそ、パトちゃんを団体戦からはずすという作戦もいいかもしれません。つまり、男子は選手交代なしで、ケビン一人に任せてしまう。これ、どうでしょう? ケビンも今や十分な活躍が期待できるし、カナダは他の種目でも順位ポイントが稼げそうだから、男子に金メダル候補を投入しなくてもいいのでは。そして、男女シングルを選手交代なしにしてしまえば、ペアのデュハメル・ラドフォード組も団体戦で疲れきることなく、個人戦のメダルを狙っていけるし。

どうでしょうね。せっかく優勝候補の最有力国なのに、甘く見過ぎて、金メダルを逃しかねないかしらん。そのあたり、ちょっと不安もあるので、以下の2案を考えてみました。

第1案
男子(選手交代なし):ケビン・レイノルズ
女子(選手交代なし):ケイトリン・オズモンド
ペア(選手交代あり):ムーア=タワーズ・マスクビッチ組(SP)、デュハメル・ラドフォード組(フリー)
アイスダンス(選手交代あり):ウィーバー・ポジェ組(SD)、ヴァーチュー・モイア組(FD)


第2案
男子(選手交代あり):パトリック・チャン(SP)、ケビン・レイノルズ(フリー)
女子(選手交代なし):ケイトリン・オズモンド
ペア(選手交代なし):デュハメル・ラドフォード組
アイスダンス(選手交代あり):ウィーバー・ポジェ組(SD)、ヴァーチュー・モイア組(FD)


第2案のほうは、「選手交代あり」をペアにするかアイスダンスにするか迷いましたが、アイスダンスで2連覇の可能性があるヴァーチュー・モイア組の負担を軽くすることが優先されるかなと思い、このように考えてみました。

10ヵ国すべてについて、これと同じような予想を立てた上で、どの国が団体戦のメダルを獲得できそうか考えていきたいと思います。長期連載になりそう~。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-03-26 10:13 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/20002140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 美輪@brownycat at 2013-03-27 06:25 x
おはようございます。
団体戦は五輪の開催前に始まります。しかも全種目のSPでFSに進出するチームが決まります。
それと今回の五輪は、個人戦の日程がタイトで、SPとFSの間に中日がありません。したがって、前半に個人競技のある男子とペアは交代させた方がいいのでは?逆に後半に個人戦のあるダンスと女子は、連戦といっても余裕があります。
よって私の意見としては、
男子=SPパト、FSケビン
女子=ケイトリン
ペア=SPデュハラド、FSムアモス
ダンス=テッスコ
Commented by NOMA-IGA at 2013-03-27 23:52 x
>美輪さん
こんにちは~。ご参加ありがとうございます!
団体戦、まだほとんど話題にならないですけど、考え出すと面白いです。

>それと今回の五輪は、個人戦の日程がタイトで、SPとFSの間に中日がありません。
>したがって、前半に個人競技のある男子とペアは交代させた方がいいのでは?
>逆に後半に個人戦のあるダンスと女子は、連戦といっても余裕があります。

ふむふむ、なるほど。確かにそうですね。男子もそうだけど、真っ先に個人戦があるペアは特に大変そう。

私は逆に(?)、女子は団体戦を終えてから個人戦まで間があるので、個人戦までの調整が大変なのではないかと、そっちが気になっていました。というのは、ほら、浅田選手って、いつもギリギリまで日本で調整して、試合の直前に現地に向かうじゃないですか。でも、団体戦に出場するとなると、ずうっと現地にいなければいけないから、個人戦に影響が出ないかな、とか。

ただ、言われてみれば、団体戦と個人戦、立て続けに試合があるほうがキツそう。選択の余地がない国はともかく、カナダはどの種目も2枠以上持っているのだから、おっしゃるように、ペアと男子を選手交代したほうがいいかもしれないですね。
<< 004:やがて(五十嵐きよみ) 003:各(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧