111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

トリノ五輪フィギュアスケート金メダル予想

突然ですが、今日はフィギュアスケートの話題です。ほら、フィギュアスケートって、演技のときにオペラの曲をよく使うから・・・というのは単なるこじつけで、フィギュア、好きなんです。「オペラ日記」と銘打ったからには、あんまり話題を広げるのはどうかな~と思いつつ、シーズンが始まって盛り上がってきたので、この際、フィギュアも含めちゃいます。

フィギュアスケートファン歴は、オペラファン歴よりは若干長いくらい。ただ、これもそれほどくわしいわけではありません。子供のころから、オリンピック中継などをテレビで放映していると、見るだけは見ていたものの、入れ込み始めたのは92年のアルベールビル大会から。フィギュアスケートって、それなりに若い頃しかできないスポーツだから、オリンピックのときだけ見ていると、知っている選手がすぐにいなくなってしまうんです。だから、それまでは選手の名前もろくに知らなかったし、それだと、お楽しみ度が今ひとつなんですよね。

ところが、アルベールビル大会の後、夏のオリンピックと交互に開催されるようにしようということで、そのときだけ変則的に、2年後の94年にリレハンメル大会がありました。これが効きましたね~。2年だと、アルベールビルで名前を覚えた選手がまだたくさん残っていました。この当時、どんな選手が活躍していたかというと、なんといってもフィリップ・キャンデロロです! 活躍というか、目立っていたというべきですけど。アルベールビル大会のとき、「ロッキー」のテーマ曲に乗って登場したエキシビションで、たちまちあのキャラのファンになりました。

アルベールビルから長野までは、キャンデロロ熱で興味が持続して、それと並行しながら、ソルトレークまではアイスダンスのアニシナ・ペーゼラ組が好きになり、さらにそれと並行しながら、現在は、男子シングルのエフゲニー・プルシェンコに「今度こそ金メダルを取らせたい!」と燃えています。いや、私が燃えてもしようがないですけど、ファンってこういう言い方をしたがるもので。プルシェンコ、今シーズンの調子はどうなんでしょうね。けがをしているとも聞きましたけど、トリノまでには復活してほしいものです。

さて、前ふりが長くなりましたが、勝手にトリノ大会の金メダル予想です。多分に個人的な希望が入った予想ですから、お気にさわった方はゴメンナサイ。

●女子シングル
これはもう、イリーナ・スルツカヤで決まりでしょう。ソルトレーク大会の後、スルツカヤとかミッシェル・クワンとか、もう過去の選手になった感がありましたけど、スルツカヤのほうは違いました。病気を克服した後の復活ぶりは、本当にすばらしいです。最近の演技を見ていると、凄みすら感じてしまいます。おまけに美人になりましたよね。全身に何かが憑いている、という感じ。あれでは誰も勝てないのでは。

●男子シングル
前述したように、今度こそプルシェンコに金を取らせたいです。ヤグディンもいなくなったし、ほかの有力選手(ブライアン・ジュベールとかジェフリー・バトルとかエマニュエル・サンデュとか)は、なんだかんだいっても小粒だったり、できに波があったりしますから、今の状況ではプルシェンコには誰もかなわないはず、なんですけど。でも、心配・・・。スルツカヤのときのように断言できないのは、ファン心理ってやつかしらん。実力はありながら肝心なところで・・・みたいな悲劇が似合うタイプじゃないので、金メダル、ほんとに必ず取ってほしいです。

●ペア
ただいま、ペアは特に気に入りの選手がいない状態につき、それほど熱心に見ていないんですが。順当に考えれば、ロシアのトットミアニーナ・マリニン組でしょうか。でも、ここまでロシア勢ばかり名前を挙げてきたから、中国の申雪・趙宏博組が初の4回転スロージャンプを決めてぶっちぎり優勝、なんていう筋書きも悪くないです。今シーズン、申雪・趙宏博組はどうなんでしょう? 最近、もう一方の若手ペアばかりで、あまり見かけませんが、調子がよくないのかな?

●アイスダンス
アイスダンスも、ただいま好きな選手がいなくて、ちょっとつまらないです。金メダルの本命は、これまたロシアのカップルでしょうかねえ。ナフカ・カスタマロフ組でしたっけ? うーん、個人的に、このカップルには今ひとつのめり込めないので、早いとこお気に入りを探したいものです。まだ名前を覚えきれていない中に、ちょっといいなと思うカップルが何組かいるので、トリノが楽しみ。アイスダンスはコンパルソリ、オリジナルダンス、フリーの3種目があるので、顔と名前を覚えている時間があるのがウレシイです。あと、若手というわけではないですが、イスラエルのカップルの濃さと、ブルガリアのカップルの雰囲気がけっこうお気に入り。
[PR]
by noma-igarashi | 2005-11-26 16:21 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/1992282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カタリナ・ビットの「カルメン」 都内のホールの利用状況(ただし... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧