111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

五輪の団体戦を理解するために

五輪の団体戦って、仕組みがよくわかっていないのですが、今から少しずつでも理解を深めようと、国ごとの強さを調べてみることにしました。去年の世界選手権で10位以内に入った国をまとめたところ、「続きを読む」以下のようになりました。

イメージとしては、全カテゴリーに有力選手を揃えているアメリカ、カナダ、ロシアあたりが強そうに思うわけですが、これを見る限り、必ずしもそうとは言えないような?(いや、やっぱり強いのかな? つけ入る隙はありそうだけど) ただ、去年と今年ではだいぶ勢力図が変わってきているし、今年の結果を見ないことには何とも言えないかなという気もします。それに、1人だけ突出して強い選手がいる国と、実力が拮抗した選手が2~3人いる国とでは、闘い方も違ってくるだろうから、どの国が有利なのか、まだ十分には読めない感じがしますね。



男子
カナダ(1位、12位)
日本(2位、3位、11位)
フランス(4位、5位)
チェコ(6位、16位)
カザフスタン(7位)
アメリカ(8位、13位)
スペイン(9位、24位)
イタリア(10位)

女子
イタリア(1位、8位)
ロシア(2位、9位)
日本(3位、5位、6位)
アメリカ(4位、22位)
中国(7位)
グルジア(10位)

ペア
ドイツ(1位、14位)
ロシア(2位、6位、7位)
日本(3位)
中国(4位、9位)
カナダ(5位、12位)
アメリカ(8位、10位)

アイスダンス
カナダ(1位、4位、13位)
アメリカ(2位、8位、10位)
フランス(3位、21位)
ロシア(5位、7位、9位)
イタリア(6位、16位)
[PR]
by noma-igarashi | 2013-02-23 00:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/19840085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 五輪の団体戦を理解するために(2) 女子も訳してみました >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧