111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

国体成人男子SP観戦レポ

おとといの日曜日(1月27日)、代々木体育館で開催された国体のフィギュア成人男子、女子を観戦してきました。入場無料だというので、出場者の顔ぶれによらず見に行くつもりでいましたが、間際になって、男子は織田選手、女子は鈴木明子選手や今井遥選手が出場すると知り、うれしい反面、「これは混むかも」という不安も。

入場開始13:00、試合開始14:00だというので、友人と12:00に会場前で待ち合わせることに。ただ、当日11:00頃に家を出てから、「一般客が観戦できるブロックは南北3ブロックずつしかないから、みんな、早くから並んでいるらしいよ」という情報をメールでキャッチ。ひえ~。今さら知っても、もう対処のしようがないんですけど~。

…と慌てましたが、案じたほどではなかったです。いや、体育館の前にはすでにかなりの人が行列をつくっていたし、中には1人で複数の席を確保するような人もいるだろうから、「無事にすわれるかしらん」と心配な状態ではありました。ただ、友人が私より早く到着して並んでくれていたし、「南ブロックは混むだろうから、北ブロックにしよう!」と、待っている間に決めておいたのもよかったのかも。入場するや脱兎のごとく駆けていかなくても、けっこういい席が確保できました。北ブロックはH、K、Jブロックが一般に開放されていたのですが、Hブロックの前から7列目、Kブロック寄りの通路側(座席表)。普通の試合だと、十分、スタンドS席なのでは? おかげさまで、よく見えました。

ただ、A~Gブロックまで(南はE~Lブロック)、広範囲にわたって取られていた関係者席にはまばらにしか人がすわっていなくて、もったいないなあ、と思いました。「混んできたら一般に開放するかも?」などと思ったりもしましたが、そんなことはなくて、新たに解放されたのは北ブロックの2階席のみ。それで席は足りていたようでした。客層も、熱心なフィギュアファンだけではなく、私の後ろの席は、関西から地元の選手を応援に来た人たちのようでした(そういう人たちも一般席にすわるのなら、関係者席はどういう人たちのために確保されていたんでしょう?)

会場に入ったときは、女子の公式練習がまだ行われていました。最後のグループに鈴木明子選手がいたので、SPの練習をバッチリ見られたのがお得な感じでした。今季のSPを生で見るのは初めて。練習ではジャンプもきれいに決まっていました。



試合は男子から。出場者が20人だったので、どういうグループ分けにするのかなと思っていたら、5人ずつ4グループでした。第1グループ=堀之内雄基選手(埼玉)、近藤琢哉選手(東京)、江口弘樹選手(京都)、村松成選手(神奈川)、坪井遥司選手(岡山)。東京ブロックや全日本で演技を見たことのある選手が多い中、たぶん江口弘樹選手を見るのは初めてだったんじゃないかなと思います。

第2グループは豪華メンバーが多くて、近藤眞樹選手(兵庫)、大上偉才選手(岡山)、河野元選手(愛媛)、中村健人選手(東京)、織田信成選手(大阪)。

まずは、久しぶりの大上選手! うれしい水色のひらひら衣装! 回るたびにひらひらするんです~。ああ、大上君だよお。おまけに、現役を引退しているのに、3Aがきれいに成功! ノーミス! 演技後、本人もガッツポーズ! お見事でした(今、試しに彼の名前でググってみたら、国体の記事がヒットしました。リンクしておきますね)。

次に、健人君。相変わらずカッコいいです。彼もノーミス。特に、冒頭のコンビネーションジャンプが迫力満点でした。77.57点という、その時点では別次元の得点。

が、それをあっさり抜き去ったのが、このグループの最終滑走・織田君。4-3の連続ジャンプがすごかった! うっひゃ~! という感じでした。それ以降もパーフェクトで、素晴らしいのひとこと。もちろん、スタオベしましたとも。本人も号泣のキスクラ。92.29点という得点はナットク。国内の試合だから高めに出たとは思わないです。

製氷をはさんで第3グループは、郡山智之選手(福岡)、小沼祐太選手(埼玉)、林雄太選手(京都)、玉田裕也選手(愛媛)、磯崎大介選手(大阪)。やはり西日本の選手はなじみが薄いかな。私、京都府の出身なんですが、京都の選手は2人とも初めて見ました。(てか、私が京都府民だった頃は、2選手ともまだ生まれていないってば)

第4グループは、山田耕新選手(福岡)、佐々木彰生選手(神奈川)、吉田行宏選手(兵庫)、木原龍一(愛知)、橋爪峻也選手(愛知)。なんといっても、今回の国体のお目当ては彰生君だったので、やっと登場してくれました、という感じ。大きなミスはなかったものの、3Aはクリーンじゃなかったし、健人君との点差(約6点)はやむを得ないな、という出来だったかなと思います。それでも、彼らしい演技で会場を沸かせてくれました。

…と、男子だけで今夜は力尽きてしまいました。女子はまた日を改めて(というか、書けたら書きます、ということで)。

それにしても、国体って開催県が勝つものだと思っていたけど、出場者を知った段階では「フィギュアはそういうわけにはいかないのでは」と思い、次に、SPが終わった段階で、「2人の合計点でいけば、東京都が勝っちゃいそう!?」と思いましたが、最終的に成人男子は東京都2位でしたね。大上君の活躍で、岡山県が優勝! おめでとうございます!
[PR]
by noma-igarashi | 2013-01-30 01:03 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/19704379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今ごろ全米男子 ユーロ順位予想 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧