111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

映画「レ・ミゼラブル」

公開中の映画「レ・ミゼラブル」を見てきました。ミュージカルの映画化だそうですが、ミュージカルのほうは一度も見たことがなく、知識もほとんどありません。見に行こうと決めた段階で、「あ、これってミュージカルなのか」と思ったぐらいでして(汗)。という状態で、なぜ見に行こうと思ったかといえば、映像化された「レ・ミゼラブル」を見てみたかったから。完訳は残念ながら読んでいないのですが(いずれ読みたいと思いつつ…)、子供の頃、家にあった「岩波少年少女文学全集」で翻案されたものを読みました。

「レ・ミゼラブル」は完訳だと4~5巻ある長編。それを読んでいないので、あくまでも想像ですが、映画での端折られ方は、少年少女文学全集と同じぐらい。ただ、ミュージカルのおかげで、やや強引かなと思われる物語の展開もべつだん気になりませんでした。また、これもミュージカルのおかげで、「フランス人のはずなのに英語!」というのも、ふだんのようには気にならず。



子どもの頃、はらはらドキドキしたり、感動に胸が熱くなったりした「レ・ミゼラブル」ですが、このトシになって見ると、物語や人物の設定でやや疑問に感じる点も。完訳を読めば、また違うのでしょうか。ひとつはジャベール。子供の頃は、彼がジャン・バルジャンを執拗に追いかけるのは刑事として当然だと思っていましたが、今回の映画を見た限りでは、今ひとつピンときませんでした。バルジャンより悪質な犯罪者は山ほどいるに違いないのに、なぜあそこまで、といますか。ジャン・バルジャンがマドレーヌ市長を名乗っているとき、ジャベールが逮捕しようとしたファンテーヌを市長が釈放したため、それを面白からず思っていたところ、実は身分査証の犯罪者だったと判明して、怒りや憎しみの対象になった、ということでしたっけ。もうちょっと人物像を掘り下げたほうが、見ているほうとしても、感情移入しやすかったかなと思います。

もうひとつはマリウス。彼の人物像ももう少しくわしく描かないと、革命(暴動)で仲間が死んでしまった後、コゼットに簡単に癒されるわ、幸せな暮らしに戻るわで、うすっぺらな人間に思えてしまうのでは。見ていて、「若者よ、それでいいのか」と感じてしまいました。端折るところは端折らなければ時間内に納まらないから、やむを得ないんだろうな、とは思いつつ…。

ところで、古い時代のフランスを舞台にした映画では、当時の街並みの再現を見るのも楽しみです。今回のいちばんのヒットは、これ! バスチーユの象。映像で見られるとは思わなかった。大満足。
e0073856_1245990.png

[PR]
by noma-igarashi | 2013-01-20 12:05 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/19596988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 週末「カルメン」三昧 今季のアイスダンス >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧