111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

東日本選手権、観戦レポ(女子)

日曜日の東日本選手権、せっかく行ってきたのだから、やはり女子の観戦レポも書いておきますね。女子はメモを取らなかったので、覚えていることだけになりますが。

男子フリーが終わったあと、女子フリーが始まるまで15分の整氷タイムがありました。サンドイッチを持参していたので、この隙に食べておこうかなと思っていたところ、「1階の貸靴コーナーの前で男子の表彰式を行います」というアナウンス。それは見に行かなくちゃ。

すでに人だかりができていたため、表彰式は横のほうから見る破目になりましたが、台に上がる前のメダリスト3人を間近で見られました。そのとき撮った写真が、2つ下の記事にアップしたやつです。氷上ではなかったので、3人は運動靴を履いていました。

表彰式を見ているうちに、整氷タイム終了。午後からは、女子のみ観戦予定の友人が来ることになっていたので、席にいたほうがよかろうと思って、戻りました。友人は、第1グループの1人目の演技が終わったところで到着。



第2グループには村主章枝選手、石川翔子選手が登場。村主選手のほうは、東京ブロックでも演技を見ていたので、こういってはなんですが、この滑走順もありかな、という受け止め方だったのですが、石川翔子選手まで第2グループだったのには驚きました。SPのプロトコルを確認したら、コンボが「2F-3T<<」になったうえに、単独ジャンプで再び「3T」を跳び、これがノーカンになってしまったんですね。想像するに、「3F-2T」を跳ぶはずが「2F」になってしまい、せめてセカンドジャンプを「3T」にしようと思って、うっかり「3T」を跳んでしまったということかしら?

村主選手の演技は、東京ブロックのときよりはよかったと思いました。115.58という点数は、その時点ではダントツの1位。ただ、最終的には11位で、全日本出場を逃してしまったのですね…。石川翔子選手のほうは、ノーミスの素晴らしい演技。スタオベしている人もいたんじゃなかったかしら。全日本ではSP、フリーともにいい演技ができますように。

第2グループが終わったところで、整氷タイム。1階のロビーに降りて、ここで腹ごしらえ。なんだかんだと時間を取られ、第3グループ1番手の選手は見逃してしまいました。第3グループの選手のスコアが出ると、そのつど、ついつい、村主選手がその時点で何位かということを確認しておりました。第3グループが終わったところで5位。

いよいよ最終グループ。滑走順があいまいですが、最初が今井遥選手だったかな? 今季のプログラムはSPも好きですが、フリーもいいですね。彼女の演技まで無料で見られてしまうなんて、すごく得した気分。さすがの演技内容でした。それまでの暫定1位のスコアを軽く上回る154.12。

鈴木真梨選手もよかったです。ほぼノーミスの演技で、スタオベする人も。近くの席の女性が「真梨ちゃん、すごくきれいだった~」と感動した様子で口にしていたのが印象的でした。ミスがなかっただけじゃなくて、プログラムも衣装も、しみじみと美しい、という感じだったんです。

庄司理紗選手は、ミスもありましたが、魅力的な演技でした。こういうかわいい雰囲気がまだまだ似合いますよね。というか、ジュニアとして滑っていた去年のプログラムのほうが大人っぽかったような…。かわいい系のプログラムは、むしろシニア選手の中で滑ったほうが引き立つのかもしれないですね。

最終滑走は西野友毬選手。6分間練習のとき、彼女は何度かルッツに挑戦し、そのつど転倒していました。練習終了のアナウンスがあった後にも…というか、終了ギリギリのところでも挑んで、やはり転倒。どうなるかと見守っていたところ、本番では見事に成功! うわあ、やりましたよ! パンクしたジャンプもありましたが、なかなかいい演技だったのでは。

バスの時間が迫っていた手前、西野選手のスコアが出る前に会場を出てしまったのですが、彼女が2位だったんですね。おめでとうございます! 男子に比べると、いつの間にか女子の選手層のほうが薄くなってきた感のある日本チームですが、中野友加里選手や鈴木明子選手が20代になってから本格的に活躍を始めたように、そろそろ彼女が開眼してくれないものかしら、と思う今日この頃でありました。

(おまけ)
Twitterで教えてもらった、明治大学SPORTS WEB「スケート部(フィギュア部門) 明大から6人の選手が全日本へ/東日本選手権」の記事。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-11-07 00:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/19167760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 11月の電気使用量 東日本選手権、観戦レポ(男子のみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧