111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

今季フリー「道化師」に思うこと

JOから1週間。当日の観戦記では、ダイスケの演技だけ動画を貼り付けて終わらせてしまったので、この機に思うところを少し書いてみることにします。実は、JOの後でフランスのフォーラムを覗いてみたところ、こんな会話が交わされていました。

原文はこちら
Tommy「高橋のプログラムは、テクニックの面では意欲的だけど、いかにもモロゾフっぽい振付なのが残念だな」
Machin「彼のプログラムはモロゾフじゃなくてシェイリーンの振付だよ」
Tommy「そうなんだ。最後の大袈裟なステップシークエンスがモロゾフ的だと思ったんだけど、シェイリーンは以前、モロゾフに協力していたわけだしね。悪くない振付だけど、昨シーズンのプログラムに比べたら、予想できる範囲に収まっているかな」


さらに、上記では端折ったMachinさんのコメントの中に、興味深いというか、ちょっと考えさせられる意見が含まれていたので、以下にくわしくご紹介してみます。文法的にわかりづらいところは推測で補ったので、訳として間違っているところがあったら、その部分は私の意見だと思ってくださって結構です。



まず、笑っちゃいけないんだけど、「彼のプログラムはモロゾフじゃなくてシェイリーンの振付だよ」と訂正を入れたときの、Machinさんの理由の説明がおかしい。くわしくご紹介すると、こんな具合です。(^^;;;
「高橋のプログラムはモロゾフの振付けじゃないよ。だって、息を整えるために30秒ごとに立ち止まったりしないし、ステップシークエンスのとき、音楽を解釈しているふりをしてもいないし」
それに続けて、こんな感想も。
「難点をあげるとすれば、最初の3つのジャンプが終わるまで、つなぎがスカスカなこと。でも、なんといっても4回転を2つと3Aを跳ばなくてはいけないんだから、それは仕方のないことだね」

さらに、Tommyさんの2回目のコメント「悪くない振付だけど、昨シーズンのプログラムに比べたら、予想できる範囲に収まっている、云々」という意見の後で、こんなふうにも書いています。
「高橋が宮本の振付を選ばなかったのは残念。彼はプログラムのつくり方を知っているよ。フリーに関しては、去年のほうがよかったな」

フランスでは(といっても、わずか2人の意見だけど)昨シーズンのプログラムのほうが評判がいいようです。私としては、今季のプログラムも好きなんですが、「昨シーズンのプログラムに比べたら、予想できる範囲に収まっている」という意見もわかる気がします。去年のブルースのように、「こんなジャンルにも挑戦しちゃうんだ」という感じの、意表を突かれるプログラムではないと思うので。

モロゾフの振付と間違えた人がいるのも「なんかわかるな」と感じてしまう濃い世界は、ダイスケにすごくしっくりきてしまう。それだけに、ファンの身としては「くう~、たまらんぜ!」と思ってしまうわけですが、一方で、Tommyさんのような感想につながるのも、納得といえば納得。

となると、ここはひとつ、1シーズンかけて、これでもかというぐらいに濃い「道化師」をつくりあげ、ダイスケらしい世界を極めてほしいです。そうだなあ…、たとえばJOのときのように、演技が終わった時点で、終わるのを待ちかねてスタオベするのもいいけど、観客全員が放心状態で立ち上がれないぐらいの演技をお願いしたいです。

それと、「高橋が宮本の振付を選ばなかったのは残念」という意見に対しては、まだ来年がありますから。五輪シーズン、そして現役最後のシーズンに、宮本賢二プロで締めてほしいです(ただ、モロゾフも自分が振付をするつもりでいるらしく、ちょっと心配ですが…)。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-10-13 00:43 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/19027810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yunnan at 2012-10-13 22:55 x
こんばんは、NOMA-IGA様の感想をぜひ、お聞きしたかったので、記事を書いてくださってうれしいです!
私は、ダイスケ選手の「新境地」と思っています。今までにない、重厚な人間ドラマを複雑なクラシック曲で表現するチャンレジをしてくれてる!と感動しました。NOMA-IGA様同様、シーズン最後には「劇場」が見られるようになるんじゃないかと本当に楽しみです。
最初の4T-4T2T-3Aのつなぎは、滑り込みと4Tの安定感が出てきたらもっと入ってくると思ってて心配してませんよ~。
Commented by ニルギリ at 2012-10-14 01:28 x
こういう感想、絶対出るはず…と思っていたので、思わずニンマリしてしまった私です(笑)それにしても皆ニコライの欠点をよくご存知で(汗)
衣装もモロゾフしてましたから、彼の振付と思うのもわかります。
まだできたてのフリーですから、これから変わっていきますよね。
思うにダイスケがニコライのミューズとなりニコライが変わるのではと…ニコライのせいでダイスケが平凡になったと言われたらニコライも面目丸つぶれで…まあ、そん時は別れればいいだけなんですが(笑)
私はフリーとSPのチャラ男というかナンパにがんばるプロとのギャップがいいんじゃないかなと思ってます。今季はどっちかいうとSPの変遷が面白いかもと。
とにかくJOの「道化師」はあらゆる意味ですごかったので、ここからシーズンはじまるってファンとしては幸せですよね。
Commented by NOMA-IGA at 2012-10-15 09:40 x
>yunnanさん
こんにちは! JOを見てきた直後は興奮冷めやらず、言葉がうまくまとまりそうになくて、ダイスケの分だけ感想が遅くなりました。

ダイスケのプログラムで、使用曲にストーリー性があったものとしては、「オペラ座」「ロミジュリ」「道」などがありますが(というか、先日の投票で選択肢にしたものが全部そうですね)、今季の「道化師」は、むしろストーリー性のない「ブエノスアイレスの四季」と比べてみると面白いかも、とyunnanさんのコメントを読んで思いました。
「ブエノスアイレス」も人間の苦悩のようなものがテーマだったかと思いますが、あのときの抽象的な苦悩とは、初見の「道化師」はすでにまったく違う感じ。見る者を引きずり込んでいく、まさに劇場型の苦悩とでもいいましょうか。
シーズンを通して、どんどん濃く、こってりと、これでもか的なプログラムにしていってほしいです。

演技冒頭の3つのジャンプ(4T、4Tコンボ、3A)が終わるまでの振付については、こちらとしても、ジャンプが成功するかどうかに気持ちが集中していたので、実はあまり気にしていなかったです。フランスのフォーラム、チェックが細かいし。(^^;;;
Commented by NOMA-IGA at 2012-10-15 10:18 x
>ニルギリさん

こんにちは。
ダイスケとニコライのタッグ再開のこと、ニルギリさんのおっしゃる通りですね。
ニコライのことついては、ダイスケが決めたことなのだから、そのまま受け入れるのが一番だと思って、これまでブログでもtwitterでもまったく感想を書いてこなかったんです。なので、自分なりにじっくり考える機会がなかったともいえるのですが、ニルギリさんのコメント(↓)を読んで、本当にそうだなと思いました。

>ニコライのせいでダイスケが平凡になったと言われたらニコライも面目丸つぶれで…まあ、そん時は別れればいいだけなんですが(笑)

先日のテレビで、ダイスケがロシアのトレーニングセンターで練習しているようすを見ましたが、ロシア人がコーチだとはいえ、ああいう場所を外国の選手でも利用できるんだと、ちょっと驚きました。練習環境はよさそうなので、その点はひと安心。

ともかく、「道化師」は私も初見で魂を持っていかれちゃったクチなので、今後がますます楽しみです。
<< 083:邪(五十嵐きよみ) 082:苔(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧