111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

国別対抗2日目の観戦レポ(男子フリー)

国別対抗2日目の観戦レポ、最後まで書いてしまうことにします。覚えていることだけ。
男子フリーの前半グループ。ロシアの2選手は、曲負けしているというか、演技よりも音楽の大きさのほうが目立ってしまっていました。テレビだとそれほど気にならないけれど、生観戦していると、このように感じてしまう選手がしばしばいます。これではちょっと点数は伸びない。でも、どちらもまだ若い選手だから、これからどんどん経験を積んで、成長していってほしいです。

イタリアの2番手バッキーニ選手も残念な出来でしたが、プログラムが「セビリアの理髪師」で、いかにもそれらしい振付が散りばめられていて、ミスが多いなりに見ごたえがありました。これがノーミスだったら、絶対、すごく楽しいプログラムになるだろうになあ。「道」路線の延長で、ダイスケがこういう曲を滑っても面白そうに思いましたが、「道」の二番煎じになってしまうかな?

SP8位のこづは、どうなることかと心配していましたが、フリーはまずまずの演技だったと思います。4Tの転倒は、調子がよくても起こりうるミスだから、まあ仕方ないかなという感じ。だから、大きなミスとしては、3Aがすっぽ抜けて1A+2T+2Loのコンボになってしまったこと。大技で稼げないとなると、点数としては痛いですが、見た目としては「よく頑張った」という印象でした。



後半グループの6分間練習。チャン以外、みんな真っ黒でした! テレビだと、衣装の細かいデザインまで見えるけれど、会場ではそういうわけにいかないので、選手の見分けがつきにくかったです。ちょっと目を離すと、どれがダイスケだかわからなくなりそうで、他の選手は諦めて、ダイスケばかり追いかけていました。途中、ダイスケとジュベが並んで滑ってきて、二人ともアクセルの構え。うわあ、最強のサイドバイサイドの3Aが見られる!? と興奮しましたが、残念ながら、ダイスケは跳んだものの、ジュベは構えのポーズだけで終わってしまいました。

後半グループの演技。マッチ棒レイノルズは3種類の4回転を組み込んだプログラム。冒頭の4Sは例によってひゅるひゅるひゅる~と決めてしまいましたが、その後はちょこちょことミスも。演技後、点数が出るのにすごく時間がかかっていたので、「これは回転不足があったんだろうね」と友人と話していたら、案の定(というか予想以上の)低スコア。うーん、キビシイ…! 

ジュベは、名前のアナウンスがあったとたん、客席から大きな歓声が上がりました。改めて、彼の人気の高さを再確認。着氷が乱れるジャンプもありましたが、世界選手権に続いて、彼がまだまだメダルを狙えることを知らしめる演技だったと思います。来季も楽しみですね。

残り2人のところまで来て、やはり優勝の行方は気になりました。ダイスケか、パトちゃんか。SP終了時点で、ダイスケとパトちゃんの差は4点ちょっと。これぐらいならひっくり返される可能性があるので、けっこうドキドキしながら観戦しました。パトちゃんにミスがあったので、SPの貯金もあることだし、これなら勝てるかなと思ったものの、いざパトちゃんの点が出てみると、それまで暫定1位だったジュベを軽く上回る260点台。

260点台って、かなりの高得点ですよね。優勝を争うには十分すぎる点数。なので、ダイスケの番になり、神演技で興奮しつつも、「これで負けたらどうしよう!?」という気持ちが心の片隅にありました。ブーイングはしないまでも、点数を聞いたとたんに「ええ~!!」と声を上げてしまうのは間違いないし、あまりにも割り切れない、納得できない。でも、GPファイナルでも世界選手権でも、そういう思いを味わってきたわけだから、結果が出るまではけっこう緊張していました。点数がアナウンスされると、順位を聞くまでもなく、確実に勝てたとわかる点数だったので、本当にホッとしました。優勝もしてほしかったけど、見た目の印象に見合った点数が出たことがとにかくうれしかったです。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-04-25 00:33 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/17851577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by noel at 2012-04-25 09:06 x
こんにちは。
国別対抗現地でご覧になったのですね。テレビでもとっても楽しかったので、会場はさらに盛り上がっていたと思います。
2007年の世界選手権SPの6分間練習では高橋選手が4回転を跳びに行こうとすると何人かのスケーターが同じ方向でジャンプを跳びに行き、高橋選手は跳ぶのをためらう光景が何度かありました。翌日のFSではそれでもがんがん跳びに行っていました。そういうところから競技ってあるんだと思いました。
ジュベールはファンではなかったのですが、長年みていると元気な演技を見せてもらうと嬉しいですね。
高橋選手のFSはあの期待の中で世界選手権後のことを思うと素晴らしい演技でした。そして、フランス、イタリア、アメリカのスケーターが高橋選手にスタオベでキスクラの周りに集まったのが感動でした。あの時は会場ではどんな感じだったでしょう?私は集まったスケーターはニースの得点より上を出せ出せ!とアピールしているように見えました。(それは都合のいい私の思いこみですが)PCSでやっとチャンの上を入って点数よりそのことにほっとしました。
Commented by NOMA-IGA at 2012-04-26 23:40 x
>noelさん
こんばんは! 改めて読み返してみると、ダイスケの演技に関しては、点数のことばかり書いてしまった感じですね。実際には、点数のことが頭をよぎったのは、パトちゃんのスコアが出たときと、ダイスケのスコアが出る直前で、それ以外はただただ、ダイスケの演技の素晴らしさに酔いしれておりました。私はとっさに「これで負けたらどうしよう!?」と思ってしまったけれど、勝利を疑わなかった人のほうが多かったんじゃないかな。

あのときは、演技が終わるのを待ちきれないように、会場全体がスタオベしていました。点数が出る頃になっても、フラワーガールたちが拾いきれないほどのリンクの花束。海外の選手たちまで点数を期待するようなしてくれて、ほんと、「この場にいられてうれしい!」と感じたひとときでした。
<< お気に入りのプログラム 国別対抗2日目、観戦レポ >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧