111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

四大陸、男子の試合が終わって思うあれこれ

四大陸男子、終了しました。1位、2位は、まあ予想通りといえば予想通り。注目の3位はロス・マイナー君。残念ながら、日本人男子の複数メダルはなりませんでした。

今日いちばん思ったのは、あれですね。ライバル選手にミスがあったのに、納得できない高得点が出るのもキツイけど、ミスのない演技で高得点が出て、「これでは勝てない」と思わされるのもキツイなあ、ということ(汗)。どっちがマシかと問われれば、うーん、やっぱり後者でしょうかねえ。ファンの心理として、四大陸で勝てなければ本当の勝負は世界選手権だ! と思い、世界選手権で勝てなければ本当の勝負はソチだ! と思うんだろうなあ。ええ、そう思いながら、どこまでもついていきますとも。



ただ、ソチの話を始めると、パトちゃんはソチではどうなのかな、という気もします。もしかしたら、彼の場合、五輪の谷間に選手としてのピークを迎えてしまうことになるのかもしれない。四年に一度のイベントは、そのへんが難しいですね。自分の力だけではどうしようもない部分です。プル様のように、3回出場して3回ともメダルを取り、4回目をめざす選手もいますが、なかなか同じようにはできないわけで。実際、パトちゃんはすでに、同じ条件を満たせなくなっているし(1回目の出場でメダルを取れなかったから)。ソチの頃になると、ゆづとかガチ君とか、これから伸びてくる選手のほうが有利になっていそうな気もします。

ダイスケもソチをめざしているわけですが、もしも出られたら、3回目のオリンピックということになります。3回も見られる可能性があるというのは、うれしいことですね。トリノ五輪のときは、まだファンというわけではなかったけれど、ちゃんと覚えているし。日本人で3回も五輪に出場した選手、そんなにいないのでは? 調べたら、男女ともに、まだいませんね(こちらのサイト参照)。強いていえば、井上怜奈選手が日本国籍で2回出ていて、アメリカ国籍で1回出ているから、3回といえば3回。

スポーツ選手を応援している以上、試合に出場すれば、やはり勝ってほしい。ただ、近ごろ、何をいちばんの喜びとしてその選手を応援しているのかなあ…と、しばしば考えます。ダイスケの場合、演技から受け取る感動というのも大きいですが、改めて思うのは、ネットが生活の一部になった中で初めて応援することになった選手ということで、試合のたびに一喜一憂する気持ちを大勢のダイスケファンと共有しながら応援する面白さ、そしてまた、ネットで知り合ったファン同士が交流できる喜びがあるということも大きいな、と思います。貴重な経験をさせてくれて、ありがとう。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-02-11 23:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/17357051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 四大陸男子の新聞記事 006:時代(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧