111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ファイナル男子6選手のスコア比較

ダイスケVS.パトちゃんのスコア比較をしたのに続き、GPファイナル事前企画その2として、男子の出場者6人のスコアを比べてみたいと思います。今回はPCSの詳細を比べるのではなく、主にTESの基礎点とGOEを比較してみることにしました。というのも、ダイスケはSPで4回転を跳ばず(たぶん)、フリーでも成功率が低いので、4回転をがんがん跳んでくるであろう若手と基礎点がどのぐらい違っているんだろう、ということが気になったからでした。

結果は以下の通り。赤字が6人のうちでの最高得点です。

【SP】
                    基礎点 GOE TES  PCS
パトリック・チャン     第1戦 36.80 3.58 40.38 42.90
パトリック・チャン     第2戦 38.30 2.90 41.20 43.96
高橋大輔          第1戦 35.70 6.71 42.41 42.25
高橋大輔          第2戦 36.60 9.54 46.14 44.29
ジェレミー・アボット    第1戦 36.10 4.29 40.39 38.93
ジェレミー・アボット    第2戦 35.70 6.34 42.04 41.50
ミハル・ブレジナ      第1戦 36.40 5.65 42.05 37.03
ミハル・ブレジナ      第2戦 31.80 4.71 36.51 37.81
ミハル・ブレジナ      第3戦 36.40 4.22 40.62 38.39
ハビエル・フェルナンデス第1戦 39.20 6.40 45.60 39.11
ハビエル・フェルナンデス第2戦 36.50 3.61 40.11 38.39
羽生結弦          第1戦 40.90 4.03 44.93 36.44
羽生結弦          第2戦 42.50 2.70 45.20 37.58

【フリー】
パトリック・チャン     第1戦 77.30 7.52 84.82 87.64
パトリック・チャン     第2戦 66.78 5.52 72.30 85.14
高橋大輔          第1戦 68.59 0.78 69.37 83.84
高橋大輔          第2戦 74.02 6.02 80.04 90.28
ジェレミー・アボット    第1戦 64.81 4.86 69.67 80.50
ジェレミー・アボット    第2戦 62.47 1.63 64.10 83.44
ミハル・ブレジナ      第1戦 60.12 4.38 64.50 73.42
ミハル・ブレジナ      第2戦 61.55 6.17 67.72 76.56
ミハル・ブレジナ      第3戦 69.49 1.43 70.92 76.42
ハビエル・フェルナンデス第1戦 82.53  2.95  85.48  81.14
ハビエル・フェルナンデス第2戦74.05 7.72 81.77 81.36
羽生結弦          第1戦 70.26 2.54 72.80 74.36
羽生結弦          第2戦 76.82 5.68 82.5078.38



ざっと見たところ、SPではダイスケのGOEが突出しているものの、フリーではそれほどでもない…というか、ほかの選手もけっこう高いGOEを出しているんですね。漠然と、SP、フリーともにダイスケがGOEを稼ぎまくっているのかと思っていたので、フリーの結果はちょっと意外でもあり、なんとなく安心した、という感じでもあります。応援している選手のGOE、PCSが高いのはうれしいですけど、他の選手のファンの人に「度を越している」と思われるほどだと、ちょっとどうかという気もしてしまうので。

そのほかに意外だったのが、SPの基礎点の最高スコアがゆづの第2戦だったこと。試合を見ながら「第1戦よりTESが高い~!」とは思ったものの、6選手の中でいちばんの基礎点だとは思いませんでした。4Tが回転不足を取らなかったのも大きいですけど(GOEで引かれるだけだから基礎点には影響しない)、スピン、ステップがすべてレベル4だったのも大きい。ジャンプ以外の要素でハビエルに差をつけていますね。

この基礎点で、ジャンプミスがなければTESはいったい何点になっちゃうのさ。えーと、仮に第2戦の基礎点に第1戦のGOEがついたとしたら、合計46.53ですか。うーむ。NHK杯のダイスケのTESを上回ってしまいますね。

そこで新たに気になったのが、ダイスケの第2戦とゆづの第2戦のSPで、ジャンプ以外の要素だけを比較すると、基礎点+GOE(つまりTES)ではどっちが上だったの?ということ。ジャンプで差をつけられるのは、ひとまず現状ではやむを得ないとして、それ以外ではやはり勝っておきたいじゃないですが。というわけで、調べてみました。結果は以下の通り。

高橋大輔
    基礎点 GOE TES
FSSp4 3.00 0.86 3.86
CCSp2 2.30 0.57 2.87
SlSt4  3.90 1.90 5.80
CCoSp4 3.50 1.07 4.57
合計  12.70 4.40 17.10

羽生結弦
FCSp4 3.20 0.57 3.77
SlSt4  3.90 1.00 4.90
CSSp4 3.00 1.00 4.00
CCoSp4 3.50 0.86 4.36
合計   13.60 3.43 17.03

しぇ~! かろうじてダイスケが勝ってますけど、わずかに0.07差! スピンの1つがレベル2だったのが痛かった。第1戦ではレベル4を取れているから、心配いらないとは思いますが(ただし、その分、ステップがレベル3)、いやはや、1つも気を抜けないですね。もちろん、PSCではダイスケが問題なく上回っているから、TSSの勝負になれば心配いらないですが、そのことに安心しているわけにはいかないなあ…。いや、ダイスケ自身はまったく安心していないと思いますけど、応援する身として。

それ以外の選手に関しては、アボちゃん、ミハルは、この中でメダルを争うには4回転がないとちょっとキビシイかな、という印象。ミハルのPCSがハビエルより低いのは、えっ、そうなの? と思ってしまいますが、どうなんでしょうね。
[PR]
by noma-igarashi | 2011-12-07 00:37 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/17021835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今月の電気使用量 五首選会に参加します(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧