111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

昨日の日経記事を読んで

昨日の日経記事「フィギュアの世界」、読みごたえがありましたね! 数日前の「SANKEI EXPRESS」でも世界選手権の反省と今後について語ってくれていましたが、今回はそれ以上にたっぷりと、聞きたいと思うこと、こうあってほしいと思っていたことを語り尽くしてくれました。すごくいい内容。自分を冷静に分析できていて、周囲の人を大事にし、悲観的すぎず、楽観的すぎず、正直なんだけど、無防備ではなく――。読んでいて、ほれぼれしました。自分がこういう選手を応援しているんだと思うと、ファン冥利に尽きますね。



読んでいて、うれしいなあと思ったところは山ほどありますが(というか、いちいち抜き出すまでもなく、記事全体がうれしかったんですが)、浮かれていくつか挙げると、今後、シーズンごとに新しいプログラムを見せてくれそうなことだとか、日本男子の代表争いがこれからますます激戦になりそうなことについて、「そんな状況は面白いですし、やりがいもあります」と受け止めているところだとか、来季はSPから4回転を取り入れるつもりだということだとか。今季はまだ無理をしないでほしいという気持ちもありましたが、膝のボルトも抜いたことだし(おめでとう!)、ここはぜひ挑戦してほしい。細かいところでは、ミハル君の名前を出すのに、わざわざ「僕の好きなスケーターの」と形容しているのもいい感じでした。

そして、いちばんうれしかったのは「スケーティングも習いたいです」という箇所。「ええ~? 今でも十分うまいじゃない」とは思いましたけど、これって、わかるなあ。人間だれしも、得意なこと、人よりもうまくできることがあるものですが、習わなくてもそれが簡単にできてしまうのは、最初だけだと思うんです。それ以上にうまくなりたいと思ったら、やはり、常に向上心を持って、常に努力しないと。余談ながら、私は近ごろ、「日本語がうまくなりたい!」と切実に思います。ちょっとできることに甘えて、長らく怠けすぎていました(汗)。

というわけで、本当にうれしい内容の記事でしたが、唯一、この箇所についてだけは物申したいことがありました。皆さん、どう思いました?

「小塚崇彦選手が銀メダルをとってくれて、男子フィギュアへの注目は今後も続くはずです。選手としては悔しいけれど、これはうれしいこと。リンクで感じる応援のパワーって大きいんです。」

あのですね、前にどこかで読んだ記事によると、女子は確かに幅広い層に人気があるのだけれど、すそ野のファンはテレビ観戦が中心。一方、リンクまで試合を見に行くようなファンは、女子も応援しているけれど、男子のファンが多いのだとか。自分と自分の周囲を思い浮かべても、これは当たっているなと思います。

そして、男子のファンの大半(言い過ぎ?)は、なんたってダイスケのファンでしょう! ということはですよ、彼が現役でいる限りは、彼が出場する試合で、男子を応援する観客が減ってしまう、なんていうことは絶対に起こらないです。問題は、彼の引退後でしょう。試合だけじゃなくて、フィギュア雑誌の売上げも激減するんじゃないかと、業界人としてひそかに心配しています。だって、ダイスケのことが載っていないのに、あの本もこの雑誌も、これまで通り、残らず買っちゃいます?

でも、そんなことを心配するのも、まだ先の話。ソチまで3年。あっという間に過ぎていきそうな気もするけれど、1年1年、彼の演技を見られる幸せをかみしめながら、応援していきたいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2011-05-21 00:24 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/14813013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春紅葉 at 2011-05-21 21:43 x
NOMA-IGAさん、こんにちは~。

この記事、大ちゃんが感じる逆風の中にはスケ連等関係者の一部(S田氏の悪意さえ感じられる推測で書かれたコラムとか)も含まれているのではないかとつい邪推してしまう今日この頃、絶妙のタイミングで今知りたいことを余すところなく伝えてくれていると思いました。

いつも良いタイミングで人を引いてくる、いつの間にかチームと呼ばれるようになった、と言われていますが、そのチームの中に新聞記者も入れたいくらい、複数の新聞系メディアで良い記事書いてもらっているのではないでしょうか。

でNOMA-IGAさんの物申したいことですが、「だから」なのでは?と思います。つまり自分が現役引退したあとのことまで考えているということです。

こう書くと上から目線に思われてしまいそうですが、そもそも大ちゃんが会場で自分のファンが一番多いと自覚していないはずがありません。おそらく自分が現役でいる限りチケットの売れ行きは心配する必要がないであろうということも。

長くなったので続きます。
Commented by 春紅葉 at 2011-05-21 21:43 x
続き。

ここで大ちゃんの言う注目とは裾野を広げるということ、フィギュアは男子も面白いと一般層にも認識してもらうことだと思うのです。
だからゴールデンタイムに放送された今回、大ちゃんがアクシデントに見舞われても日本に男子シングルのメダルをもたらしてくれたことが嬉しいのだと思います。新しいファンを獲得しなければいずれ観客は減少してしまうのですから、そのために強い選手が複数いることは重要なのだと思います。

ただしこう書きながら身も蓋もないけど、私にはやっぱり大ちゃん出場の有無が現地観戦するか否かのすべてかもしれません(笑)。
Commented by NOMA-IGA at 2011-05-22 11:29 x
>春紅葉さん
こんにちは。ああ~、なるほど。私が物言いをつけた箇所は、彼の引退後のことも含んでいるわけですね。気づかなかったけど、言われてみれば、そうかもしれません。

スケ連の人のことは、十分な情報を持っていないのでよくわかりませんが(そもそも、スケ連と選手の関係というのが私には今ひとつわかっていない…)、スケ連のような組織の役割として、ベテラン選手よりも若手に力を注ぐというのは、ある意味、やむを得ないのでは。
だからといって、ダイスケが特別強化選手をはずされたとかいうわけじゃないし、試合への派遣がスケ連の胸先三寸で決まるわけでもないし(世界選手権の出場条件として、特定の選手に有利な基準を設けるということは可能かもしれないけど、年齢制限でも設けられない限り、条件はどの選手も同じでは)、稼ぎ頭を連盟主催のイベントからあえてはずすとも思えないし、べつだん気にすることはないのでは? 本人は十分結果を出しているし(何と比べるかによるけど、今季の成績が悪かったとは思わないです)、ファンも支えているわけですから、心配することないんじゃないかな。
Commented by アリョーシャ at 2011-05-22 14:57 x
日経の記事、とてもいい内容でした。
昨日書類の整理をしていたら、フィギュアの新聞記事の切り抜きのファイルが出てきました。最初がトリノでフィニッシュでほほ笑む荒川さん、新しく加わるのがロシアの安藤さんと小塚君です。
トリノから5年、高橋君と安藤さんはあれから大きく成長し、すばらしい選手になりました。アクシデントがあった時、あとはスタッフを信じるのみと落ち着いて待つ高橋君を見て凄いなあと感心しました。安藤さんの鎮魂のレクイエムには涙が出そうでした。

4年前のNHK杯でファンになった小塚君が銀メダルになったのは、本当にうれしい事でした。あの時、つたないながら一生懸命にショパンを表現しようとしていた少年がこんなに立派になるとは感無量です。
高橋君はその時優勝、そして東京ワールドで銀メダル。でも、その後苦しい道のりを辿りました。小塚君もこれから大変な時があると思いす。でも、偉大な先輩たちを目標に一歩一歩前に進んでほしいです。
Commented by 白猫 at 2011-05-22 18:22 x
こんにちは、お久しぶりです(でも、ずっと拝見してました)。

わたしも、高橋大輔に惚れ直しました(笑)。
あのへにゃっとしたオフリンクの彼に騙されちゃぁダメだなぁ…と改めて反省しました。

ルール変更や、若手の台頭や、さまざまな要因も含めて、全部受け止めることからはじまるのだ、と…う~む、我が身に置き換えて、言い訳過剰になってないかと自問自答してしまいました。

高橋大輔…深いッス!
Commented by NOMA-IGA at 2011-05-23 22:46 x
>アリョーシャさん、白猫さん

こんばんは~。日経記事、すごくいい内容でしたよね!
あのシリーズ、まとめて単行本にしてもらってもいいくらい。すでに読んだ内容でも、私なら買いますよ。写真付きでぜひお願いしたいです。

トリノ五輪、懐かしいですねえ。あの頃と比べると、ほんっと、彼は人間的に大きくなりましたよね。本人がよく、自分は短気ですぐに怒ってしまう、みたいなことを言っていて、私もかなりそういうところがあるから「おんなじだ~」などと思っていたのですが、今回のアクシデントのときの対応を見て、とんでもないと思いました。あんな落ち着いた態度、私には絶対にムリです~(滝汗)。どうしていいかわからなくて泣き叫んでいるか、イライラして当り散らしてるんじゃなかろうかと。見習わなくっちゃとしみじみ思いましたですよ。

あと3年、いろんなことがあると思いますけど、彼の演技を見続けられるのだと思うと、楽しみです。何があってもついていきますわ~。
<< アイスダンス感想 アイスダンスの点数に思ったこと >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧