111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

アイスダンスの点数に思ったこと

昨夜、録画しておいた世界選手権のアイスダンスをやっと見終わりました(といっても、SDは録画し損ねてしまい、ひとまずFDだけなんですが…)。それを見ながら思うところがあったので、演技の感想がてら演技の感想までは進みませんでした)、少し書いてみたいと思います。

今回のアイスダンスは、メダル候補だったペシャラ・ブルザ組(フランス)に痛恨のミスがあり、北米勢が表彰台を独占する結果になりました。1位がデイビス・ホワイト組(アメリカ)、2位がバーチュー・モイア組(カナダ)、そして3位はシブタニ兄妹組(アメリカ)。シブタニ組はジュニアから上がってきたばかりで、初出場のカップル。そして、国籍はアメリカとはいえ、外見的には日本人。ネットで漏れ聞いたところによると、ヨーロッパでは、彼らがメダルを獲得したことにけっこう抵抗感があったとか。試しにフランスのフォーラム「Passion-Patinage」の総括記事を見てみたら、やはり疑問を呈しているようでした(こちら)。「機械的でロボットのような演技」とかなんとか。

1位、2位のカップルについては、おそらくヨーロッパでも実力を認められていると思いますが、それでも、少し前までなら考えられなかったような若いメダリストですよね。そして、3位以下のカップルを大きく引き離す高得点で、PCSは9点台のオンパレードです。アイスダンスの点数については、男女シングルほど気にかけていなかったのですが、9点台のPCSって、アイスダンスでも以前は見られなかったですよね? 試しに調べたら、4年前の東京世界選手権の優勝カップル(デンコワ・スタビスキー組)のPCSは8点台中心で、7点台も混じっています。その翌年、イェテボリ世界選手権の優勝カップル(デロベル・ショーンフェルダー組)のPCSも8点台。さらに、ロサンゼルス世界選手権の優勝カップル(ドムニナ・シャバリン組)も同じ。しかし、昨シーズンの世界選手権では、今回と同じ2組が1位、2位になり(順位は今回と逆)9点台のオンパレードになっています。



思ったんですけど、この状況というのは、男子シングルでパトリック・チャン選手にものすごい高得点が出て、「優勝はいいとして、そこまで高点数を出しちゃうの?」と日本人である私が思ってしまうのに似ているんじゃないでしょうか。ヨーロッパのアイスダンス・ファンにとっては、北米の若いカップルにそれまでの常識では考えられなかったような点数が出るのを見て、「優勝・準優勝はいいとして、そこまで高点数を出しちゃうの?」と感じているのかも。推測なので、どこまで当たっているかわからないですけど。

ということは、結局、あれですね。新採点にうまく対処した選手、チーム、あるいは国から順に強くなっていく。否、点数が出るようになっていく。パトちゃんの点数がべらぼうに高いのも、新採点を極めた演技だから。そう考えると、彼だけあんな高得点が出るのはえこひいきじゃないか、などと疑心暗鬼になったり、ひがんだりしてしまうのは、間違った反応なんだろうなあ…と思えます。新採点を極めれば、おのずと点数が高くなるんです。そして、新採点への対応は、北米の選手がうまい。そういうことなんだろうと思います。

Jスポの解説で、ロシアのアイスダンスは新採点に対応できていない(対応の仕方がわからない)状態にあるというような話が出ていました。ほんと、そうなんだろうなと思います。だから勝てなくなってしまった。ただ、今回出場したロシアの2組のうち、若いほうのカップル(NHK杯に来たほう)は、今後、期待できるんじゃないかしらん。解説によると、バーチュー・モイア組を崇拝しているようだったし、初出場でメダルを取ったガチ君に触発されて自分たちも取りたい、と思っていたようだから、同じ初出場のシブタニ組にメダルを持っていかれて、相当に悔しいはず。そりゃあ頑張るでしょうよ。すごく素敵なカップルなので、そうあってほしいです。期待大!

 *

さて、演技の感想も個別に書きたかったのですが、だいぶ長くなってしまったので、今夜はひとまずここまでにしておきます。そちらは明日以降ということで。どうぞまたお立ち寄りくださいませ。
[PR]
by noma-igarashi | 2011-05-19 00:29 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/14801563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from blog オルシニアン at 2011-05-19 09:22
タイトル : 2011ワールド アイスダンスSD&FD
World Championships 2011ꥶ ХС塢ؤ쵤˼㤯ʤä軻Ǥ͡ SDƥ⤤褯狼ʤǤʴ ɽ褤ꡢβ夬ͤùߤäƤ⤷?äʡ ꡼ɻ ȾФǥ&ѹ˲ʴԤϤޤȻפäƤޤĤ졢ɤäǤ礦餷Ĺ ޥƣμ¶ˡʤۤɤȡ ˥饤νǤʷϵϤȤƤŨäΤǤ̤ˤˤϰݤ夤褦ʵƤޤ פ֤˸ϡ륢åפ褦ʡ϶ԡɴ褦˸ޤեȤ䥹ԥϤޤͤ FDϡο̥Ϥȯ褦ʴǸžݤ...... more
Commented by モモ at 2011-05-20 22:47 x
おっしゃるとおりなのかなと言う気がします。高い得点が出ている選手は、今の採点方式に対処出来ているんでしょうね。滑りが上手ければノーミスの選手よりも上にいく可能性があると言うか。でも、10点満点とかそれに近い点数って、本来そんなに出るようなものじゃないし、そうゆう点を出すのなら、他の選手にも点を上げてくれてもいいという気もするし、失敗したらもう少しペナルティのようなものがあった方がいいのでは?と言う気も。アイスダンスに関しては昔の年功序列的な所や見た目重視のような点はよくないなと思っていたので、良くなっている面もあると思いますが。
Commented by NOMA-IGA at 2011-05-21 11:00 x
>モモさん
こんにちは。こんなふうに考えてみて、少し気持ちはすっきりしたのですが、そうはいっても、PCSは基準がほとんどわからないのが曲者ですよね。どういう出来栄えなら8点台なのか、または9点台なのか。各項目で1点違えば、全体で5点差になってしまい、それを技術点でひっくり返すのは大変だということにも変わりはないし…。

アイスダンスについては、旧採点と新採点のはざまでわりを食ってしまったカップルがいる(と思う)のが、ほかのカテゴリーとは違うところですね。こういう話題で名前を出したら失礼かもしれないけど、ファイエラ・スカリとか。旧採点のままなら、ベテランカップルとして、もっと結果を残せていたんじゃないかなあ。またアマに戻ってくるという噂も聞きましたが、無理はしないでほしいなとも思います。ペシャラ・ブルザも、流れに置いて行かれないかと一時は心配していたんですが、すごく頑張っていますよね。来季こそはメダルを取ってほしいな。
Commented by ピッピ at 2011-05-24 10:39 x
こんにちは。
フランスがシブタニ兄妹を見下すのは自国のペシャブルがコケてメダルをとれなかったからでしょう。
なんせオリンピックでジュベールがSPでコケてメダル絶望になったショックで男子フリーはテレビ放送やめてしまった国ですからね(笑)
普通に考えてシブタニ兄妹の柔らかい動きや演技を見て
厳しい批評をするとしても機械だのロボットだのという言葉は出てきませんよ。
Commented by NOMA-IGA at 2011-05-24 13:55 x
>ピッピさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
残念ながら、記事を書いた人と直接やりとりできるほどフランス語が堪能ではないので、書かれている以上のことはわかりかねますが、おっしゃるような事情かもしれないですね。
<< 昨日の日経記事を読んで 031:電(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧