111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

世界選手権、男子終了

世界選手権、男子の試合が終了しました。どう感想を書いたものやら…。書かずに済ませたいような誘惑も感じつつ、気持ちを整理するためにも、何とか文章にまとめてみたいと思います。今回は若い表彰台になりましたね! パトちゃんは表彰台こそ三度目だけど、初優勝。2位のこづは初のメダル、3位のガチ君は初出場で初メダル、しかも17歳!←いや、年齢にこだわるわけじゃないけど、「若い表彰台になった」と書いた手前、ちょっと強調してみました。(^_^;;;

JSPORTSの解説の杉田さんが、「日本での開催が中止になり、代替地ロシアで開催された試合で、日本人とロシア人がともにメダルを獲得するとは素晴らしい」というような意味のことを話しておいででした。なるほど。「ロシアは開催した甲斐があったな」とは思いましたが、そこまでは考えが及びませんでした。確かにそうですねえ。日本人2人が表彰台であってほしかったという気持ちはあるものの、そのように考えると、いい顔ぶれの表彰台でした。さらにいえば、北米、アジア、ヨーロッパからまんべんなくメダリストが出たのもよかったし、アジア系が表彰台を独占しなかったのも、それはそれでよかったのかもしれません。

  *

まずは高橋大輔選手の演技について。JSPORTSの放送を見終わってから、地上波の録画もまだチェックできていないし、各種のニュースも収集できずにいるのですが、演技後の彼の言葉は「やり直したい」だったか(友人からのメールで知りました)。

やり直したい――。わかります。わかりますが、それは不可能なんです。多くの日本人も、3月11日の午前中からすべてをやり直したい。だけど、時間を巻き戻すことはできない。起きてしまったことは受け入れるしかないんです。

でも、あのような状況になっても、最後まで演技する姿に勇気づけられました。万全の状態ではないから、ミスも出てしまいましたが、決して投げなかった。そのことが本当に素晴らしかった。仮に、アクシデントのことを知らずに、たまたまテレビをつけて再開したばかりの演技を見たとしたら、アクシデントがあったとは気づかなかったと思います。

すべてのことには意味がある。それって、彼が本の中に書いていたことですよね。だとしたら、あのアクシデントにも意味があったのでしょう。最悪の事態に陥っても、諦めない、投げない、逃げない。そんなメッセージを私たちに伝えてくれたのかもしれません。

現時点で思いつくのは、そんな意味づけですが、もっと時間が経てば、さらに深い意味に気づくこともあるでしょうか。物事に意味を見出すのは、受け取り手次第だと思います。本人であれ第三者であれ、より大きな意味を見出せますように。そして、今はとにかく、いつもの試合の後のように「ありがとう、お疲れさま」と言いたいです。


(ほかの選手についても書くつもりでしたが、別記事を立てることにします)
[PR]
by noma-igarashi | 2011-04-29 00:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/14686488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがり at 2011-04-29 01:37 x
突然すみません。いつも貴重なフランス訳楽しみしております。

>最悪の事態に陥っても、諦めない、投げない、逃げない。

コメ見て感動して夜中に号泣してしまいました。
本当に彼自身が「日本」って感じです。
勇気が出てきます。
「このままじゃ終われない」ソチまで続行宣言。
ずっと応援したいと思います!
Commented by yunnan at 2011-04-29 01:47 x
素晴らしかったです!みんなが勇気づけられる演技でした!オーラと貫禄。途中から滑り始めた時の何気ない動きが、もう「圧巻」でした。
靴の修理をしているとき、決して焦ったりせず、ゆったりした表情で構えていた(周りを落ち着かせていた?)ことがとても印象的でした。どんだけ器が大きくなったんや、と感動しました。
武史は、演技終了後の解説が涙声に聞こえましたが、気のせいかな?さぞ悔しかったと思います。
インタビュー「やり直したい」・・・じゃあ、来シーズン、やり直しだね!\(^^)/とテレビの前で合いの手を入れておりました。
本当に「ありがとう、お疲れ様」でした!
そして、ダイスケ選手の演技に感動したときに、良かった!っていえる、ダイスケファンのNOMA-IGAさまのブログに巡り会え、コメントさせて頂けることもとても感謝しています。ありがとうございます。
Commented by el-sol-sunsun at 2011-04-29 11:05 x
こんにちは。
本当に、、、あんなに用心深いチーム高橋があのようなトラブルに見舞われるなんて。。。
フジの実況のアナウンサーがいいことを言っていました。
「転んでも、また立ち上がればいいんだと高橋大輔が教えてくれました」
これには胸が熱くなりました。
大地震と被災地のことが頭をよぎりましたから。
本当にそうですよね。いろいろな思いが駆け巡ります・・・
Commented by NOMA-IGA at 2011-05-02 23:02 x
すっかりレスが遅くなってしまいました。申し訳ないです。
通りすがりさん、yunnanさん、el-sol-sunsunさん、コメントありがとうございました。

世界選手権、終わってしまいましたねえ。男子フリーでは高橋選手のアクシデントに日本の状況を重ね、昨日のEXでは安藤選手の演技に涙し…。いいことも悪いことも、全部ひっくるめて、忘れられない世界選手権になりました。

アクシデントが起きたときの高橋選手、本当に立派でしたね。yunnanさんが書いてくださったように、靴の修理をしてもらっている間、焦ったりイライラしたりせず、すごく落ち着いて見えました。そしてまた、演技を再開したときの集中力。私はこんなにもすごい選手を応援していたのかと、改めてじーんと来てしまいました。

ツイッターにもリンクしましたが、試合結果を報じた中で、きちんと説明してくれていてうれしかった記事。
http://www.jiji.com/jc/figure?s=news&k=2011042801340
「気丈に演じ切ったが、ブレードが安定せず他のジャンプも乱れてしまった」 そうなんです! 選手が立派に演じたのだから、記者もプロとして、このぐらいの記事は書いてほしいものです。
Commented by NOMA-IGA at 2011-05-02 23:02 x
(続き)
あのアクシデントは、世界選手権が1ヵ月延期されたことが原因だったようですね。すでに読まれたかもしれませんが、こちらの記事もリンクしてみます。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20110430-OHT1T00034.htm

それと、フランスのフォーラムのTOPページにも、うれしい記事(たぶん)がアップされていました。暇を見つけて、ぼちぼち訳していけたらいいなと思っています。

今回、競技としては残念な結果に終わりましたけれど、そのおかげ(?)でソチまでの現役続行宣言を聞くことができました。まだまだ彼を応援していけるんだと思うと、本当にうれしいです。
<< 世界選手権、男子(その2) 続・男子SPフランスのフォーラ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧