111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ユーロ2011ペア、アイスダンス感想

結果サイト

録画しておいたヨーロッパ選手権のペアとアイスダンス、やっと見終わりました。テレ朝チャンネルが見られない私としては、シーズン前半のペアとアイスダンスはないも同然。年が明け、JSPORTSの放送が始まってようやく、大幅遅れのシーズンインという感じです。早いとこ追いつかなくちゃ、と楽しみにしていたのですが…。

知らないカップルがあまりに多くて、愕然(汗)。いや、噂に聞いてはいたんですが、やはり噂に聞くのと、自分で見て実感するのとでは大違い。五輪シーズンが終わり、ベテランのカップルが引退する一方で、これまで二番手、三番手だったカップルに活躍の場が巡ってきたり、ジュニアから上がってくるカップルがあったり、大幅な組み替えがあったり――ということなんでしょうね。これからソチまでは、もうそれほど大きな入れ替わりはないかなと思うので、少しずつ覚えていかなくちゃ。

全体的な感想としては、ペアは技と技の間にもちょっとした演技を取り入れる振付が多く、だんだんダンス風になり、ダンスのほうは(北米ほどではないですが)、アクロバティックなリフトが多くなって、ペアに近い豪快さを感じさせるようになり…。うーむ。時代の流れでしょうか。個人的には、ペアのほうの変化は見ていて楽しいですが(選手は大変でしょうけど)、アイスダンスのほうの変化には、一抹の寂しさも感じてしまいます。大人の優雅さが評価されにくくなるのは、ちょっと残念ですね。



ペア

ペアは、なぜか録画が副音声(会場音のみ)になっていて、解説が聞けませんでした。JSPORTSの解説ならあっていい…といより、各カップルのことを把握するためにも聞きたかったのに、残念でした。再放送が見られたら、今度は解説付きで見たいです。

点数にも表れていますが、やはり1位、2位が別格の演技でしたね。心情的には川スミのほうを応援していたので、サフショルにまさかのスピンミスがあっても逆転できなかったのは残念でした。PCSの差(特にSPの)が響いてしまいましたね。点数だけ先に見た段階では、もしかしたら川スミのフリーも完璧ではなかったのかな、それで逆転しきれなかったのかなと思いましたが、全然そんなことなかったので、ちょっと釈然としない思いが残りました。

ただ、サフショルも、あのスピンのミス以外は素晴らしかったと思います。今季の彼らは、世界チャンピオン(当時)でありながらバンクーバー五輪で中国勢にかなわなかった悔しさをバネに、技術面、表現面の両方にますます磨きをかけてきたという印象。ワールドではここに中国勢が加わって、ハイレベルな争いになってくるでしょうね。ペアは男子と同一日程なので、生で観戦できるのが楽しみです。

アイスダンス

アイスダンスは解説付きで録画できていたので、快適でした。昨シーズンまでの主要選手がごっそりいなくなってしまい、物足りないのではないかと案じていたのですが、全然そんなことなかったです。素敵なプログラムにたくさん出会えたし、見ごたえのある試合でした。

残念だったのはファイスカ。比較できるようなことではないと思いつつ、片や、スピンがノーカウントになっても優勝、片や、ツイズルのミスで9位(総合5位)かあ…と、つい思ってしまいました。SPは仕方ないとして、フリーはもう少し順位が上でもよかったのにな。哀愁を感じさせる大人のプログラムで、魅了されました。彼ら、今シーズンで最後なんですね? 思うのですが、アイスダンスの場合、新採点に移行した時点で中堅に差し掛かっていたカップルがわりを食ってしまったのでは。若いカップルがどんどんアクロバティックな技を取り入れて点数を稼いでくるなか、体力的に同じ土俵では競い合えないのに、旧来の年功序列的なものももう期待できなくなってしまった。失礼かもしれないですが、その筆頭がファイスカのように感じてしまいます。

一方で、同じ危惧を感じていたペシャブルは、見事にユーロチャンピオンの座に就きました。頑張りましたねえ。本当によかったなあ…としみじみしてしまいました。このプログラムだったら、世界選手権でも期待できるのではないでしょうか。2シーズン前のサーカスのプログラムも素敵でしたが、このプログラムもすごく魅力的。楽しさという点ではサーカスのほうが上かもしれないけど、より深みがあるという意味ではこちらかな。表情なども工夫されていて、とてもよかったです。生で見られないのが残念。なんでアイスダンスは女子と同じ日程なんでしょうねえ。

それ以外では、ロシアの若いカップル(NHK杯にも来ていたほう)が素敵でした。まだちゃんと名前を把握できていないので、覚えなくっちゃ。あとは、フランスの若手も、まだまだこれからというところはありましたけど、印象に残りました。なんだかんだいっても、アイスダンスはやっぱりいいな。
[PR]
by noma-igarashi | 2011-02-12 16:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/14199322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Cutting Edgi20... 005:姿(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧