111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

題詠blog2010参加作品

無事に100首詠み終えたので、以下にまとめてみました。完走報告に書いたように、オペラ「コシ・ファン・トウッテ」を材にしていますが、途中からストーリーとは関係なく、登場人物の気持ちやモデルにした人物のキャラクターなどを考えながら詠んでいきました。

「コシ・ファン・トウッテ」あらすじ

登場人物
Fiordiligi(soprano)フィオルディリージ:ナポリの貴婦人、姉娘
Dorabella(mezzosoprano)ドラベッラ:フィオルディリージの妹
Despina(soprano)デスピーナ:姉妹に仕える小間使い


Guglielmo(basso)グリエルモ:フィオルディリージの恋人
Ferrando(tenore)フェルランド:ドラベッラの恋人
Don Alfonso(basso)ドン・アルフォンソ:老哲学者




001:春 春の字の裾のひろがり手を取られ今すぐにでも踊り出したい Dorabella

002:暇 眠そうな雌雛のとなりに暇そうな雄雛が並んでいる昼下がり Dorabella

003:公園 公園の木々を鳴らして吹きわたる風 青空の歌う鼻 Fiordiligi

004:疑 思慮深い音色と思うバスの音がときどき疑り深く聴こえる Fiordiligi

005:乗 挑発に乗るのは癪だが彼のあの訳知り顔は我慢ならない Ferrando

006:サイン 誓約にサインを自慢の稀覯書は賭けに勝ったら僕がいただく Ferrando

007:決 ライバルのほうが決まってカッコいい少年漫画のような現実 Guglielmo

008:南北 南北が逆さになった地図帳にオーストラリアはハートのかたち Dorabella

009:菜 似ていても姉は果物、妹のわたしは野菜ぐらいに違う Dorabella

010:かけら 太陽のかけらのようだ「太陽」の足もとにある斜めの点は Guglielmo

011:青 青臭いことばを相手に熱くなる所詮はよく似た大人気のなさ Don Alfonso

012:穏 水鳥を驚かそうと投げ入れた石 穏やかな日々が崩れる Fiordiligi

013:元気 思い出す人が元気になるような笑顔で見送りたかったけれど Dorabella

014:接 純粋と世間知らずは紙一重 どう接しても疲れるばかり Despina

015:ガール 背の翼ふいに失うシャガールの絵の中にいる夢からさめて Fiordiligi

016:館 チュチュを着た幼い私が今もいる古びた写真館のウインドウ Fiordiligi

017:最近 最近は彼女のほうが熱心に背番号10を応援している Ferrando

018:京 どうしても東京特許ときゃ局としか言えなくてまた笑われる Guglielmo

019:押 どのボタン押せばいいのか紙コップ入りコーヒーを買う難しさ Guglielmo

020:まぐれ 運命といえばたちまち悲恋めく話もまぐれと呼べば喜劇に Despina

021:狐 なつかしい影絵の遊び指と指あわせて狐や犬をつくった Dorabella

022:カレンダー てのひらを押し当ててみるカレンダーはがした後の壁の白さ Dorabella

023:魂 魂に棲みつく鬼にうっかりとそそのかされる瞬間がある Don Alfonso

024:相撲 負けん気の強いいもうと指相撲するときさえも真剣になる Fiordiligi

025:環 哀しみが空の青さにとけるまでつぶやいてみる 水の循環 Fiordiligi

026:丸 正露丸ふくんだ口でキスをするぐらい馬鹿げた賭けの始まり Ferrando

027:そわそわ 付け髭で変装しても結局はそわそわしすぎてすぐにばれそう Guglielmo

028:陰 陰鬱な顔つきなんて馬鹿らしい片目でこっそり楽しめばいい Despina

029:利用 再利用できないままにためこんだリボンや包み紙があふれる Dorabella

030:秤 材料をいちいち秤に載せないと慣れないお菓子づくりは不安 Fiordiligi

031:SF SFにさほど興味はないけれどブラッドベリなら好きでよく読む Ferrando

032:苦 微苦笑を誘われるのは疑いを知らない若者たちの一途さ Don Alfonso

033:みかん ぼんやりとみかんの皮をむいていた答えを考えあぐねるうちに Fiordiligi

034:孫 孫というほどよい近さの設定がもっともらしいルパン三世 Ferrando

035:金 運ばれてくる香を頼りに夕まぐれ金木犀をさがして歩く Fiordiligi

036:正義 カッコよく決められるまで繰り返す正義の味方の変身ポーズ Guglielmo

037:奥 奥付は昭和の日付け図書館の書架に黄ばんだ向田邦子 Fiordiligi

038:空耳 「空耳」を翻訳サイトで外国のことばに訳す なんだか違う Dorabella

039:怠 大あくびしながら怠惰をまき散らす猫の傍らいつかまどろむ Despina

040:レンズ 人生を斜(はす)に見たがる者たちが魚眼レンズの眼鏡を磨く Don Alfonso

041:鉛 絵の具ならいちばん早く減るものを色鉛筆は白だけ長い Dorabella

042:学者 適当な節をつけては口ずさむ生真面目そうな学者の名前 Despina

043:剥 付け髭が剥がれかけても慌てずに何もなかった顔で押し切れ Ferrando

044:ペット ため息で倒れかねない空っぽのペットボトルのような心境 Fiordiligi

045:群 よどみなく鉄道マニアが諳んじる駅名たちまち群馬を抜けて Guglielmo

046:じゃんけん じゃんけんの仕方が違う外国の人に掲げたグーの気まずさ Dorabella

047:蒸 窓という窓の向こうに寝乱れた家族がいそうな蒸し暑い夜 Despina

048:来世 熱っぽい言葉で口説く将来が無理なら来世を誓い合おうと Ferrando

049:袋 片方をなくしてしまった手袋のもう一方のようにさみしい Fiordiligi

050:虹 とりたてて不幸せではないけれどもう何年も虹を見ぬまま Despina

051:番号 あまたある数字のなかで世界一うつくしいのはケッヘル番号 Ferrando

052:婆 濁点があるかないかの違いではない母と婆、父と爺とは Don Alfonso

053:ぽかん 漫画ならぽかんと書いてあるような表情をして見入ってしまう Dorabella

054:戯 どことなく自分に似ている一匹が鳥獣戯画の片隅にいる Guglielmo

055:アメリカ アメリカは世界の果てにあるのだと思った世界地図を見るたび Dorabella

056:枯 一面のひまわり畑いっせいに夏の終わりに枯れ果ててゆく Ferrando

057:台所 さりげなく台所へと逃げ込んで知られたくない涙をぬぐう Fiordiligi

058:脳ぬりつぶし丸めて捨てたひとことがむしろ脳裏に刻み込まれる Dorabella

059:病 ときどきは臆病になる握手するつもりで出した手をごまかして Guglielmo

060:漫画 単純に四コマ漫画にしてみればあっさり笑い飛ばせるだろう Don Alfonso

061:奴 いい人で片づけられてしまうより嫌な奴だと言われてみたい Guglielmo

062:ネクタイ 男装のジョルジュ・サンドの胸元に結べば似合いそうなネクタイ Dorabella

063:仏 恋愛の機微が身につくわけじゃない仏和辞典をいくら引いても Ferrando

064:ふたご うっかりと「ふたご」と読んで笑われる東急二子玉川駅を Fiordiligi

065:骨 あっけなく吹き飛ばされる安物の傘の骨ほどもろい決心 Don Alfonso

066:雛 見目のよい囃子のひとりを競い合い雌雛も官女も髪ふりみだす Despina

067:匿名 ややこしい書類にサインするときに匿名希望で済ませられたら Guglielmo

068:怒 くちびるを真一文字に引き結ぶ怒るつもりが泣きたくなって Dorabella

069:島 真剣に迷うところが君らしい無人島に持って行きたい本を Ferrando

070:白衣 白衣より黒衣の姿がまず浮かぶブラック・ジャックの名前を聞いて Guglielmo

071:褪 色褪せたシャツを着こなす人といて真新しさが恥ずかしくなる Dorabella

072:コップ 紙コップ重ねるほどに傾いてゆく だんだんと気持ちがかしぐ Fiordiligi

073:弁 注釈の小さな文字を読み上げているかのような弁解を聞く Despina

074:あとがき あとがきの謝辞に連なる名の中にあなたと一字違いの学者 Fiordiligi

075:微 悲劇ほど見てきたようにいきいきと微に入り細にわたって話す Don Alfonso

076:スーパー スーパーと頭に付いた語の多さ英語の辞書で「super」を引く Dorabella

077:対 バリトンとメゾソプラノが対になる習いを逆手に取る作曲家 Guglielmo

078:指紋 車窓越しに手と手を重ねたその後のガラスに残る互いの指紋 Ferrando

079:第 指揮棒に合わせて第一バイオリンからゆっくりと奏で出される Fiordiligi

080:夜 千一夜語り続けたお妃の薄いヴェールの下のくちびる Despina

081:シェフ マエストロという語を思い出せなくてうっかりシェフと口にしていた Guglielmo

082:弾 卵だと思って抱いていたものが実は爆弾だったとしたら Fiordiligi

083:孤独 何日もレスがないまま放られたブログのコメントぐらいに孤独 Dorabella

084:千 頼りなく腕を広げているかたち気の弱い日に見る「千」の字は Fiordiligi

085:訛 フランス語訛りだということにする治りきらない君の鼻声 Ferrando

086:水たまり 紙の辞書を引く面白さ「水玉」と「水たまり」とが仲よく並ぶ Dorabella

087:麗 麗しい伯爵夫人のご機嫌をたちまち斜めに変える不作法 Ferrando

088:マニキュア 手袋でどうせ隠れてしまうのに丹念にマニキュアを塗りゆく Despina

089:泡 何のために中座したやら運ばれてきたカプチーノの泡しぼみゆく Guglielmo

090:恐怖 しんしんと恐怖や怒りが降り積もる「ゲルニカ」と題された絵画に

091:旅 君はまた旅に出ている1ページずつ気に入りの本を繰りつつ Ferrando

092:烈 痛烈なことばの意味を骨抜きにするゆるゆるとした節回し Don Alfonso

093:全部 パンプスが湿ったままでいったんは着ていた服を全部着替える Despina

094:底 飲み終えてカップの底の蝶の絵につい口許をゆるませており Fiordiligi

095:黒 白黒をつけないままに済ますのが大人の知恵と耳打ちされる Guglielmo

096:交差 交差した男女四人の相関図見てさえわかりづらい筋書き Don Alfonso

097:換 最後には辻褄が合う物語「嫌い」が「好き」に置き換えられて Fiordiligi

098:腕 おだやかな小春日和の後日談 あなたの腕を枕に眠る Dorabella

099:イコール イコールでどうにかつないだ結末のモーツァルト的くすくす笑い Ferrando

100:福 キスアンドクライの君に幸福な笑顔が戻るまでの道のり Guglielmo
[PR]
by noma-igarashi | 2010-12-04 16:35 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/13754878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和訳:五輪、男子フリーの実況スレッド ジェイヌード >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧