111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

チューハイ男子の感想あれこれ

中国大会、終わりましたね。男子は小塚選手が2年ぶりにGPSで優勝。おめでとうございます! SPを好位置で折り返したがために、フリーではプレッシャーで崩れてしまう――というパターンはそろそろ卒業してほしいと思っていたので、本当にうれしく、頼もしく思いました。「有望な若手」という位置づけから、次のステップに踏み出したという感じですね。トリノ五輪翌シーズンのダイスケを彷彿とさせます。今シーズン、町田選手や羽生選手が先に活躍し、焦る気持ちもあったんじゃないかと思いますが、先輩としての貫禄を見せてくれました。



というわけで、見事に結果を出した小塚選手ですが、あとは、もうちょい個性的でグッとくるような演技を頼む!というところでしょうか。ほかの海外のサイトでもそうだったようですが、フランスのフォーラムでも、「技術的にはOKだけど、イマイチつまらない」というような意見が出ていて、なんというか、わかるといえばわかるだけに(汗)、頑張れ、こづこづ! と思ったことでした。ただ、それもこれも、優勝するだけの実力を持った選手として認められたがゆえでしょうね。さらなる飛躍を期待しています。

一方、優勝候補の筆頭だったジュベールは4位に終わりました。大会期間中、例によってフランスのフォーラムを覗いていたところ、SPの後には「スケカナのチャンのSP(73.20)と、ジュベールのSP(74.80)が1点ちょっとしか違わないなんて、ありえない!」という話でもちきり。皆さん、かなり激昂していました。チューハイなのに、スケカナのチャンの話題が再燃するわするわ。

そして、フリーが終わると、今度はジュベの評価(得点やプロトコルの詳細)に対する不満や疑問の声が噴出。スケカナではチャンのスコアに納得できず、チューハイではジュベのスコアに別の意味で納得できず、フランスのフィギュアファンは、ジャッジに対してかなり不信感を募らせているようでした。さらには、そんなジャッジが評価するスケーター像を思い描くと、今後は型にはまった、つまらない演技をするスケーターばかりが表彰台に上がるようになるのでは、との懸念の声も。

そんな中で、スケカナのときに紹介したmartinetteさん(チャンのフリーについての感想で、ダイスケの「オペラ座の怪人」を引き合いに出した人)がこんなふうにコメントしているのが目を引きました。
Enfin, ce n'est pas toujours vrai, heureusement, Takahashi a gagné le NHK... Il y a donc de l'espoir...
ただ、それは常に真実というわけではない。幸いなことに、NHK杯では高橋が優勝した。だから希望はある…


ダイスケファンとしてはありがたいことですが、もしや、「型にはまったスケーター」という中には、こづも含まれている…? うーむ。だとしたら、ジュベ不振の中で優勝したがために、とんだとばっちりを受けたという気もしますが、こづが「型破りなスケーター」とは言いにくいことも事実であって、若干ツライところではありますね。ただ、NHK杯ではダイスケ以外のメダリスト2人も、「型にはまったスケーター」というわけではなかったし、個性豊かな選手が冷遇されているというふうにも特に思わないし、フランスのフォーラムの懸念は、杞憂では? どうでしょうね。

最後に、4回転の実施状況にもふれておきますね。今回の試合で試みられた4回転は、SP、フリー合わせて9本。そのうち、成功した(転倒または回転不足の判定を受けなかったもの、ととらえてみました)のは5本。GOEのマイナスがいっさいなく、本当にきれいに成功したものに限ると、3本という結果でした。いちばん貢献したのはモリゾー君(ムロズ選手)ですね。SP、フリーともに、1本ずつ成功させました。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-11-09 00:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/13598081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和訳:チャンはすべてを押し切る 091:旅(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧