111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

NHK杯(シニアデビューの選手たち)

スケカナも始まってしまいますが、NHK杯の感想をもう少し。新しいシーズンが始まると、毎年のようにジュニアから上がってくる選手たちがいるわけですが、オリンピックの翌シーズンはまた格別という気がします。NHK杯で本格的にシニアデビューした選手たちのうち、女子では村上佳菜子選手が3位、男子では羽生結弦選手が4位、ペアでは高橋・トラン組が3位、アイスダンスではシブタニ兄妹組が3位と健闘しました。日本開催の試合だったからということもあるでしょうけど、日本人選手(どんぶり勘定で)、大活躍!



村上佳菜子選手
ルール改正があった新シーズン、男子が積極的に4回転を取り入れるように、女子は3-3が花盛りになるかと期待していましたが、NHK杯では結局、佳菜子しか3-3を跳びませんでしたね(すごく残念)。SPは第1ジャンプが回転不足になりましたが、フリーはきれいに成功し、GOEで1.20のプラスをもらっています。スピードに乗って跳ぶ3-3は、やはり見ごたえがありました。ただ、その後のジャンプで乱れ、3コケ。あちゃ~! な展開でしたが、女子が全体的に低調だったこともあり、銅メダル獲得。ラッキーな面はあったにしても、観客の立場としては、表彰式で日の丸が見られないのはやはりさみしいので、よかったなあと思いました。

羽生結弦選手
佳菜子が3コケで銅メダルだったのに比べると、4回転まで決めたゆづがメダルに届かなかったのは、ちょっと気の毒でした。ただ、男子は女子に比べると、ジュニアから上がってきたばかりの選手が活躍するのは難しいので、やむを得ないかな。順調にいけば、そのうち嫌というほどメダルを取るでしょうから、最初はこのくらいでちょうどよかったのかも。挫折も味わいながら成長していってください。

高橋・トラン組
成美ちゃんたちも頑張りました。ペアは1位が別次元だったし、2位と比べても実力差が如実でしたが、ともかくペアの表彰式で日の丸が見られたというのが、本当にうれしかったです。成美ちゃんも「サンデースポーツ」に出してほしかったなあ。出演者、成美ちゃんも加えて3人でもよかったのにね。

シブタニ兄妹組
彼らの演技を生で見るのは、昨年のJGPファイナルに続いてこれが二度目ですが、今回はすっかりシニアらしくなり、本当に素敵な演技を見せてくれました。ツイズルがすごいすごい。2人がきれいに揃っていて、スピードも速く、自由自在という感じでした。彼らはアメリカの選手ですが、日本人の体形でもまったく問題ないとわかり、心強く思いました。昨日の報道では、五輪で団体戦が採用されそうだということなので、アイスダンス、ペアの選手の育成にぜひ力を入れてほしいです。ほんとに。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-10-29 20:39 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/13529976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和訳:NHK杯男子についてのコメント スケカナ順位予想を覗いてみました >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧