111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

NHK杯男子(4人で5回の4回転)

NHK杯の観戦記、今回は男子の4回転について書いてみます。タイトルの通り、今回の試合では4人の選手が合計5回の4回転を跳びました。しかも、そのうち3人が日本人選手! 頼もしく、うれしいです。

ただですね、GPS初戦で5回の4回転というのは、多いのか、少ないのか、あるいは普通なのか。ちょっとピンと来なくて、試しに去年の例を調べてみたところ、あらびっくり。昨シーズンはフランス大会が初戦でしたが、このとき、合計何回の4回転が跳ばれたと思います?(成功したか失敗したかは不問で)



お答えしましょう。この試合、ジュベにトマシュにポンちゃん、経営者君、ヴォロノフらが出場し、みんなで合計11回もの4回転を跳んでいました。しぇ~。そんなに跳んでいたんですね。そんな幕開けだったのに、なんで4回転なしの五輪チャンピオンが誕生しちゃうのさ。というか、このフランス大会にしても、これだけ4回転が跳ばれたにもかかわらず、優勝したのは4回転なしの織田君だったわけですが。つまり、初戦からそういう状況だったから、4回転回避の方向に進んでいったのでしょうね。プロトコルを見ていたら、ほとんど得点になっていない4回転も多いし。

それと比較すると、今回のNHK杯は、5回の4回転のすべてが成功。回転不足も、GOEのマイナスもないというのが、すごいなと思います。今回はたまたまそうなっただけかもしれないですが、回転不足でも大幅な減点にならなくなったことで、精神的にラクになり、成功率の上昇につながったのだとしたら、うれしいですね。

以下、今回のNHK杯で見た5回の4回転の感想を少しずつ。

無良崇人 4T+3T 基礎点14.40 GOE1.14 15.54
SPで無良君が跳んだのは、今回見た4回転の中で唯一のコンボ。セカンドジャンプが3回転で、本当に見ごたえがありました。ぐわーっと滑ってきて、どかーん!どかーん!という感じ。豪快で迫力満点。すごくカッコよかったです。私としては、今回の中ではこの4回転がいちばん高評価です。

ケビン・ヴァンデルペレン 4T 基礎点10.30 GOE0.00 10.30
跳んでくれるだろうと思っていたので、楽しみにしていました。4Tも3Aも3-3-3も、すべて決めてくれました。こうでなくっちゃ! もちろんスタオベしましたとも。

無良崇人 4T 基礎点10.30 GOE0.00 10.30
フリーで跳んだ4回転も難なく成功。SPではすっぽ抜けてしまった3Aも決めました。3Aは以前より助走が短くなり、ラクに跳べるようになったという印象。一回りも二回りも大きくなったなあ…というのが、演技全体を通しての感想です。

羽生結弦 4T 基礎点10.30 GOE1.29 11.59
アイスショーでも必ず4回転に挑んでいたし、跳んでくるとは思っていましたが、いつも転倒してばかりだったので、正直、あんなにきれいに着氷するとは思っていませんでした。成功するのは来シーズンかな、などと勝手に予想していましたよ。申し訳ない。こんなに早く4回転までマスターして、この先、どうなっちゃうんだか。

高橋大輔 4T 基礎点10.30 GOE1.00 11.30
もちろん跳んでくると思っていましたが、ここまで、4回転に挑んだ全員が成功。ゆづまで成功させちゃったら、ダイスケとしてはしくじるわけにいかないじゃないですか。多少の着氷ミスは仕方ないとしても、転倒だけはしないで~! という気持ちで見守っていました。この日、私の席はジャッジ側の隅っこのほう。他の3人は私の席からは遠いところで4回転を跳んだのに対して、ダイスケだけはすぐ近くで跳んでくれました。それだけに、ドキドキ感もひとしおでしたが、きれいに着氷してくれて、大満足。SPでは乱れた3Aも成功し、きゃあきゃあ騒いでしまいました。あとは少しぐらいミスしてもいいや、などと思っていたら、ほんとにミスしてしまい、あちゃ~という感じ。でもまあ、シーズン初めからパーフェクトである必要はないでしょう。4回転を普通に跳ぶダイスケ。やっとその状態を取り戻せたんだなと思うと、ほんとにうれしいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-10-27 23:46 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/13517953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 086:水たまり(五十嵐きよみ) 和訳:アモディオ、「ムーン・ウ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧