111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

若手男子と4回転

4つ下の記事「男子の4回転」で、アクアさんとコメントのやり取りをしておりまして、これもそこに書くつもりでいたのですが、長くなったので別記事としてアップすることにしました。なにとぞご了承を。

まずは、アダム・リッポン選手について改めて思うこと--。先日のJOで、4回転なしの演技で高得点をマークしたアダム君ですが、彼の今シーズンの目標は何か? GPSで表彰台に乗るとか、世界選手権で少しでも上の順位をめざすとか、そういうこともあるとは思いますが、いちばん現実的かつ具体的な目標は、全米選手権でメダルを取ることではないでしょうか。世界選手権に出場するにしても、それが条件になるだろうし、昨年は5位でしかなかったわけですから、メダルを取りたいと願っていると思います。ライサもジョニーもいない今シーズン、そのチャンスは十分あるし、また、この機に取らなければいけないと思います。

ライバルになりそうなアボちゃんやモリゾー君(ムロズ選手のこと)は、4回転を持っている選手です。アダムが彼らと戦っていくには、JOで見せたような演技、つまり4回転を入れずに、完成度の高い演技でまとめるというのは、なかなか賢い戦略のように思います。アボちゃんやモリゾー君の4回転は、失敗する可能性もあります。そしたら、いっきに全米チャンピオンになることも夢ではありません。最低ラインとして3位以内、あわよくば優勝というふうに考えているとしたら、この作戦は大正解。おおいに納得できるものです。アダムの今の実力、そして全米男子の状況を考えると、うまく練られた作戦ではないでしょうか。



そんなアダム君に対して、スコアを比較したガチンスキー君、町田君はどうか。明らかに事情が違いますよね。特に国内事情。ロシアは1枠しかないから、それを自分のものにしようと思ったら、ガチンスキー君としては4回転を跳んできて当然でしょう。ある程度は跳べる選手なら、取り入れないでどうする、という状況だと思います。町田君にしても、事情は似たようなもの。日本は3枠ありますが、そこに食い込んでいこうと思ったら、4回転は不可欠というか、勝負に加わるための最低条件だと思います。

思えばトリノ五輪の翌シーズンは、高橋選手がトップグループの仲間入りを果たしたシーズンでもありました。トリノ五輪シーズンにもすでに活躍はしていましたけど、「有望な若手選手のひとり」から「有力選手」に昇格したのは、やはり翌シーズンからだったと思います。そのときのように、今シーズンも台頭してくる若手選手がいるのかどうか。いてほしい、と思います。

思い返すに、ダイスケが「有望な若手選手のひとり」から「有力選手」に昇格したのは、NHK杯で4回転に成功した瞬間だったのではないかと思うので、今シーズン台頭してくる若手にも、ぜひ4回転を跳んでほしい。そしてまた、あのシーズン、ジュベが4回転を跳びまくることでひとつの流れをつくったように、跳べる選手はどんどん取り入れ、4回転に挑戦して当たり前、という状況をつくってほしい。そのためには、4回転を跳ぶ一方で、それ以外のジャンプ(特に3A)も成功させることですよね。ダイスケ、JOでは3Aにミスが出てしまい、ちょっと心配でしたが、COIではきれいに決めていたので、心配しなくてもいいかな、と思っています。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-10-13 23:59 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/13412421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by morningdew21 at 2010-10-14 06:21
リッポンは今季、4回転をもちろん練習していて、シーズンが進んできたらFSに入れる意向でいます(FSの2番目のジャンプでJOでは2Aにしていた箇所に、と思われる)。4Tもクリーンなプログラムも、どちらも大切ということは認識しているようです。

リッポンはシーズン前にとてもいい準備ができたようで、JOでの演技も「あるべき結果」という風にとらえているようです。

http://www.universalsports.com/news/article/newsid=493413.html#catching+with+adam+rippon (JO直前のインタビュー)

GPスケートカナダは、早くもいきなり今季の天王山、大注目試合という感があり、ここに集まる面白いメンバーの誰が結果を出すかで今季の趨勢が決まる感もあるので興味深く、楽しみにしています。

4回転が入ったパーフェクトなプログラムで高評価&文句なしの優勝、という幸福なプログラムはあまり出るものではなく、年に1回あるかないか、われわれの認識でも最近では高橋君の07年全日本FS、08年四大陸FS、10年全米選手権アボットFSぐらいと思いますし、それが年間のもっとも高位の大会で出るとも限らないので、そのあたりが難しかったり面白かったりするのだと感じます。
Commented by アクア at 2010-10-14 19:14 x
男子トップ及びそれに近いグループで4回転の練習をしていないスケーターはおそらくいないでしょう。(Pチャンも含めて。)問題は、練習と試合とでは入れる難度が半端なく違うことではないでしょうか。だからこそ、高橋選手は試合で4回転を飛ぶことにあれだけこだわって毎回入れ続けているのだと思います。1回も試合に入れてきていないリッポン選手が今年、完成度もあげて4回転も入れて滑りきれるとはとても思えんのですが..。(できたら、スゴイですが)4回転を入れずに完成度の高い演技で手堅く行くか、ハイリスクでも4回転を入れて試合勘を養って行くか、さて、リッポン選手+オーサーコーチはどのような戦略で来るのでしょう。キムヨナ選手のときの戦法が今回も通るという考えはさすがに持っていないとは思われますが。アクア個人としては、リッポン選手はあの3Aだと、4回転を入れるとぐずぐずになっちゃうんじゃないかな、と思っています。同じくPチャンの3Aもビミョウ。あ。コズ選手もだ。(もっとも彼の3Aは軸も曲がってないしきれいなんですがね..)さほど、4回転を成功させ3Aを成功させるのは難しいということなんですよね。でも、だからこそ、それを超えて挑戦して欲しい、と願ってます。
Commented by NOMA-IGA at 2010-10-14 23:13 x
>morningdew21さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
リッポン選手が4回転を視野に入れているというのは、うれしいですね。
実際に入れてくるとしたら、全米の後でしょうか。あくまでも私見ですが、全米までは冒険しないような気がするので。四大陸で試してみて、その結果で世界選手権でどうするかを決める――というような流れが現実的でしょうか(なんか、つい色々と戦略を考えてしまいます)。
彼にとって、今季はまだワールドの優勝を狙うようなシーズンではないと思うので、4回転を取り入れるつもりがあるのなら、失敗してもどんどんトライしてほしいですが、どのような選択をしてくるか、注目したいです。

スケートカナダは、天王山かどうかはわからないですけど、どの選手が前評判通りに4回転を跳んでくるか、その完成度はどうかという意味で、気になる試合ですね。
Commented by NOMA-IGA at 2010-10-14 23:43 x
>アクアさん
こんばんは。記事に書き忘れたことですが、2006年のNHK杯で高橋選手が4回転を決めた瞬間は、私が彼のファンになった瞬間でもありました。4回転を跳ぶから好きだというわけではないけれど、それ以降はどの試合でも必ず4回転を取り入れているから(記憶によれば…)、4回転なしの高橋選手というのはちょっと考えられない感じです。ニコライと別れた後、オーサーにつくという話もあったそうですが、彼が頑固に断わってくれて本当によかったなと思ってしまいます。

4回転を成功させ、なおかつほかのジャンプもミスなく滑りきるというのは、本当に難しいことなのだろうと思います。ただ、ちょっとお気楽なことを書いてしまうと、ここ数年は、4回転を取り入れる選手が少なくなっていたから、4回転込みのパーフェクトな演技を見る機会も少なくなっていた面があると思うんです。今季、大勢の選手が4回転を取り入れるようになれば、パーフェクトな演技を見られる機会もそれだけ増えるのでは、と期待しています。
Commented by アクア at 2010-10-15 09:22 x
えっと、高橋選手は、昨年、フィンランディア杯とGPカナダ戦では3Tにして4回転は跳ばなかったと記憶しています。復帰間もない時期だったし、カナダ戦はGPFへの切符がかかっていたので、跳ばない選択をしたのかなと思いました。カナダ戦では最後までどうにか破綻無くまとめFS一位になったので、一部では勝つには4回転を入れずに完成度を高めるべきみたいな意見も出てたように憶えています。
 私は、彼の4回転ももちろん好きですが、単独3Aが一番好きです。
 さ、来週はいよいよNHK杯、NOMAさんの予想(希望?)今回も楽しみにしてますね。もちろん高橋選手4T成功の方向で。24日フリーの日はS席取れたので行きます。今年初の生ダイスケ。も、今からドキドキです。
Commented by NOMA-IGA at 2010-10-15 20:29 x
>アクアさん
そういえば、そうでしたね。>フィンランディア、スケカナ
私としたことが、うっかりしていました。体調の悪かった2006年GPファイナルでは跳んだんだっけ、ということばかり気になって(調べたところ、ちゃんと跳んでました)、昨シーズンについてはフリーパス状態でした。どうもありがとうございます。
スケカナは、安全策で回避したわけではなくて、4Tを跳ぶつもりが結果として3Tになってしまった、ということじゃなかったかな。後になって、何かで本人がそう言っていたような記憶があります。

GPSの順位予想、今シーズンもやりたいです! 男子は4回転予想もしちゃおうかな。1試合で何本の4回転が見られるか。いちばんたくさん見られそうな試合はどれか。NHK杯はけっこうたくさん見られそうですよね。あと1週間。待ち遠しいです!
<< 名古屋への道 似てません? >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧