111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ダイスケの衣装について(その③:オペラ座の怪人)

高橋大輔選手の衣装シリーズ、第3弾は「オペラ座の怪人」の衣装についてです。この衣装も思い出深いですね。今回、この衣装には投票しなかったのですが、いろいろと思い出されるシーンが多いです。06-07年シーズンというと、初めのうちこそ不安定でしたが、NHK杯以降、すばらしい活躍を見せてくれたシーズンでした。

このシーズンはまだ、遠征してまで試合を見に行くことがなかったため、生で観戦したのは世界選手権だけ。この衣装を実際に見たのも、世界選手権の男子フリー当日が初めてでした。ただし、試合ではなく、まずは公式練習で。早朝、眠い目をこすりながら、東京体育館まで出かけましたっけ。



公式練習というものを見たのは、あのときの世界選手権が初めて。このブログにレポを書いていた覚えがあったので、久しぶりに読み返してみました(こちら)。「そうそう、そうだったなあ…」と懐かしく思い出しましたが、最後まで読んで、「あれ?」と思いました。というのも、書いているとばかり思っていたエピソードに、まったくふれていなかったので。「オペラ座の怪人」の衣装というと、今でも鮮明に思い出すエピソードなのに、なんで書かなかったんだろう。

せっかくなので、今さらではありますが、この機会に書いておくことにします。「オペラ座の怪人」というと、高橋選手、髪をオールバックにしていましたよね。SPとフリーとで髪型をかえるという、今も続くスタイル。ところが、公式練習のときは、あの衣装を着ているのに、髪をセットしていない状態だったんです。ええ~、なんかヘンな感じ! オールバックを見慣れた目には、寝起きで慌てて駆けつけた、みたいに見えましたっけ。なるほど、公式練習というのは、ああいう姿が見られる場でもあるんですね。すぐに試合が始まるならともかく、あのときの公式練習は朝の8時ごろ、試合(最終グループ)は夜の8時ごろで、12時間もありました。途中、仮眠を取ったりする可能性だってありそうだし、朝からセットしていられないですよね。

朝のうちにそんな姿を見たことで、夜になり、いよいよ男子フリーの最終グループが始まるというときの思いは格別でした。他の選手たちと一緒に6分間練習に飛び出してきたとき、いつものように髪をオールバックにした高橋選手の姿が、いつも以上に「戦闘モード」に見えましたっけ。

そんな思い出の残る「オペラ座の怪人」衣装。実際に彼が着ているのを見たのはそのときだけですが、衣装そのものは、もう1回見ました。代々木体育館で開催された、2008年のNHK杯。NHK杯50周年記念の展示の中に、あの衣装も飾られていました。ケガのために、思いがけず本人が欠場となった試合。衣装だけが飾られているのが、なんだか淋しく感じられました。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-05-26 00:37 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/12701329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by morningdew21 at 2010-05-29 00:28
2006-7シーズンは、高橋君の「スター誕生」の舞台になったといっていいNHK杯を会場で見ることができ(このときがフィギュアスケート競技を見た最初の機会だった)、2007年世界選手権も会場で見ることができ、それぞれ昨日のことのように鮮明に覚えています。

07年世界選手権の開会前日でしたか、有料での公式練習公開があり、日本選手、米国選手、カナダ選手などの練習の様子を見ることができました。直前練習ではないので練習着でしたが、40分ぐらいの時間でたくさんジャンプの練習を行なうんだなぁ、と思って見た記憶があります。

この大会のFS直前6分間練習で高橋君は、小柄な体が緊張のためか更に小さく見えたのですが、不思議と不安感は無く、見る側も冷静に肝を据えて待つことができ、あのFS1位の演技につながったのは必然、というぐらい強い気持ちで見ていました。

>(直前練習)寝起き姿に衣装

女子選手は特にその傾向が強いけれど、あれって面白い(不思議な)習慣だと思います。
Commented by morningdew21 at 2010-05-29 00:29
話題は変わりますが、「つぶろぐ」でも触れておられた「日本でKOI?」(城田さんのコラム)ですが、7月に新潟で、9月に別の場所で行なう予定(ランビエールの公式サイトで言及あり)のFantasy on Iceのことかもしれませんね。この2回や、DOIには現時点で高橋君の出演アナウンスがまだ行なわれていませんが、このメンバーだとショーでも4回転競演になりそうで楽しみです。
Commented by NOMA-IGA at 2010-05-29 18:26 x
>morningdew21さん
こんにちは。公式練習って、試合とはまた違った面白さがありますよね。もちろんそれは、試合を控えていればこその面白さだと思いますが。
あれ以来、男子の公式練習は何回か見るチャンスに恵まれましたが(世界選手権1回、全日本2回、GPファイナル1回かな?)、よく考えたら、女子は1回しか見たことがありません。ビッグハットだったと思うので、長野の全日本のときでしょうか。そのときは、遠目の観戦だったこともあり、寝起きという印象は受けなかったですが、テレビで見ると、「ありゃりゃ」と思うこと多いですよね。女子の場合は、お化粧をしているかいないで、かなり印象が違いそうな気がします。練習のときまでお化粧していられない、ということなんでしょうか。

KOIの件、なるほど。出演者の顔ぶれを考えると、「ファンタジー・オン・アイス=KOI」なのかもしれないですね。ファンタジー・オン・アイスのほうは、今のところ見に行く予定がないので、DOIで、高橋選手を含めた豪華4回転ジャンパーの演技が見られるといいのですが。
<< 034:孫(五十嵐きよみ) ダイスケの衣装について(その②... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧