111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ダイスケの衣装について(その①:「eye」初代衣装)

高橋大輔選手の衣装投票、おかげさまで、たくさんの方にご参加いただいています。どうもありがとうございます! 皆さまの熱いコメントに接しているうちに、あの衣装・この衣装について、私もいろいろ書きたくなってきてしまいました。というか、私自身も、投票の際にコメントはしているんですけどね。でも、150字ではとても語りきれない~!

そんなわけで、ダイスケの衣装について、何回かにわたって書いてみることにします。まずは、「eye」の初代衣装について。投票では《09-10年SP「eye」スケートカナダの衣装》としてラインナップしている衣装です。



今回の投票は、「競技用の衣装」に限定したため、「08-09年DOIの衣装」ではなくて「09-10年スケートカナダの衣装」ということにしたのですが、いただいたコメントにもあるように、やはり「DOIの衣装」と言いたいところですよね。というわけで、DOIのときの写真を探してきました。こちら(ページ中ほど。写真をクリックすると大きくなります)。さらに、動画はこちら

このときは、思いがけずコーチと別れることになり、ファンとしても不安でしたよね。それまではプログラムの振付もコーチが担当していたから、いったいどうするつもりなんだろう、無事に新しいシーズンを迎えられるんだろうかと案じていたら(シーズンイン後、「無事」ではなくなりましたが…)、あんなに素敵なプログラムをちゃ~んと用意していて、感激しました。心から安堵したし、本当にうれしかった。

あのとき見た「eye」は、それまでの路線と大きく違っていたわけではないけれど、演技も衣装も、どこか一味違う印象でしたよね。演技にはこれまで見られなかった動きが散りばめられていたし、衣装もそうでした。すらりとスタイルがよく見え、特に、腕が長く見えたのがうれしかったです。デザインのことはよくわからないですが、袖口にアクセントを持ってきたのがよかったんでしょうか? その前のシーズンは、SPでもフリーでも手袋をしていて、衣装と同色の手袋だから、腕が長く見えてもよさそうなものなのに、期待するほどの効果が上がっていなかった(と私には思えた)のがちょっと不満でした。

4種類(正確には5種類)もある「eye」の衣装の中で、いちばんの人気は「GPファイナル以降の衣装」ですけど、初代衣装が派手に進化したらああなった、というふうにも思えます。真鯉が緋鯉(錦鯉!)になった、という感じでしょうか。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-05-22 00:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/12679985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダイスケの衣装について(その②... 033:みかん(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧