111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

GPファイナルをTVで見て(ジュニア男子)

今さらですが、ファイナルの話題に戻ります。わが家はテレ朝チャンネルが見られないので、シニアの男子、女子以外は、生観戦の記憶しかない状態だったのですが、うれしいことに、友人から、ジュニアの男子、女子、シニアのペア、アイスダンスの録画を見せてもらうことができました。生観戦では見える範囲に限界があるし、解説で何を言っていたのかにも興味があったし、健人君やゆづとも頻繁に共演(?)できていたことがわかって、うれしかったです。

男子ジュニアは田村岳斗さんの解説でしたが、その中から、羽生結弦選手についての興味深い解説を拾ってみました。



(SP6分間練習のときの解説。羽生選手のすごいところはと聞かれて)
ジャンプで、上がった瞬間に「危ないな」と思っても、なかなか転倒しない。ディダクションを取られることはあっても、尻餅をつくようなことがない。

これは、解説を聞いて初めて気がつきましたが、確かにそうですよね。全日本ジュニアのフリーでも、そういう転倒がありました。ファイナルのフリーで跳んだ2回目の3Aも、まさにそうでした。見方によっては、「あ、なんとか持ちこたえたかな」と思ったら転倒してしまうので、もったいないといえばもったいない。ただ、着氷してからバランスを崩して転倒するというかたちなので、ジャンプの回転不足は取られない。今の採点システムでは、これは大きいです。ファイナルでは、2位のソン・ナン選手と2点足らずの差の勝利でした。PSCで引き離したことが大きいとはいえ、TESでほとんど差がつかなかったことも見逃せないなと思いました。羽入選手が転倒した3Aは、プロトコルを見ると「7.22-4.20=3.02」という得点になっています。これがもし、着氷と同時に転倒するようなかたちで回転不足を取られていたら、2Aの基礎点3.85(後半に跳んだので1.1倍)から、さらに2点ほど引かれていた可能性大なので、きわどいところでソン・ナン選手と順位が入れ替わっていたかもしれません。

(SPで3位になったあとの解説)
(今日の演技は少し残念だったが)すごいなと思ったのは、3-3を跳ぶつもりが3-2になったときの判断。第1ジャンプで着氷したときに、少しタイミングが違うなと感じてダブルにしたのだと思うが、ただダブルにするのではなく、両手を上げて跳んで、少しでも加点がもらえるようなジャンプにしたこと

これは試合のレポを書いたとき、コメント欄で春紅葉さんからうかがっていた内容でしたが、とっさの判断であそこまでのことができるんだ、ということを再確認しました。彼の3Lz+2Tは、加点をもらって「7.30+1.60=8.90」という得点でした。3Lz+3Tの基礎点が「6.0+4.0=10.0」ですから、下手に3-3を跳んで減点されるよりよかったかもしれないですよね(あくまでも可能性ですが)。回転不足を取られるような転倒をしないとか、悪いなりに最良の選択ができるというところが、羽生選手の強さなんでしょうねえ。

(フリーが終わり、優勝を決めたとき)
この2日間、ベストな演技ではなかったと思うのに、それでもこれだけの点数が出た。これだけ早くトップに立つと、今度は追いかけられる立場になるが、追われる立場になっても実力が出せるようになってほしい。その経験を積んでからシニアに上がってくれば、シニアでも活躍できると思う。

ほんとですねえ。全日本のフリーでは、追われる立場のプレッシャーも感じているように見えましたが、これからそういう経験もどんどん多くなっていくことでしょう。いいかたちで成長していってほしいですね。
あとは、同年代の(できれアジア以外の国の)ライバルができるといいですね。年齢的ニアは、今回ファイナルに出場していた選手より、すでにシニアに移行しているカザフのデニス・テン選手などが、ソチやその次の五輪まで競っていくライバルになりそうでしょうか。

もうすぐ全日本ですが、羽生選手、何位に入るでしょうね。メダルはさすがに無理にしても、少なくともフリーでは最終グループで滑りそうな気がします(兄ちゃんたちも頑張れ!)
[PR]
by noma-igarashi | 2009-12-20 18:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/11811847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春紅葉 at 2009-12-20 21:22 x
私はあいにく金曜のテレ朝チャンネルを録画していません。他の番組を録っていたので諦めたのですが、NOMA-IGAさんの記事を読んだら残念な気がしてきました。というのも共演こそしていないけど、この日の席がキスクラにわりと近くて、シニアの試合ではクレーンカメラで映されていたからです(男女各1回)。
もしかしたらジュニアの時も映っていたかもしれないかと思うと、それは確認したかったかも。って試合とは関係ないですが…(笑)。

羽生選手がジュニアで十分経験を積んでからシニアに、というのは世界ジュニア選手権の結果次第かなと私は思います。もし優勝してしまったら(って変な言い方だけど)シニアに上がるという気がするので。まあそんなに簡単にいかないでしょうが、表彰台に上がれるといいですね。少なくとも来季複数派遣を獲得できれば他の選手の励みにもなるだろうから、国内の同世代たちも奮起してほしいところです。

ますます関係ないけど、トマシュ、チェコの五輪枠2人で良かったよね。何とか復調してほしいんだけどなぁ。
Commented by NOMA-IGA at 2009-12-22 20:31 x
>春紅葉さん
こんにちは~。
いわゆる「自分探し」には興味ないですが、こういうときはついテレビ画面で自分を探しちゃいますね(笑)。ジュニア男子の個人的ヒットは、健人君が成功させた数少ないジャンプ(後半の3-2)の直後、思いっきり拍手している自分が映ったこと。ああいうときは、目立つ色のコートを着ていって正解ですね。

結弦君は、実況アナがさかんに「月曜日が15歳の誕生日」と言っていたから、来季はもう、シニアに上がろうと思ったら、何の問題もないわけですね。ジュニアとシニアを掛け持ちするのは、真央ちゃんが苦労していたという印象があるので、シニアに移るなら移る、ジュニアに残るなら残る、と決めるのがよさそうに思います。世界ジュニアの結果にもよるだろうし、もしかして、五輪後に引退するシニアの選手の顔ぶれにもよるかな? ぶっちゃけ、ダイスケ次第という面もあるかも…と思うと、ちょっとフクザツです。

チェコが2枠あってよかったというのは、激しく同感!
<< GPファイナルをTVで見て(ジ... 今年見たオペラの舞台ベスト3 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧