111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

完走報告(五十嵐きよみ)

完走しました。
今年の100首は、ある有名なフランスの小説を下敷きに(枠組みだけ借りたという感じです)、年齢の異なる3人の女性(10代、20代、40代)になったつもりで詠んでみました…が、日本語でフランス人のふりをするのは、だいぶ無理がありました。
まず「ポッキー」が出てくる歌で明らかにつまずき(フランスでポッキーが売られているのは見たことがありますが、「Mikado」という商品名でした)、その後も、随所で似たような事態に陥っています。それもご愛嬌ということで、お許しを。
苦労した歌もたくさんありましたが、楽しく詠めた歌もたくさんありました。
今年もありがとうございました。
[PR]
by noma-igarashi | 2009-11-19 08:09 | 題詠100参加作品 | Trackback(3) | Comments(3)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/11610746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 車止めピロー at 2009-11-20 01:12
タイトル : 五十嵐きよみさんのうた
五十嵐きよみさんの歌から8首。 099:戻 羅紗紙がやぶれた本を強引に箱に戻して終える少女期 083:憂鬱 憂鬱とつぶやいたあとの唇のかたちでいるから慰めにきて 074:肩 天使への昇級試験を待つような肩甲骨が浜辺にならぶ 069:隅 水入れを飽かず眺めた隅々に絵筆の青が行き渡るまで 053:妊娠 妊娠はあした見る夢 海からの風に翻弄されるパーカー 028:透明 透明にしておくという約束の父とのあいだに秘密がきざす 026:コンビニ 〒や卍はあるのにコンビニの記号が地図にまだないなんて...... more
Tracked from 麦太朗の題詠短歌 at 2009-11-20 21:54
タイトル : 五十嵐きよみさんの歌
題詠blog2009を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 五十嵐きよみさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 006:水玉 十代の少女とおなじ水玉のリボンと気づきそっとほどいた Elsa 012:達 ささやかな達成感で振り返るいま自転車で来た坂道を Cécile 051:言い訳 切り分けるすべがないのを言い訳にひとつの梨を交互に齧る Cécile 065:選挙 録画しておいた映...... more
Tracked from FANTASIA縲€ at 2010-01-05 20:25
タイトル : 五十嵐きよみさん  2009/2006/2005 /20..
2009プロヴァンス訛りで話す人たちの笑顔に会って夏がはじまるクロスワードパズルひとつで一日は長くなったり短くなったり選ぶならひだまりよりも水たまり裸足になって歩きたいのはささやかな達成感で振り返るいま自転車で来た坂道を世代間格差を嘆く恋人のくちびるに差し入れるポッキー抜かれてはまた追い越して海までを少年たちの自転車が行くやみくもにクリックしても開かない隠しファイルが心の隅に三角に折っては返しのど飴の包みを小さな鶴に変えゆく水入れを飽かず眺めた隅々に絵筆の青が行き渡るまでもう夏も終わりというのに砂浜を...... more
Commented by 野兎 at 2009-11-19 10:21 x
完走おめでとうございます!!!
すごいですね!楽しく読ませていただきました。
これでも一応院生のときは短歌(平安の恋歌あたり)
専攻だったんですが、歌ことすっかり忘れて,
フラちゃん追っかけ(汗)
ポッキー、イタリアでもMikadoでしたよ〜。
Commented by mimimi at 2009-11-19 12:05 x
そうか、それで名前が違ったのですね。
いやはや、どなたかと書いているのかとコメントしづらく、読んでいるだけでした。私は曽祖父がたしかほととぎすの撰者だったかとかで、小さいころから母も俳句を詠むので一緒に詠んでいたときがあります。最近はしなくなってしまって・・・。

詠むということって大切だなと最近感じます。
Commented by NOMA-IGA at 2009-11-21 00:32 x
>野兎さん、mimimiさん
こちらにもコメントありがとうございます。
なんと、野兎さんにはそんな過去が…! 恥ずかしながら、私、古典はまるでダメでして、尊敬してしまいます。

短歌は10年ほど前に始めて、最初の5年ほどはめちゃめちゃ熱中していたんですが(その時期はネットの活動も短歌が中心で、掲示板で歌会を開いたり、歌集の批評会に参加したり…)、ちょっと頑張りすぎて疲れが出てしまい、今はペースダウンしてのんびり楽しんでいます。

もともとフィクション的な歌を好むほうでして、この題詠100首の企画では、過去3年、オペラを材にした歌を詠んでいました。「ドン・ジョヴァンニ」「ばらの騎士」「ラ・ボエーム」ときて、今年はどうしようかなと迷った結果、目先を変えて小説をベースにしてみました。

それはそうと、ポッキーはイタリアでも「Mikado」なのですね! 初めて知りました。この分だと、ヨーロッパではどの国でも同じ名前? 今度、オーストリアとかドイツとかへ行く機会があったら、ぜひスーパーやコンビニで探してみたいです。
<< 今年も開催中 100:好(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧