111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

NHK杯生観戦レポ(男子シングル)

NHK杯 結果

今回のNHK杯、男子シングルはフリーだけの観戦となりました。前日のSPで、高橋大輔選手4位という結果を受けてのフリー観戦。表彰台に上がってほしい気持ちはありましたけれど、彼の上にいる3人の選手、下にひしめく若手たちの顔ぶれと演技内容を思うと、もしかしたら台落ちの可能性もあるかもしれない、そうなったときのために、あらかじめ心の準備をしておいたほうがいいかもしれない――などと、アイスダンスやペアの試合を見ながら考えていました。



たとえ表彰台を逃しても、とにかく「道」を初めて見られるわけだから、高橋選手の演技を存分に楽しもう。そんなふうに思いながら、男子の試合を迎えました。スポーツ観戦は、応援している選手やチームが負ける可能性と常に背中合わせなのに、たまにそれを忘れてしまうことがあり、気持ちの折り合いをつけるのに苦労してしまいます。なので、今回のように負ける可能性にまで気が回るときは、なるべく冷静に、残念な結果になることも想定して、心の準備をしておこうと思いました。

第1グループが終わるころまでは、そんな気持ちでいたのですが…。
やっぱり勝ってほしい。とまあ、第2グループの6分間練習が始まり、実際に高橋選手が滑るようすを見ていたら、いつの間にかそんなふうに思い始めていました。勝ってほしいというより、「いい演技をしてほしい」というほうが本当のところに近いかもしれません。ただ、高橋選手ぐらいのレベルの選手がいい演技をすれば、当然のように結果もついてくるわけだから、自然と勝利を期待しはじめていました。

実際、6分間練習の滑りはすごくよかったんです。ジュベールが4回転ジャンプを決めると、負けじときれいな4回転を跳んでみせたり、コンボの第2ジャンプで両手を上げるタノジャンプを披露したり。そのつど客席から歓声が沸き起こり、試合を待つ気分が高まっていきました。

そんなわけで、高橋選手の滑走順になったときは、技(特にジャンプ)の成否にいちばん注意が向いていました。勝つためには、とにかくジャンプのミスを1つでも少なく済ませることが必要ですから。それに加えて、その日の私の席(3階ショートサイド)からは、細かな動きや表情までは見えなかったので、どうしても大技にばかり目が向いてしまうという事情もありました。

その観点からいうと、演技を見ている4分半は、けっこうしんどいものがありました。最初に跳んだ4回転の着氷の乱れはいいとして、その後もシェーキーな着氷のジャンプが続くし、後半には2回も転倒するし…。見ているほうとしては緊張の連続で、今さら「道」の演技を楽しもうという心境にも戻れず。あ~あ、せっかく台落ちの可能性まで考慮していたのに、体勢が崩れて、結局は失敗しちゃった、という感じでした。

4位という結果がどうというより、途中でブレが生じた自分の気持ちの調整にしばらくは手間取っていたのですが、試合後、高橋選手の演技について少なからぬ人がポジティブな感想を口にするので、帰宅して録画を見てみたところ、「なるほど」とようやく納得。ジャンプのミスを別にすれば、悪くないじゃないですか。次につながる演技だと思いました。ぜひスケカナでは頑張ってほしい。

スケカナの順位は、何位でもいいといえば何位でもいいですが、ファイナルに出られないと、五輪までに経験しておける試合が1つ少なくなってしまうので、欲をいえば2位以上を確保してほしいかな。ファイナルに出られることになったら、今度こそは、「道」の演技を存分に楽しみますとも。

…というようなNHK杯観戦でした。思い返してみると、結局は高橋選手のことしか見ていなかったし、考えていなかったので、こんなレポになりました。
[PR]
by noma-igarashi | 2009-11-13 00:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/11569192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニルギリ at 2009-11-13 17:53 x
ファンの心理って複雑ですよね。
私の場合、ジュベールのこともあったので、また少し違うかもしれませんが。
ポジティブかどうかはわかりませんが、ダイスケはあれだけジャンプをミスしているのにもかかわらず、録画を何度もリピートしてしまう魅力を感じます。それは好きだからってのもありますが、プログラムの広い意味での表現と、もう一つスケーティングの魅力かなと思っています。

でも、やっぱり結果ですよね。なんだかんだ言っても。
結果を残せなかった原因はいろいろあるでしょうが、その一つに勝利への執着心は、他の選手に較べ足りなかったような気もします。
…えらく幸せそうなんですよね、演技中。
ダメダメな内容でもインタビューは強気で答えろと言わされてた感の2、3年前とか(笑)、涙目で笑顔を作り必至にインタビューに答えていた2008ワールドとかを考えると、今回の終了後は、悔しさより落ち着いた大人な雰囲気で、なんだその余裕はって(笑)

4回転は不調でも跳ぶつもりとか、カナダで守りにはいることはなさそうなのが、うれしいようで不安でもあり(苦笑)
と、とりとめないコメントで、いったい自分はここに何しに来たのだって感じですが(笑)
Commented by NOMA-IGA at 2009-11-14 00:17 x
>ニルギリさん
こんばんは。
このレポ、最後のほうは書き急いで、気持ちをうまく文章に置き換えられなかったんですが、男子の試合の直後はけっこうゴメンナサイなことも考えていました。なぜかここで、いきなり懺悔。たとえばですね、「これでは五輪で金メダルどころか、前回の8位より悪い成績になるかもしれない」とか、「過去の実績でPCSをもらって、それなりの点数になっているだけで、並みの選手になっちゃったのかなあ…」とか(すまん)。

そういう状態では、誰と話しても私よりはポジティブに感じられて、だいぶ気持ちが紛れたのですが、報道の仕方が思いのほか好意的だったことにも、ずいぶん救われました。「日本のエースが帰ってきたとか、あんなに復帰を盛り上げたのに、全然ダメだったじゃないか」みたいな報じ方は見当たらなかったし、安心材料をいくつも教えてくれる内容のものもあり、気持ちが晴れました。それがあったから、録画を見てみようという気になれたと思います。

それがなかったら、うーん、NHK杯はなかったことにして、スケカナまで冬眠状態を決め込んでいたかな? ちょっとずるいかもしれないけど、まあ大人の知恵ということで。
Commented by あーン at 2009-11-14 13:58 x
お久しぶりです。
N杯の直前でしょうか、関西だけの放送(関東は別枠で放送かもです)で短い特集がありました。私もN杯から帰ってから気がつきましたが、もう既に動画が上がってますので削除が入る前に見てみて下さい。
内容は本田コーチの話を交えていて中々良い内容でした。ジャンプ練習が始まってから半年も経ってない中で現状としては十分な内容だったのだと思います。
ただあれだけ6分練習でどのジャンプも完璧でクワドも綺麗に降りていただけに見ている側の落胆は当然です。
実際に私もやっぱりモロゾフさんの所に戻った方が良いのではとかぼやいてしまいました(笑)
その辺の温度差はきっと高橋選手サイドが一番良く把握しているのかも知れません。でも今出来る事をもう少し試合で出来ていれば表彰台に乗れたことも事実です。4位という結果は本人には最も悔しい順位だと思うのでよりモチベーションアップになれば良いと思っています。
Commented by NOMA-IGA at 2009-11-14 17:14 x
>あーンさん
こんにちは。ご無沙汰しています。
高橋選手、NHK杯は残念な結果になりましたが、五輪に合わせて調子を上げていってほしいですね。スケアメも波乱の展開になっているようなので(スケアメだったら表彰台に乗れたかもしれないのに~と、思ってしまいました)、ファイナル進出なるかどうかも気になります。五輪までに、1試合でも多く実戦を経験しておいてほしいので、出場できればいいのですが。
モロゾフコーチについては、最近の言動から、私はなんだか信頼できないものを感じるようになったので、彼のもとへ戻るという選択肢はちょっとどうかな、というのが本音だったりします。
ファンとしては、待っていた分だけ期待も大きくなりますけど、ケガをする前だって、シーズンを通してずーっと調子がよかったことはないんだし、少し肩の力を抜いてようすを見守るのがいいのかな、という心境になっています。
Commented by 美輪@brownycat at 2009-11-14 22:15 x
NOMA-IGAさんは大ちゃん一途ですね~。私はもう今大会は美男大会で、長男(大ちゃん)以外にダーリン(ジュベール)、次男(こづ)、ペット(白鳥ジョニー、カモメのアダム、ミハル、アルテム)と盛りだくさんで、目移りしちゃって困りました(爆)。一人の選手をとことん応援すると、どうしても選手の好調不調の波によって自分もアップダウンしちゃいますよね。じゃあ比較的波が小さい選手なら楽かというと、そうではないあたりがまた難しいという……。ファン心理って本当に複雑です。

今回の大ちゃん、結果としては台落ちということで本人も不本意でしょうし残念でしたが、あまり落ち込んでないのは、他の選手で気がまぎれたからではありません(笑)。やっぱり演技を見て「進化している」ということが確認できた、この先の試合は期待できる!という気持ちが強いんですよね。当然スケカナも全日本も、そう簡単には優勝できないかもしれないけど、一歩ずつ前に進んでいる大ちゃんを、これからもしっかり見て応援して行きたいと思っています。
Commented by NOMA-IGA at 2009-11-14 23:53 x
先に、美輪さんにレスしちゃいます。こんばんは~。
この記事、やっぱりちょっとネガティブだったかな? いろんな方にお気遣いいただいて、面目ない。でも、感謝です。どうもありがとうございます。
NHK杯のイケメン選手たち、もちろん私も楽しみにしてたんですよ。ダイスケの順位がせめてあともう1つ上だったら、余裕で美少年たちを堪能できたのにな~。というか、やっぱり3階席というのがネックでした。顔、見えないんだもん! 2日目は激戦だったので、チケットが取れただけでも感謝しなくちゃいけないだけど、こじんまりした会場とはいえ、やはり3階席は3階席でした。演技は見えても、顔まではわからなかった。

でも、翌日のオフィシャルホテルでは、抜かりなくアダム君とツーショットで写真を撮ってもらいました。アダム君、いい子でしたねえ。あんな息子が家にいたらなあ(いったい誰と結婚を?)。
Commented by 春紅葉 at 2009-11-15 10:25 x
NOMA-IGAさんの旦那様はジョルジュさんですから、アダムくんでもOKですよ。
冗談はさておき、私がそれほど落ち込まずに済んだのは翌日クッツさんの指令(笑)を実行したおかげで、個人的に幸せに浸れたからです、きっと。
それに実際、彼が結構穏やかな気持ちでいると感じられたんですよね。だから大丈夫なんだろうな、って思えたんです。
あとは子供の頃からミーハーで嬉しいもガッカリもたくさん経験しているから、気持ちを立て直すすべを知らず知らずのうちに会得しているのかもしれません。
いずれにせよ好きなんだからどんな結果になろうと受け止める覚悟だけはして、でも彼を信じて応援するだけです。
Commented by NOMA-IGA at 2009-11-16 00:12 x
>春紅葉さん
>NOMA-IGAさんの旦那様はジョルジュさんですから、アダムくんでもOKですよ。

それだったらアモーディオ君でもいいな、と、さっきスケアメ男子フリーの放送を見ていて思いました。「アメリ」の振り付けがかわいかった~。フランス語なら、同じ家で暮らしていても、多少は意思の疎通がはかれるでしょう(どういう親子だ?)。

それにしても、今シーズンの男子は波乱の展開ですねえ。1試合よくても、全然安心していられない感じ。ダイスケのファイナル出場のことを考えると、実際、それで助かっている部分もありますが、こんな試合の連続では、どの選手のファンであっても安心していられなかったなと思うことで、いくらかホッとできたりもして(すまん)。もちろん、ここまで安定して結果を出している選手もいますけど、五輪シーズンは浮き沈みを経験しておいたほうが、本番で活きるようにも思えるし。自分本位に考えすぎ? まあ、ずっと落ち込んでいるよりは、精神衛生上よかろう、ということで。
<< アメリカ大会、勝手に順位予想 NHK杯生観戦レポ(アイスダンス) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧