111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

GPSフランス大会の感想など

GPSフランス大会 結果

GPS初戦のフランス大会については、事前に順位予想もしなかったし、あまり話題にしなかったのですが(過剰反応する人がどこからともなく湧いてきそうで、何だかおっかなくて…)、いつものようにリザルトを追っかけもしたし、TV観戦もちゃんとしておりました。その結果、ちょっと物思うところがあったので、それについて書いてみることにします。



新採点になって二度目の五輪シーズンを迎えましたが、今回のフランス大会を見て、私たちはまだまだ新採点に翻弄されているなあ…と感じました。たとえば女子。1位がキム・ヨナ選手、2位が浅田真央選手という結果は、浅田選手のミスの数を考えれば、おそらくほとんどの人が納得できるのではないかと思います。ただ、演技の評価が点数になって現れると、その点差に愕然とするばかり。ある新聞は浅田選手が「大敗」と書いていたし、ファンの中にも、そのような受け止め方をした人が多かったのではないでしょうか。でも、順位で考えれば、別に「大敗」ではないですよね。1位と10位とかいうならともかく、1位と2位なんだから。旧採点なら、「大敗」という表現はありえなかったと思います。

男子の試合でも(私にとっては)似たようなことがありました。織田信成選手が素晴らしい演技をしたあと、見惚れてしまうような4-3を決めたトマシュ・ヴェルネル選手。織田選手がつくりあげた空気を、たちまちにして塗り替えてしまいました。ただ、後半にジャンプのミスが出たり、スピンでレベルを取れなかったりして、点数を稼げませんでした。それでも、もしあらかじめ結果を知っていなければ、「どっちが勝つか微妙だな」と感じたと思います。僅差でヴェルネル選手が逃げ切るか、僅差で織田選手が逆転するか。SPの差も加味すれば、見た目の印象としては、2人の差はごくわずかに思えました。ところが、いざ点数が出てみると、合計10点以上の差で織田選手が逆転。これも、順位だけを見れば「それもありえるな」と納得できるのに、点数を見ると、「そこまでの差があったの?」と腑に落ちない気持ちになりました。

僅差で負けるのも悔しいけれど、大差で負けるのも悔しい。おまけに、こんなにも点差がついたら、次に試合をしても、とてもこの差を埋められないのではないかと悲観的な気持ちになったり…。新採点になってから、ファンは順位だけでなく点差まで気にかけ、点数に振り回されがちになったような気がします。

とはいえ、新採点そのものに対しては、私はそう否定的な立場ではありません。個人的には、新採点になったことで、技に対する理解が飛躍的に深まりました。それまではただ漫然と観戦しているだけだったものが、ジャンプの種類によって得点が違うとなると、見分けようと努力したり、高得点になる理由(どのように難しいのか)を知ろうとしたり、そんなことを続けるうちに、ずいぶん知識が増えました。知識が増えることで、観戦する楽しみも大きくなったと思います。

しかしながら、点数を計算できるがゆえに、点数に振り回されてしまうところもあるわけで、新採点とどのように折り合いをつけるか、自分なりに考えておいたほうがよさそうに思いました。今回のフランス大会を見た結果、私としては「順位に納得できたら、点差にはあまりこだわらないようにしよう」というふうに考えました。フランス大会で2位になった選手についていえば、私はどちらの選手も好きなので、ここはポジティブにとらえることにします。2位は決して悲観するような順位ではないし、ミスや取りこぼしがあって点数が伸びなかったということは、ノーミスで滑れば、もっと点数が出る可能性があるわけです。TESはもちろん、PCSも伸びるだろうし、1つ1つの技にGOEがつくことも想定すれば(話題にしている2選手に限らず)、かなり点数が上積みされる可能性が高いです。浅田選手のプログラムもヴェルネル選手のプログラムも、魅力的で素晴らしいものだと思ったので、これからどんどん完成度を高めていってほしいです。特に浅田選手のプログラムは、JOで見たときは不安だらけだったのに、今回は大きく印象が変わりました。これを完璧に滑れば、本当に重厚で素晴らしいものになりそうです。高い目標に向かって努力するのは、浅田選手に向いていると思うので、ぜひ頑張ってほしいですね。
[PR]
by noma-igarashi | 2009-10-21 00:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/11407777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by morningdew21 at 2009-10-21 14:09
今回このエントリーで書かれたことは、このエントリーに登場していない選手も含め、今後の演技に関する心構えとして記したのかなという印象を持ちましたが、いずれにしても各選手が、各選手らしい演技を喜びを持って行なってもらえば、それに越したことは無い、と思っています。

浅田さんのエリックボンパール杯での演技および成績について、優勝者と得点で大差がついたという以上に、多くの人に胸がつかえるような思いをさせているのは、以下のコラムで田村明子女史が論破したようなまさにその点にあるわけで、私も田村さんとほぼ同様の印象を現時点では持っています。

http://number.bunshun.jp/other/figure/column/view/4237/page:1

一方で、今回の「浅田さんSP変更か?」という各種報道は、読み比べてみると、タラソワさんと真央さんが話し合ってこうしようという話に現時点で既になっている、というわけではなく、現在の状況にしびれを切らした真央さんエージェントが先走って各メディアにパブリシティを行ない、実質的に既成事実として退路を閉ざすという、アルトゥニアン氏を切ったときと似た状況に感じられ、私はこのことにも大きな問題があると思います。
Commented by NOMA-IGA at 2009-10-21 23:47 x
>morningdew21さん
こんばんは、コメントありがとうございます。
フィギュアに限らず、特定のチームや選手を応援しながらスポーツを見ていると、うれしいことも多い半面、つらくなることも少なくありません。今回の記事は、そういうときにどうやって気持ちの折り合いをつけるか、自分なりに整理しておこうと思って書いたものです。

浅田選手の今の状況が、田村明子さんの書かれているようなものなのかどうかは私にはわかりませんが(JOのときはつらそうに見えて心配になりましたが、今回は特にそのようには感じませんでした)、田村さんは取材を通して浅田選手を近くで見ていらっしゃるのでしょうから、そうなのかもしれませんね。

また、エージェント云々いう話に私は疎いので、今ひとつピンとこないのですが、浅田選手に限らず、選手自身にとっていい選択をしてほしいなと思います。
<< GPSロシア大会、勝手に順位予... ジュニアのファイナル出場者 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧